JSOL、Microsoft Azureを活用した先進的なハイブリッド クラウド ソリューションにNetApp Private Storageを採用

NetApp Private Storageにより、オンプレミスとパブリッククラウド間を連携させたハイブリッド クラウド環境でのシームレスなデータ交換やユーザーのデータ管理ポリシーに合わせた運用を実現

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は、株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 充孝、以下JSOL)が、同社が業界で先駆けて提供するハイブリッド クラウド ソリューション「J-Hive」のデータ基盤にネットアップのNetApp Private Storageを採用したと発表しました。

JSOLでは、J-Hiveの最初のユーザーとして選ばれた自社の社内開発環境とMicrosoft Azureのパブリック クラウドを連携させたハイブリッドクラウド環境の境界に共通データ基盤としてNetApp Private Storageを採用し、オンプレミスとパブリック クラウド間のシームレスなデータ交換を実現したほか、ネットアップのデータ管理ソフトウェアを活用してハイブリッド クラウド環境でのストレージ運用を効率化しています。

JSOLは、日本総合研究所およびNTTデータのグループ企業として、顧客の課題解決や価値創出に向けて最先端のソリューションを提案しているICTサービスコーディネーターです。同社は、製造、流通、金融などの幅広い分野で、コンサルティング、システム構築、アウトソーシングなどの一貫したサービス体制による数多くの実績と信頼を積み重ねてきました。

JSOLでは、これまでもオープン系システム、サーバ仮想化基盤、プライベートクラウドなど、時代に沿った多岐にわたる先端ソリューションを提供してきましたが、近年では、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどのハイパースケーラ型のパブリック クラウドが急成長するのに合わせ、顧客からそれらのパブリック クラウドを取り入れたソリューションが求められるようになっていました。そこでJSOLでは、オンプレミスから安全かつ高速にパブリック クラウドへと接続できるハイブリッド クラウド ソリューションの提供を決定しました。JSOLが業界で先駆けて提供するハイブリッド クラウド ソリューションに求めたストレージ要件は以下の通りです。

  • 急成長するAWSやMicrosoft Azureなどのハイパースケーラ型のパブリック クラウドを効果的に取り入れたハイブリッド クラウド ソリューションを支えるデータ基盤としてのストレージ
  • データ管理手法が異なるプライベート/パブリックの両クラウド環境間で統合的なデータ運用が可能なストレージ基盤
  • ハイブリッド クラウド環境でも安全かつ効率的にデータ交換が可能なストレージ

JSOLでは、新しいハイブリッド クラウド ソリューション「J-Hive」の提供にあたって、通信速度や信頼性、安全性などの点から、パブリック クラウドへの接続には、エクイニクス社のデータセンターにつながる高速専用線からCloud Exchangeを介してパブリック クラウドへ接続する方法を選択しました。また、オンプレミスとパブリック クラウド間のデータ交換を担う共通データ基盤には、ハイブリッド環境での優れたパフォーマンス、従来からの社内環境での導入・運用実績、そしてネットアップが提唱する次世代のデータ管理ビジョン “データファブリック”の先進性などを考慮し、NetApp Private Storageを採用しています。NetApp Private Storageの導入によるメリットは以下の通りです。

  • エクイニクス社のコロケーション施設に設置されたNetApp Private Storageにより、オンプレミスとパブリック クラウド間のシームレスなデータ交換を実現
  • オンプレミスのNetApp FASとパブリック クラウドとの境界に配置されたNetApp Private Storageを接続することで、統合的に運用可能なデータ基盤を構築できるため、企業ごとのポリシーに適したデータ管理が可能
  • ネットアップの実績あるストレージ ソリューションを活用し、J-Hiveを迅速にサービス化できたことで、業界に先駆けて顧客に提供できるメリットを実現

JSOLは、J-Hiveの最初のユーザーとして、社員と社外のパートナーをあわせて1,000人以上が利用する自社の社内開発環境を選択しています。そして、この社内環境では、オンプレミス/プライベート クラウド向けの専用環境であるJ-Hive Service Spaceで稼働するサーバ仮想化基盤と、パブリック クラウドとしてMicrosoft Azureを高度に連携させています。このJ-Hive Service Spaceには、clustered Data ONTAP®を搭載したアクティブ・アクティブ構成のNetApp FAS8020A(2ノード構成)を導入し、オンプレミスとパブリック クラウド間の共通データ基盤としての役割に加え、オンプレミス環境で稼働する開発サーバ群のVMイメージを格納するストレージ領域としての役割も担っています。さらに、Flash Pool™によるパフォーマンスの強化やデータ重複排除機能であるNetApp Deduplicationによるデータ効率の大幅な向上も実現しているほか、ネットアップの提供するSnapshot®やSnapMirror®などの実績あるデータ保護機能を活用しています。加えて、これら機能をネットアップのストレージ管理ソフトウェアであるNetApp OnCommand®で管理することで、一元的な管理とストレージの運用管理と性能監視の効率化を実現しています。

JSOLでは、社内開発環境での実績をベースに、2016年7月から一般の顧客向けにもネットアップのデータ管理ソリューションを基盤としたJ-Hiveの提供を開始しています。

jp-pr-20161011.png

本事例の詳細については、以下のWebサイトをご参照ください。
www.netapp.com/jp/media/cs-jsol.pdf

ネットアップ株式会社について
世界中の組織が、データを管理、保存するソリューションとして、ネットアップのソフトウェア、システム、サービスに信頼を寄せています。顧客は自社の現在、そして将来の成功のために、ネットアップのチームワーク、専門性、情熱を評価しています。ネットアップ株式会社は米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jp をご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: 篠木 隆一郎
TEL: 03-6870-7300
FAX: 03-6870-7301
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴ、Data ONTAP、Flash Pool、Snapshot、SnapMirror、OnCommandは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。