ネットアップ、ストレージOSの最新版となるNetApp® ONTAP® 9を発表

最新のONTAP® 9により、ハイブリッド クラウドや次世代データセンターへの移行を簡素化;従来の実績あるテクノロジーと最新機能のそれぞれのメリットを統合したデータ管理ソフトウェアにより、顧客が次世代のData Fabricアーキテクチャーを構築するための基盤を提供

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、同社が提供するストレージOSの最新版となるNetApp® ONTAP® 9を発表しました。ONTAP 9は、ネットアップの企業向けデータ管理ソフトウェアのメジャーアップデートとなるもので、新次元のシンプルさと優れた柔軟性に加え、性能とデータ効率性を向上する機能を備えています。企業はONTAP 9を利用することで、実績あるテクノロジーと最新のテクノロジーのそれぞれのメリットを活用して、ネットアップが提唱するData Fabricをオンプレミスやクラウドの全体にわたって構築するために、フラッシュ、クラウド、software-defined環境のそれぞれのアーキテクチャーを統合することができます。

フラッシュやクラウドの導入にあたって課題を抱えている顧客は、より少ないIT担当者でONTAP 9を導入できます。ONTAP 9はフラッシュ関連コストを削減できる現実の経済的なメリット、コスト効率に優れたソフトウェア利用モデルの活用、HDD/フラッシュ/クラウドのリソース全体でのデータ管理の標準化が可能になります。そして顧客やパートナーは、ONTAP 9のメリットをビジネス上の価値へと転換することができます。

フラッシュへの最適化
ONTAP 9は、パフォーマンスの強化とキャパシティのさらなる活用により、フラッシュ用に最適化されています。今回のONTAP 9の発表により、ネットアップは15テラバイト(TB)のソリッド ステート ドライブ(SSD)を提供できる最初のオールフラッシュ アレイ ベンダーとなりました。この15TBという容量は、現在市場で提供されている最大容量のHDDと比較して50%の容量拡大となります。

また、ONTAP 9に搭載された最新のインラインのデータコンパクションにより、従来のデータ圧縮/データ重複排除の機能と併用して、さらなるデータ容量の削減とフラッシュに関するコストの低減が可能になります。またこの機能によりデータ効率性がさらに向上するため、ネットアップの提供するオールフラッシュ ストレージ システムは、従来のHDDベースのストレージ システムと比較してコスト効率を大幅に向上しています。

フラッシュ/HDD/クラウドの導入にシンプルさ、柔軟性、安全性を提供
ONTAP 9のユーザー向けに、自社のニーズに合わせた3つの導入オプションを用意しています。この導入オプションは、企業での通常用途としてオンプレミスで利用できるONTAP 9ライセンス、Amazon Web Services(AWS)などのクラウド上に導入して信頼性の高いデータ管理を実現するONTAP Cloud(旧称:NetApp Cloud ONTAP®)、そして新たにsoftware-defined storage(SDS)によるデータ管理ソリューションとして提供されるONTAP Selectソフトウェアで構成されます。

ONTAP 9のメリットは以下の通りです。

  • シンプルさ:ONTAP 9は簡単にセットアップ・管理できるため、ミッションクリティカルなワークロードのデータ向けにわずか10分で導入し、利用を開始することができます。また、強化されたシステム監視機能により、顧客は自社のIT環境全体のパフォーマンス、キャパシティ、データ保護の状況を一元的に管理できます。
  • 柔軟性:ONTAP 9は、ワークロード統合に向けた理想的なプラットフォームとなるソフトウェアです。ONTAP 9は、software-defined storageとして、汎用サーバーだけでなく、OEMを含むネットアップ製品、FlexPod®などの統合インフラ、他社製ストレージ、ニアクラウドに配置されたNetApp Private Storage、そしてクラウド上のデータ向けに共通のデータ サービスを提供します。
  • 安全性:ONTAP 9では、新たに搭載されたトリプルパリティのRAIDによる保護や強化されたストレージ暗号化、そしてコンプライアンス関連機能により、ドライブの障害に対する安全性を最大100倍強化することができるため、厳しいデータ保持ポリシーにも対応できます。

ONTAP 9の仕様などの詳細は下記URLをご参照ください。
www.netapp.com/jp/products/platform-os/ontap/index.aspx

提供開始時期と価格について
NetApp ONTAP 9は、オンプレミスに導入するONTAP 9ライセンス、AWSなどのパブリック クラウド上に導入するONTAP Cloud、software-defined storageのソフトウェアとして導入するONTAP Selectの3つの提供形態を通じて、6月末より日本での提供を開始します。価格などの詳細はネットアップの正規販売代理店やシステムインテグレーターまでお問い合わせください。

ネットアップ株式会社について
世界中の組織が、データを管理、保存するソリューションとして、ネットアップのソフトウェア、システム、サービスに信頼を寄せています。顧客は自社の現在、そして将来の成功のために、ネットアップのチームワーク、専門性、情熱を評価しています。ネットアップ株式会社は米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jp をご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: ダニエル・ハンソン
TEL: 03-6870-7300
FAX: 03-6870-7301
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com