ネットアップ、NetApp SolidFireの新しいオールフラッシュ ストレージ製品と最新版ストレージOSを発表

SFシリーズ製品で最も高密度なオールフラッシュ ストレージ「SF19210」により、これまでのオールフラッシュ ストレージと比較して2倍のパフォーマンスと容量を実現;第9世代となる最新のストレージOSにより、サービス デリバリ インフラへの移行を簡素化;VVolとの統合により、仮想マシンごとのパフォーマンスを業界最高水準の細かさで管理可能

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、NetApp SolidFire SFシリーズ製品ラインに新たに追加されるオールフラッシュ ストレージ「SF19210」と、SFシリーズに搭載されるストレージOSであるNetApp SolidFire Elementの最新バージョン「NetApp SolidFire Element OS 9(Fluorine)」を発表しました。

最新製品となるSolidFire SF19210は、SFシリーズ製品で最も高密度で、従来のSF製品と比較して2倍のパフォーマンスと容量を備えているため、オールフラッシュ ストレージに要するコストを削減できるとともに、最も低いギガバイト(GB)/IOPSあたりのコストを実現しています。実効容量40~80テラバイト(TB)、最大100,000 IOPS、1/1000秒(1ミリ秒)以下のレイテンシを備えたSF19210は、高密度な仮想化環境、データベース、そしてパフォーマンス保証、容量のスケールアウト、より高密度なインフラが求められるパブリック/プライベート クラウド インフラに最適なオールフラッシュ ストレージです。また、SF19210は、QoS保証、高度なスケールアウト型アーキテクチャー、インラインのデータ削減、完全なシステム自動化、VMwareやOpenStackなどの環境との統合など、従来から提供されているすべてのソリッドファイアーの機能を活用できます。

ソリッドファイアー製品のプラットフォーム世代間の互換性保証により、ハードウェアの互換性が確保されるため、顧客はソリッドファイアーの特定世代のストレージ製品にロックインされることなく、自社のシステムを拡張するために最新のフラッシュ技術を備えた新しい世代のSFシリーズ製品をスムーズに自社システムに追加・統合できます。これにより、従来の多くの企業向けストレージ システムに必要とされていた、ハードウェアの入れ替え、ストレージ システムの移行、ハードウェアとソフトウェアを含むシステムの全面アップグレード(フォークリフト アップグレード)が不要になり、自社インフラへのこれまでの投資を存分に活用できます。

【SF19210の仕様】

ドライブ 10 x 1.92TB
システム メモリー/リード キャッシュ 384 GB RAM
物理容量(ノードあたり) 19.2 TB
実効容量(ノードあたり)* 40~80 TB
パフォーマンス(ノードあたり) 100,000 IOPS
ネットワーク データ: 2 x 10GbE iSCSI SFP+
管理: 2 x 1GbE RJ45
平均消費電力(W) 300~450(IO負荷による)
その他 AES-256の暗号化に対応

* ソリッドファイアーの実効容量計算は、Helixデータプロテクションと圧縮、重複排除とシンプロビジョニングを含んだシステムオーバーヘッドと効率性を計ったものです。アプリケーションワークロードにより、物理容量の5倍から10倍の実効容量レンジを使用しています

【SF19210の画像】

jp-pr-20160606.jpg

これまでの8世代にわたる実績をベースに新たに提供されるNetApp SolidFireの最新のストレージOSであるElement OS 9は、複数かつ混在するワークロードを俊敏かつ安全で自動化されたインフラ上に統合するために、これまでと同様に業界で最も包括的な企業向けの機能群を提供します。最新のElement OS 9では、新たにVMware Virtual Volumes(VVols)との統合、ファイバーチャネル(FC)接続の拡張性の向上、マルチテナント ネットワーク機能の強化など、柔軟性を大幅に向上するとともに、ソリッドファイアーのスケールアウト型オールフラッシュ ストレージの利用範囲をさらに拡大しています。

新たにElement OS 9に搭載された主な機能は以下の通りです。

  • VVolsとの統合:VMwareが提供するVVolsとソリッドファイアーのQoS機能を統合することで、顧客は仮想マシン(VM)ごとのストレージ パフォーマンスを業界最高水準の細かさで制御できます。この機能により、IOPSの上限/下限やバースト時など細かく設定できるため、パフォーマンスの影響を最も注意しなければいけない仮想マシンでも正確な容量やパフォーマンス保証を提供することができます。そして、データの移行やパフォーマンスに影響を与えることなく、瞬時に容量とパフォーマンスを変更できます。
  • ファイバーチャネル接続の拡張性を向上:Element OS 9では、ソリッドファイアーのクラスタ内のファイバーチャネル接続ノードとの接続数を2倍向上し、最大で4ノードまで接続できるようになりました。これにより、ユーザーは最大40ノードまでスケールアウトすることができます。また、ファイバーチャネル接続ノードあたりのIOPSを従来の300,000 IOPSから500,000 IOPSまで向上し、4ノードのファイバーチャネル クラスタで最大2,000,000 IOPSのパフォーマンスを発揮します。
  • 強化されたVLAN機能:Element OS 9の新機能により、デフォルト ネットワークのタグ付けができるようになったほか、顧客は別々のルーティング テーブルを通じてVLAN上で重複するIPアドレスを利用できるため、限られたIPアドレスを有効に利用できるなど、マルチテナントのネットワーク上でのさらなる柔軟性の向上を実現しています。
  • 新しいユーザーインターフェース:新たに開発した新しいユーザーインターフェースでは、単一のダッシュボード上にストレージ システムのデータを集約できるため、ユーザーの時間とリソースを節約できます。

ソリッドファイアーのSFシリーズは、真のシェアード ナッシング アーキテクチャーを提供している唯一のストレージです。このアーキテクチャーにより、顧客は無停止でElement OS 9へとアップグレードできます。ソリッドファイアーは、2012年11月にスケールアウト型オールフラッシュ ストレージの一般提供を開始して以来、100%停止しないストレージOSとハードウェアのアップグレードの提供を通じて、シェアード ナッシング アーキテクチャーのメリットを実証してきました。

SF19210の仕様などの詳細は下記URLをご参照ください。(英語)
www.solidfire.com/platform

Element OS 9(Fluorine)の仕様などの詳細は下記URLをご参照ください。(英語)
www.solidfire.com/platform/element-os

提供開始時期と価格について
NetApp SolidFire SF19210は本日よりソリッドファイアーならびに日本国内のソリッドファイアーのパートナーを通じて提供を開始します。NetApp SolidFire Element OS 9は2016年第3四半期(7~9月)中に出荷開始予定です。価格などの詳細はソリッドファイアーならびに日本国内のソリッドファイアーのパートナーまでお問い合わせください。

NetApp SolidFireについて
NetApp SolidFireは、次世代データセンター向けに構築されたオールフラッシュ型ストレージのマーケットリーダーです。サービス品質(QoS)コントロール機能を備えたNetApp SolidFireのオールフラッシュアーキテクチャを導入することで、1つの共有基盤において数千のアプリケーションに対するストレージパフォーマンスが保証されます。この機能をインラインのデータ削減技術およびシステム全体の自動化機能と組み合わせることで、従来のディスクベースやベーシックなオールフラッシュ型のストレージシステムと比べて、資産コストと運用コストを大幅に削減することができます。
詳細は、www.netapp.com/jp/products/storage-systems/solidfire/index.aspx をご覧ください。

ネットアップ株式会社について
世界中の組織が、データを管理、保存するソリューションとして、ネットアップのソフトウェア、システム、サービスに信頼を寄せています。顧客は自社の現在、そして将来の成功のために、ネットアップのチームワーク、専門性、情熱を評価しています。ネットアップ株式会社は米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jp をご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: 伏見 知子
TEL: 03-6870-7300
FAX: 03-6870-7301
E-Mail: ng-SF-info-Japan@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com