ネットアップ、NIAS(NEC Information Assessment System)とNetApp AltaVault™を組み合わせたクラウド アーカイブ ソリューションの提供を開始

NECのファイルサーバ統合管理ソフトウェアとネットアップのクラウド統合ストレージの連携により、大容量のファイルデータを安全かつ安価にクラウド上に保存できるため、コストの最適化とデータ保護の強化を実現

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、日本電気株式会社(本社:東京都港区、執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下NEC)が提供するファイルサーバ統合管理ソフトウェア「NIAS(NEC Information Assessment System)」と、ネットアップの提供するクラウド統合ストレージ「NetApp AltaVault™」を組み合わせたクラウド アーカイブ ソリューションの提供を開始したと発表しました。この両社の製品を組み合わせた新ソリューションにより、組織がオンプレミスで保管している非活性なデータを、ポリシー設定による自動化を通じて安全かつ安価にパブリッククラウド上で保管できるため、データ保管コストの最適化とデータ保護の強化を実現できます。

組織の保有するデータ量は日々増加し続けており、ますます大規模化するデータセットの保管に必要なシステム関連コストやそれらデータを管理するための運用負荷の増大に加え、重要なデータに対するセキュリティの確保などが大きな課題となっています。

今回発表されたクラウド アーカイブ ソリューションは、業界をリードするネットアップのクラウド統合型ストレージとNECのファイルサーバ統合管理ソフトウェアを組み合わせることで、組織がオンプレミスで保管している利用頻度の低い非活性なデータなどを、事前に策定したポリシーに基づく自動アーカイブ化を通じて、安価なパブリック クラウド上に保管できるようになるため、データ保管コストを最適化できます。また、NetApp AltaVaultのインラインの重複排除と圧縮の機能により、パブリック クラウド上に送るデータ量を抑えることができるため、さらなるコスト削減が可能になると同時に、データ暗号化機能を通じてパブリック クラウド上に安全にデータを転送・保管できます。クラウド アーカイブ ソリューションの主な特長は以下の通りです。

  • オンプレミスに保管しているデータの利用状況の可視化:NIASの容量増加シミュレーションにより容量不足日を予測できるとともに、長期未参照、データの重複、巨大ファイルなど、データ量の肥大化要因を簡単に把握可能
  • ポリシー設定によるデータの自動整理:長期にわたって更新やアクセスの無いデータなどを、NIASで事前に設定したポリシーに基づいて、該当データを削除したり、自動でパブリック クラウド上のアーカイブ領域に移行可能
  • データの重複排除や圧縮による関連コストの削減:NetApp AltaVaultによるインラインの重複排除と圧縮によりデータ容量を最大1/30に圧縮できるため、パブリック クラウド上でのデータ保管コストを抑えられるほか、パブリック クラウドへのデータ転送時間を最大75%短縮
  • データの暗号化によりパブリック クラウドに安全にデータを保管:NetApp AltaVaultが備えるFIPS 140-2レベル1準拠のAES256ビット暗号化機能により、保存中または移動中のデータにエンドツーエンドのセキュリティを提供

【クラウド アーカイブ ソリューションのシステム構成】

  • オブジェクトストレージ(パブリック クラウド):
    Amazon Web Services (AWS)やMicrosoft Azure などNetApp AltaVaultが対応するパブリック クラウド サービス
    (AltaVaultにより転送されたデータを格納)
  • ファイルサーバ管理ソフトウェア:
    NEC Information Assessment System (NIAS)
    (ファイルサーバ利用状況の可視化、アーカイブ対象をポリシーに基づき自動でパブリック クラウドに移動)
  • クラウドゲートウェイ:
    NetApp AltaVault(ソフトウェア アプライアンス)
    (NIASにより抽出されたアーカイブ対象ファイルを圧縮/重複排除かつ暗号化しクラウドへ転送
  • ゲートウェイサーバ:
    NEC Express 5800
    (NetApp AltaVaultおよびNIASが動作するサーバ)

【クラウド アーカイブ ソリューションの利用イメージ】

jp-pr-20160531.jpg© NEC Corporation 2016

NetApp AltaVaultは、プライベート/パブリック/ハイブリッドを問わない、あらゆるクラウド環境でのデータ バックアップを実現し、自社内でバックアップ環境を構築する場合と比較して大幅にコストを削減できるクラウド統合型ストレージ ソリューションです。インラインの重複排除と圧縮の機能により、最大1/30のデータ重複排除率を達成できるため、クラウド上に保存するデータ量の削減を通じたコストの最適化と、クラウド上へのデータ移行のさらなる高速化を実現できます。また、物理アプライアンス、仮想アプライアンスに加え、AWSやMicrosoft Azureなどのパブリック クラウド上で利用できるアプライアンスとしても提供されるため、利用者に高い拡張性とユーザーごとのニーズに合わせた柔軟な選択肢を提供します。NetApp AltaVaultの詳細は下記URLもご参照ください。
www.netapp.com/jp/products/protection-software/altavault/

NIASは、肥大化するファイルサーバのシステムコストや情報漏洩リスクの増大を防ぐことで、ファイルサーバの運用の適正化を実現するソフトウェアです。最新のV3.2では、従来から備えているファイルサーバの容量増大に対する整理機能に加えて、アクセス権の設定状況を可視化し、組織の運用規約に違反する設定状況の検出と修正が可能になりました。これによりアクセス権設定の不備による情報漏えいを未然に防ぎ、セキュリティ対策を強化できます。NIASの詳細は下記URLもご参照ください。
http://jpn.nec.com/nias/index.html

提供開始時期と価格について
ネットアップとNECのクラウド アーカイブ ソリューションは本日より、ネットアップの正規販売代理店やシステムインテグレーター、ならびにNECから提供を開始します。価格などの詳細はネットアップの正規販売代理店やシステムインテグレーター、ならびにNECまでお問い合わせください。

クラウド アーカイブ ソリューションの提供開始について、NECより以下のコメントをいただいています。

「日本電気株式会社は、ネットアップ株式会社の『NetApp AltaVault』クラウド活用ソリューション発表を歓迎いたします。当社が提供するファイルサーバ統合管理ソフトウェア『NIAS (NEC Information Assessment System)』と『NetApp AltaVault』の組み合わせ導入により、クラウドの安価なオブジェクトストレージへ利用頻度の低いデータを自動的に移行して情報配置の最適化を図ります。これにより、お客様のクラウド活用ニーズに対応できるファイルサーバアーカイブソリューションを提供可能になることを期待しております。」
日本電気株式会社 クラウドプラットフォーム事業部長 岸上 信彦 様

ネットアップ株式会社について
世界中の組織が、データを管理、保存するソリューションとして、ネットアップのソフトウェア、システム、サービスに信頼を寄せています。顧客は自社の現在、そして将来の成功のために、ネットアップのチームワーク、専門性、情熱を評価しています。ネットアップ株式会社は米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jp をご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: ダニエル・ハンソン
TEL: 03-6870-7300
FAX: 03-6870-7301
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com