ネットアップ、OpenStackの共有ファイルサービス Manilaの本番環境対応を発表

OpenStack Manilaの本番環境対応により、さらなる経済性と柔軟性の実現に向けて幅広いOpenStackワークロードを展開可能に

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、同社が創設者となっている共有ファイルサービスのオープンソース プロジェクト「OpenStack® Manila」が、企業での本番環境に対応したと発表しました。

このManilaにより、企業はビジネスクリティカル アプリケーションやコンテンツ管理アプリケーションにも対応可能なクラウド データセンターを簡単に構築、強化できるようになります。また、Manilaによりデータをクラウド間で自由に移動できるため、顧客はクラウドのマルチテナント環境でストレージやテストなどの用途に共有ファイルサービスを利用できるようになるほか、ビッグデータのような大規模かつ高いパフォーマンスが求められるワークロードでも共有ファイルサービスを利用できます。

Manilaプロジェクトの創設者であり、OpenStack Foundationの創立メンバーであるネットアップは、アプリケーション開発者が最良のクラウド ストレージ モデルを利用できるよう、高度な専門性と技術でこれまでもOpenStackに貢献してきました。そして今回の発表を通じて、開発者はデータ利用に共有ファイルシステムの柔軟性がもたらすメリットを新たに享受できるようになります。また、このファイル共有の機能はサービスとして提供されるため、あらゆるクラウド環境で共有ファイルのセルフサービス化とマイグレーションが可能になります。これにより、クラウドのユーザーやクラウド上のアプリケーションで初めて共有ファイルシステムのセルフ プロビジョニングや管理が可能になります。

OpenStackのコンポーネントとして開発されているManilaへのネットアップの貢献により、OpenStackコミュニティで開発されたオープンかつ標準化されたAPIを活用し、共有/分散ファイルシステムを実現するための自動化された、拡張性の高いオンデマンドなファイル サービスを提供します。これまで、クラウドのマルチテナント環境では、共有ボリュームをサービスとしてプロビジョニングできなかったため、共有データのマイグレーションも不可能でしたが、Manilaを活用することで、共有ボリュームをクラウド間で自由に移動できるようになります。Manilaの機能はOpenStackの最新リリースであるLibertyから利用可能で、またその他のクラウド環境でもManilaをモジュールとして利用できます。さらに、ネットアップのオープンソースのストレージ コミュニティへの貢献により、Manilaをバックエンドのオプションとしても利用可能です。

clustered Data ONTAPのクラウド向け機能群を活用
ネットアップ独自のストレージOSであるNetApp® clustered Data ONTAP®は、Manilaで重要な役割を果たしており、データの利用効率、可用性、拡張性の向上など、OpenStackベースのクラウド向けに業界最高水準のデータ管理機能を提供しています。顧客はデータのライフサイクル全般を通じてマルチテナント環境でのデータのコントロールや保護を実現できます。

Manilaにより従来型のワークロードをクラウドに移行
企業にとって最も重要なビジネス アプリケーションの多くは、その利用環境を問わず共有ファイルシステムを利用しています。Manilaの提供以前は、クラウド環境ではファイル共有の機能は利用できず、またそれに代わる方法でファイル共有するには時間を浪費し、設定も難しいものでした。Manilaにより、ユーザーは共有ファイルシステムをサービスとして提供するためのアーキテクチャーを高速かつ簡単に構築し、そのメリットを享受できます。

  • Database-as-a-Service(DBaaS):Manilaは、カスタマイズされたサービスやOpenStackのプロジェクトであるTroveをベースとしたサービスと連携し、データベースの展開を自動化できます。
  • 開発環境、大規模グループでの処理、広域分散アプリケーション:Manilaは、共有のソースファイル、バイナリ、その他のリソースにアクセスするノードを数百から数千まで拡張できるため、開発やテストの環境向けのストレージとして最適です。
  • コンテンツ レポジトリ:Manilaは、Webサイト、オンライン出版、アーカイブなどの幅広い用途で情報の保存や利用を行うコンテンツ管理システム向けに、耐久性に優れ、高いスループットを備えたファイルシステムを提供します。
  • ビッグデータ:Manilaは、コンピューティング ノードへの高いスループットに加え、リード アフター ライトの一貫性や低遅延のファイル運用が必要なビッグデータ アプリケーションに求められる拡張性とパフォーマンスを実現します。
  • アナリティクス:Manilaはカスタマイズされたアナリティクス サービスやOpenStackのプロジェクトであるSaharaをベースとしたアナリティクス サービスにも対応しているため、ノードから分散ファイルシステムまでの全体でアクセスを自動化し、分散処理技術であるMapReduceのワークロードを高速化します。
  • 仮想デスクトップ、ホーム ディレクトリ、異なるグループ間のコラボレーション:Manilaは、データへのアクセスや共有を求める多くのユーザーを抱える組織に、要件に合ったストレージとしての機能を提供します。管理者は組織全体の個々人がアクセスするためのファイルシステムを構築でき、またファイルやディレクトリのレベルでユーザーやグループのアクセス権を設定できます。さらに、Manilaを通じて、クライアント端末のOSを問わない異なる部門同士のコラボレーションが可能になります。

OpenStack Manilaの利用などの詳細について
ネットアップのOpenStackに関する資料、ソースコード、ブログなど詳細はGitHub内のNetAppのWebサイト(英語)をご参照ください。 netapp.github.io

ネットアップ株式会社について
世界中の組織が、データを管理、保存するソリューションとして、ネットアップのソフトウェア、システム、サービスに信頼を寄せています。顧客は自社の現在、そして将来の成功のために、ネットアップのチームワーク、専門性、情熱を評価しています。ネットアップ株式会社は米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: ダニエル・ハンソン
TEL: 03-6870-7300
FAX: 03-6870-7301
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com