NetApp AltaVaultがIIJ GIOストレージ&アナリシスサービスと連携し、 日本国内のユーザー向けに新たなバックアップ ソリューションを提供

日本のサービス プロバイダーとして初めての認定となるIIJとの連携により、ユーザーは大容量のオンプレミス/クラウドのデータをクラウド上に低コストかつ安全にバックアップ可能

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、クラウド統合型ストレージ ソリューション「NetApp® AltaVault®(アルタボルト)」のバックアップ先として、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)が提供するクラウドストレージサービス「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」を新たに認定したことを発表します。NetApp AltaVaultが日本国内のクラウド サービスと連携するのは初めてとなり、この連携により、NetApp AltaVaultのユーザーはオンプレミスやあらゆるクラウド環境など自社データの場所を問わず、低 コストかつ安全に、そして効率良く、IIJ GIO上に自動でデータをバックアップできます。

今回発表された連携バックアップ ソリューションにより、NetApp AltaVaultを導入済みのユーザーは、自社内プライベートクラウドなどオンプレミス環境やパブリック クラウド上に保存しているデータを、低コストかつ完全に、そして優れたデータ効率でIIJのオブジェクトストレージであるIIJ GIO ストレージ&アナリシスにバックアップできます。今回の連携ソリューションの主な特長は以下の通りです。

  • 既存バックアップ システムとコスト効率に優れたIIJ GIOの連携による低コストな二次バックアップ
    ユーザーは既存のバックアップ ソフトウェアとも統合可能なNetApp AltaVaultと、低コストかつ柔軟性の高い従量課金制を採用したIIJ GIOストレージ&アナリシスの組み合わせにより、長期間にわたる二次バックアップ システムを既存システムへの投資を活用しつつ、より低コストで利用できます。また、NetApp AltaVaultのインラインの重複排除と圧縮の機能により、IIJ GIOストレージ&アナリシス上にバックアップするデータ量を抑えることができるため、さらなるコストの削減が可能になります。
  • 安全性に優れたバックアップ ソリューション
    NetApp AltaVaultの暗号化機能(AES256ビット)などのセキュリティ機能と99.999999999%(イレブン9)の堅牢性を実現するIIJ GIO ストレージ&アナリシスを組み合わせることで、ユーザーは社内に保存している重要なデータでも、IIJ GIO上にバックアップできます。また、この連携ソリューションにより既存の社内バックアップデータを遠隔地やその他の拠点に保管できるようになるため、事業継続性を高めることができます。

【NetApp AltaVaultとIIJ GIOストレージ&アナリシスサービスの連携イメージ】

jp-pr-20150928.png

【IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスについて】

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスは、データ冗長化などによる99.999999999%(イレブン9)という極めて高い堅ろう性に加え、ファイル形式を問わず保存容量を上限なく追加することができるなど、堅牢かつ拡張性の高いクラウドストレージを、1テラバイト(TB)月額7,000円(ギガバイト(GB)単価7円相当)の低価格で利用できるサービスです。この従量課金制により、ユーザーは計画的な予算計画が可能になっています。また、同サービスの「解析オプション」を利用することで、ストレージ上のデータを、Hadoop/Hiveを活用して検索、不要データの削除といった加工や、集計、平均、マッチングなどの解析処理を行うことができます。さらに、BIツールなどを活用してより高度なビックデータ分析を行うための環境も用意されています。

IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスの詳細は下記URLをご参照ください。
www.iij.ad.jp/biz/storage/

【NetApp AltaVaultについて】

ネットアップのクラウド統合型のバックアップ/リストア ソリューションであるNetApp AltaVaultにより、プライベート/パブリック/ハイブリッドを問わない、あらゆるクラウド環境でのデータ バックアップが可能になり、自社内でデータ バックアップ環境を構築する場合と比較してコストを大幅に削減できます。そして、ソフトウェア定義による、統一されたデータ サービスを提供するというネットアップのビジョン「データ ファブリック」を実現する最新のストレージ ソリューションです。NetApp AltaVaultは、組織のニーズに合わせて、物理アプライアンスに加え、VMware ESXとMicrosoft Hyper-Vをベースとした仮想環境向けの仮想アプライアンスや、主要なパブリック クラウド向けのアプライアンスを利用できます。さらに、既存のバックアップ ソフトウェアとも統合できるため、これまでのバックアップへの投資もそのまま活用できます。

  • 業界をリードするデータ効率化の機能
    インラインの重複排除と圧縮の機能により、最大1/30のデータ重複排除率を実現。クラウド上に保存するデータ量を抑え、クラウド上へのデータ移行をさらに高速化
  • ユーザーにさらなる選択肢を提供
    NetApp AltaVaultは、物理アプライアンスと仮想アプライアンスに加え、主要なパブリック クラウド上で利用できるアプライアンスとしても提供されるため、高い拡張性と同時にユーザーごとのニーズに合わせた柔軟な選択肢を提供。また、その他の製品と比較して6倍以上の拡張性を備えているため、より重要なデータをクラウドに保存でき、そして必要な時にデータを迅速に書き戻すことが可能
  • シームレスな統合
    ネットアップのバックアップ/リカバリ管理ソフトウェアであるNetApp SnapProtect®や、ユーザーが現在使用しているバックアップ ソフトウェアから簡単に利用でき、加えて主要なすべてのパブリック/プライベート クラウドのストレージ ソリューションにバックアップ データを転送することが可能

NetApp AltaVaultの詳細は下記URLをご参照ください。
www.NetApp.com/jp/AltaVault

ネットアップとIIJは、「NetApp AltaVault」と「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」を組み合わせた新しいバックアップ ソリューションの日本市場での販売・提供を共同で推進していきます。

「株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ネットアップ株式会社と協業し「NetApp AltaVault」と「IIJ GIOストレージ&アナリシスサービス」を組み合わせたバックアップ ソリューションの提供を開始します。大容量データのバックアップ・アーカイブを容易かつ安価に、クラウドストレージ環境に保管することは、お客様システムの可用性と信頼性を向上させることを確信しています。IIJは、これからもネットアップとのクラウド分野での協業を拡大し、お客様に最適なソリューションを提案してまいります。」

株式会社インターネットイニシアティブ
執行役員 プラットフォーム本部長
立久井 正和

提供開始時期と価格について

NetApp AltaVaultを利用しているユーザーは、IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスへの連携バックアップ ソリューションをすでに利用できます。
利用価格は、IIJ GIOストレージ&アナリシスサービスの契約内容によって異なります。また、この連携バックアップ ソリューションには、NetApp AltaVaultの導入が必要となります*。

* NetApp AltaVaultの価格は構成によって異なります。詳細はネットアップの正規販売代理店やシステムインテグレーターまでお問い合わせください。

* IIJのサービスに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社インターネットイニシアティブ 広報部
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
Tel: 03-5205-6310
Fax: 03-5205-6377
E-Mail: press@iij.ad.jp

ネットアップ株式会社について
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: ダニエル・ハンソン
TEL: 03-6870-7300
FAX: 03-6870-7301
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴ、AltaVaultは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。