ネットアップ、「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」の 日本での提供を開始

ExpressRouteを活用したMicrosoft Azureとのダイレクトかつセキュアな接続を提供し、ハイブリッド クラウド環境でのメリットを最大化

ネットアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、顧客の社内ITインフラをMicrosoft Azureに拡張し、シームレスなハイブリッド クラウド環境を構築するためのストレージ ソリューション「NetApp Private Storage (NPS) for Microsoft Azure」の日本での提供開始を発表しました。これにより、顧客はMicrosoft Azure ExpressRouteに対応したコロケーション施設に配置された自社のNetAppストレージとMicrosoft Azureを専用回線でセキュアかつ高速に接続し、ハイブリッド クラウドの柔軟性やコストなどのメリットを活用できるようになります。NPS for Microsoft Azureは、日本国内のネットアップのパートナーならびにMicrosoft Azure ExpressRouteに対応したコロケーション サービス事業者から順次提供される予定です。

NPSとMicrosoft Azureの連携により、Microsoft Azureの柔軟性とコストメリットを兼ね備えた専用の企業向けストレージ環境を提供します。Microsoft Azureとの高速かつセキュアなプライベート接続が可能になるExpressRouteを活用して、さまざまなリソースと連携した、安全、高速、低遅延の接続性を実現できます。自社のITインフラのメリットをさらに拡張するためにハイブリッド クラウド環境に移行する企業がますます増えるなか、NPS for Microsoft Azureを通じて、企業はビジネス価値を最適化するために、自社環境とクラウド環境を接続した俊敏なITインフラを構築できます。

NPS for Microsoft Azureの主なメリット

  • 企業ワークロード向けにMicrosoft AzureとNetAppが連携
    NPS for Microsoft Azure は、Microsoft Azureが備える弾力性やコスト効率と、Microsoft SQL Server、Oracle、SAPなどの企業ワークロード向けにNetAppが提供する高速性、信頼性、可用性を組み合わせています。
  • ピーク時のワークロード管理
    顧客は、状況に合わせてMicrosoft Azureのコンピューティング リソースを柔軟に活用できるため、ピーク時や予測不可能な事態、または時節的なワークロードに必要な大規模な設備投資が不要になるとともに、NetAppストレージを通じてデータのコントロールを維持できます。
  • 低コストでのディザスタ リカバリ環境を実現
    ディザスタリカバリの検証やフェイルオーバー時のみMicrosoft Azure上に展開できるなど、単一リージョン、または複数リージョンにわたるコスト効率の高いディザスタ リカバリ環境の構築が可能です。
  • クラウド上のデータを管理可能
    顧客はMicrosoft Azure上のデータを管理することができると同時に、コスト効率が高く弾力性に優れたMicrosoft Azure上で自社インフラと同水準のパフォーマンスを実現できます。
  • コンプライアンスとデータ主権に関する規制に対応
    データの永続性を担保する機能であるSnapLockやNetAppのデータ暗号化機能など、先進的なコンプライアンス機能を活用し、ストレージに関連する顧客ごとのデータ管理要件に対応できます。
  • ハイブリッド クラウド環境により技術革新と市場へのアクセスを高速化
    開発とテスト向けに、Microsoft Azureのコンピューティングが備えるスピードと柔軟性を活用できます。
  • System Centerでクラウド リソースを最適化
    Microsoft System CenterとNetApp PowerShellツールキットにより、プライベート クラウドとMicrosoft Azureに接続されたPrivate Storage間のデータの管理と移動が可能になります。

提供開始時期

NetApp Private Storage for Microsoft Azureは、日本国内のネットアップのパートナーならびにMicrosoft Azure ExpressRouteに対応したコロケーション サービス事業者から順次提供を開始します。
提供開始日や価格などの詳細は、下記のネットアップのパートナーならびにMicrosoft Azure ExpressRouteに対応したコロケーション サービス事業者までお問い合わせください。

(会社名50音順、敬称略)
株式会社ISIDアドバンストアウトソーシング
株式会社インターネットイニシアティブ
エクイニクス・ジャパン株式会社
KVH株式会社
株式会社JSOL
株式会社 TOKAIコミュニケーションズ
日本マイクロソフト株式会社
株式会社ビットアイル

今回の発表に際して、パートナー各社より以下のコメントをいただいています。(会社名50音順)

株式会社ISIDアドバンストアウトソーシング
代表取締役社長
市川 健志 様

「株式会社ISIDアドバンストアウトソーシング(以下ISID-AO)は、ネットアップの『NetApp Private Storage for Microsoft Azure』の日本での提供開始を心より歓迎いたします。ISIDグループは各業種のお客様へ、他社に先駆けてクラウドシステムを提供して参りました。『NetApp Private Storage for Microsoft Azure』とISID-AOの統合運用管理サービス『AOSMS』を組み合わせたソリューションは、今後お客様から求められる高水準の要求に対して、有効な解決策になると確信しております。ISID-AOは今後もネットアップとともに、多様なお客様に対してサービスを提供してまいります」

株式会社インターネットイニシアティブ
マーケティング本部 本部長
伊藤 重雄 様

「株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ネットアップの『NetApp Private Storage (NPS) for Microsoft Azure』の提供開始を心より歓迎いたします。当社の『IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure』と組み合わせたセキュアで高速なネットワークの上で、ネットアップのソリューションが展開されることにより、今後ますますエンタープライズ領域のクラウド適用が加速されるものと確信しております。弊社は今後も、ネットアップとのクラウド分野での協業を拡大し、プライベートクラウド市場向けに最適なサービス、ソリューションをご提案してまいります」

エクイニクス・ジャパン株式会社
代表取締役
古田 敬 様

「エクイニクスとNetAppのマルチクラウド戦略により、個別のストレージ要件に対応しつつ、幅広いクラウドおよび ITサービスをEquinix Cloud Exchangeを通してご利用いただける様になりました。 それにより、Microsoft Azure ExpressRouteへの安全かつ低遅延な高速接続と、自動プロビジョニングをご提供する事が出来ます。エクイニクスは、日本に おける ExpressRoute接続拠点を通じて、 Microsoft Azureを利用される企業が、最大限にそのメリット を活用できる環境を提供してまいります」

KVH株式会社
プロダクトマネジメント本部 執行役員
柏木 街史 様

「『Microsoft Azure ExpressRoute』は、データセンターやプライベートクラウドなどの既存システムとのハイブリッド環境を実現するうえで大変重要なサービスだと考えています。KVHはこれまで培ってきたネットワークサービスの知見ならびに実績を活用し、お客様のクラウド環境構築要求に幅広く対応していく上で、ネットアップとのさらなる協業に期待しています」

株式会社 JSOL
代表取締役社長
中村 充孝 様

「ネットアップの『NetApp Private Storage for Microsoft Azure』日本提供開始を心より歓迎致します。JSOLではネットアップのストレージを活用した仮想化基盤の構築・運用や、堅牢で柔軟なデータソリューションの提供を実現してきました。ネットアップが提供する、パブリッククラウドの柔軟性とプライベートストレージの制御性を持つ『NetApp Private Storage for Microsoft Azure』とJSOLが長年にわたって提供してきたデータ管理に関する実績や知見により、お客様が必要とする最適なハイブリッドクラウド環境を実現し、ビジネスの成長を支援してまいります」

株式会社 TOKAIコミュニケーションズ
常務取締役
松倉 明広 様

「株式会社TOKAIコミュニケーションズは、『NetApp Private Storage(NPS) for Microsoft Azure』の提供を歓迎いたします。当社はMicrosoft Azureへの接続サービスとして、企業向け通信サービス『BroadLine』による専用線・広域イーサネットを提供しています。『NetApp Private Storage(NPS) for Microsoft Azure』と当社のMicrosoft Azureへの接続サービス組み合わせることで、お客様環境とクラウド環境を接続した、より柔軟かつ俊敏なITインフラが提供できると確信しております」

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 マーケティング&オペレーションズ サーバープラットフォームビジネス本部長
佐藤 久 様

「日本マイクロソフトは、ネットアップの『NetApp Private Storage for Microsoft Azure』の提供開始を歓迎します。コロケーション施設に配置されたNetApp Private StorageとMicrosoft AzureをExpressRouteで結び付けたこのソリューションは、データをお客様の制御下に置いたまま、Microsoft Azureのメリットを最大限享受出来ることから、お客様のクラウドサービスの活用がより一層加速するものと期待しております。弊社では今後もネットアップとの連携により、お客様のビジネス拡大に貢献してまいります」

株式会社ビットアイル
執行役員 クラウド・ITソリューション本部長
成迫 剛志 様

「株式会社ビットアイルは、ネットアップの『NetApp Private Storage(NPS) for Microsoft Azure』の日本国内での提供開始を歓迎します。ビットアイルは、複数のクラウドサービス、複数のユーザー拠点、複数のデータセンターを1つのプライベートネットワークとして接続する次世代型ハイブリッド・マルチクラウド接続サービス:『ビットアイルコネクト』を提供しています。今後、『ビットアイルコネクト』とNPSとを組み合わせ、アプリケーション要件に応じて最適なリソースを組み合わせたハイブリッド・マルチクラウド環境を短納期かつ低コストに顧客へ提供し、顧客ビジネスの成功に貢献してまいります」

ネットアップ株式会社について
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: ダニエル・ハンソン
TEL: 03-5404-1200
FAX: 03-5404-1288
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。