NetApp、最初のFlashRay™の出荷を発表

企業向けのオール フラッシュ アレイと実績あるテクノロジーの組み合わせにより、オールフラッシュ ストレージ アーキテクチャのパフォーマンス、効率性、管理性を向上

当資料は、2014 年9月17日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国NetApp(本社:カリフォルニア州サニーベール、NASDAQ: NTAP、以下NetApp)は本日、NetAppの新しいMars™オペレーティング システム(OS)を搭載したオールフラッシュ ストレージ アレイ製品であるFlashRay™の最初の製品を出荷したと発表しました*。FlashRayは、企業向けアプリケーションで利用されるオール フラッシュ ストレージ アーキテクチャのパフォーマンス、効率性、管理性をさらに向上させるために、NetAppが独自で自社開発したオールフラッシュ アレイ製品です。

* FlashRayの一般提供開始は2015年を予定

今回出荷を開始したFlashRayは、オールフラッシュ ストレージのメリットと、NetAppの実績あるテクノロジーを組み合わせており、これまでにないパフォーマンス、ストレージ効率性、データ保護、データ管理などの機能を提供します。NetAppのフラッシュ ストレージ戦略を通じて、顧客はより低コストで企業向けアプリケーションのパフォーマンスを最大化できます。FlashRayは、今月より特定の顧客/パートナー向けに出荷を開始しています。

NetAppの信頼性の高いフラッシュ技術とフラッシュ ソリューションは、すべてのワークロードの要件に対応します。NetAppのフラッシュ搭載ストレージには、HDDとフラッシュで構成されたハイブリッド構成のEシリーズ ストレージ システムとNetApp FASシステムに加え、オールフラッシュ構成のEFシリーズ ストレージ システムとNetApp FASシステムなどが含まれます。また、これらのストレージ プラットフォームを補完するために、オールフラッシュ構成のNetApp FASシステムを搭載したFlexPod Datacenterに加え、サポートやプロフェッショナル サービスを提供し、データセンターからクラウドまでの組織の既存ならびに将来のIT環境でフラッシュのメリットを最大化するための支援を提供します。

信頼性の高いフラッシュ ストレージ導入への障壁を取り除くMars OS

Mars OSは、ITのプラットフォームと環境全体にわたるデータ効率、データ管理、モビリティなど、現在ならびに将来のフラッシュ ストレージの課題に対応するために、NetAppが開発しました。Mars OSには、フラッシュ ストレージ特有の課題を解消するためにNetAppが独自で自社開発したテクノロジーに加え、NetAppの広範な製品群で培われた特許技術などが統合されています。

FlashRayの技術革新には、効率性を常時向上させるための機能や可変長ブロック レイアウトなどが含まれており、フラッシュへの書き込み作業を最小化し、キャパシティ管理の効率性向上を実現するとともに、サブミリ秒(1/1,000秒)未満の一貫して低いレイテンシで高いスループットを提供します。これらの特長により、顧客はさまざまなワークロードに対応できるようになります。また、FlashRayでは、オールフラッシュ ストレージのコストをさらに低減できるよう、将来のSSD技術にもシームレスに対応できるようになっています。

NetAppは、自社の製品ロードマップの一環として、今後Mars OSとData ONTAP®を緊密に統合する予定です。NetAppは、データ管理ソリューションのパイオニアとして、自社のストレージ プラットフォーム同士のシームレスなデータ モビリティを実現するとともに、データのライフサイクル管理に関する戦略を通じて、企業がそれぞれのデータを最適なストレージに移行できるよう支援します。また、スケールアウト技術により、パフォーマンスと容量を必要に応じてシームレスに追加できます。

FlashRayとMars OSの特長について

FlashRay

Mars OS

  • 4Uシャーシ1台にコントローラ1台を搭載可能
  • 16Gbのファイバ・チャネル(FC)を4 ポート搭載
  • 480ギガバイトのcMLC(クライアントマルチレベルセル)を24台搭載(DS2246の場合)
    • 10.5 TiB(Raw)
    • 7.15 TiB(Usable)
  • シングルノードで250,000 IOPSを実現
  • 効率性などは用途による
  • 高パフォーマンス
  • フラッシュに最適化されたスタック
  • インラインかつ常時稼働の重複排除機能と 圧縮機能
  • シン プロビジョニング
  • 分散されたデュアルパリティRAIDを実装
    (専用のスペアドライブが不要)
  • 容量可変に対応
  • Webベースのリモート サポート診断システムであるAuto Supportに対応
  • REST APIを備えたシンプルなWeb GUI
  • 日本語を含む6言語で提供

提供開始時期について

FlashRayの初回出荷分は、特定の顧客とパートナー向けに提供されます。FlashRayの一般提供開始は2015年の予定です。価格などの詳細は、一般提供開始時に発表予定です。
FlashRayに関する詳細や最新情報は下記URLをご参照ください。(英語)
www.netapp.com/flash

ネットアップ株式会社について
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: 阪口 直美
TEL: 03-5404-1200
FAX: 03-5404-1288
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイド株式会社(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴ、FlashRay、Data ONTAPは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。