NetApp、VMwareのVirtual Volume向けの新ソリューションと、 新しいOnCommandソフトウェア、オールフラッシュ構成のFlexPod®を発表

NetAppのSoftware-Defined Storageでクラウドのパフォーマンスを高速化するとともに、ITのコストと複雑さを軽減

当プレスリリースは、2014年8月25日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です

米国NetApp(本社:カリフォルニア州サニーベール、NASDAQ: NTAP、以下NetApp)は本日、Software-Defined Storageの自動化を促進、簡略化し、VMwareベースの仮想マシンのデータをきめ細かく管理できる新しいソリューションを発表しました。このソリューションには、VMwareのVirtual Volumeとの連携により、IT運用の効率性向上とコスト削減を可能にする評価ソフトウェアも含まれます。また、データ保護とレポート機能を強化した新しいOnCommand®ソフトウェアと、エンドユーザ コンピューティング製品のVMware Horizon View™を搭載した、フラッシュに最適化されたFlexPod®も同時に発表しました。

クラウド時代に向けたSoftware-Defined Storage

VMwareのVirtual Volumeは、アプリケーション視点のポリシーに基づいて、ストレージ リソースやデータ サービスを仮想マシン レベルできめ細かく管理できるように設計された新しいデータ ストレージ アーキテクチャであり、NetAppはその主要設計パートナーとなっています。NetAppのVirtual Volume向けソリューションは、ポリシー ベースの高度なSoftware-Defined Storage管理を実現します。Virtual Volumeへのサポートは、Virtual Storage Console(VSC)for VMwareをベースにしており、データ ストレージの効率性を向上させ、VMwareベースの仮想インフラ環境におけるコストと複雑さを軽減します。

また本日、VMwareのソリューション向けの新しい機能や製品を発表しました。この発表には、以下の内容が含まれています。

  • VSCのアップデートとして提供される、VMware vSphere®上でのclustered Data ONTAP®の導入を簡素化/高速化するワンクリックでのクラスタ構成機能
  • VMware Horizon View Composer™ API for Array Integration(VCAI)向け認証の取得
  • NetAppストレージ上のワークロードを、エンドツーエンドで可視化、分析、キャパシティ管理できる新しいvCenter™ Operations Management Pack for NetApp Storage(パートナーのであるBlue Medora®を通じて提供)

オンプレミス/ハイブリッド クラウド環境向けに強化されたストレージ/データ管理ソフトウェア

企業での仮想化の採用が拡大し、プライベート クラウドやハイブリッド クラウドが構築されるなか、IT部門はIT環境全体にわたってデータセンターの状況などを監視する必要があります。このニーズに対応するため、NetAppは以下のようなストレージ/データ管理向けのソフトウェアや機能を提供します。

  • NetAppの新しいOnCommand Workflow Automation 2.2ソフトウェアは、高度なデータ保護とVMware vCloud Automation Centerとの統合を実現します。これにより、利用者がカスタマイズされたストレージ ワークフローを柔軟に作成し、エンドツーエンドのサービス提供に向けた自動化を実現できるよう支援します。
  • 顧客による導入プロセスをシンプルにするため、Microsoft®、Oracle®、VMwareの各環境向けに高度にカスタマイズされたワークフローを提供するStorage Automation Store機能を2014年後半に提供予定です。このStorage Automation Store機能を通じて、顧客は複雑なストレージ サービスの簡単な作成/移行、カタログの作成、アプリケーションの保護を自動化できるようになります。
  • 新しいNetApp OnCommand Insight 7.0.1ソフトウェアにより、ブローカー機能や、モニタリング/レポートなどの機能を通じて、オンプレミスやクラウドのストレージのコストに関する情報を収集できるため、IT担当者の意思決定を支援するインテリジェンスを獲得できます。
  • 管理者やビジネス分析向けに特別設計された、新しいStorage Managerダッシュボードにより、キャパシティ管理を最適化し、コスト削減可能な領域を特定するための単一のビューを提供します。

エンドユーザ コンピューティング向けの新しい“オールフラッシュ”FlexPod

VMware Horizon Viewとオールフラッシュ構成のFAS8000を搭載した、FlexPod Datacenterは、エンドユーザ コンピューティングに最適なオールフラッシュ ソリューションを、優れた費用対効果と拡張性を備えた、業界をリードする検証済みアーキテクチャで実現します。この新しいFlexPodは、高性能なフラッシュによる高いIOPSかつ低レイテンシのワークロードを実現できるほか、clustered Data ONTAPによる無停止運用を通じて計画的なダウンタイムを排除し、検証済みアーキテクチャによって導入リスクの軽減とデスクトップ導入の高速化を可能にします。

ネットアップ株式会社について
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: 阪口 直美
TEL: 03-5404-1200
FAX: 03-5404-1288
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイド株式会社(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴ、Data ONTAP、FlexPodは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。