ネットアップ、 高性能なハイエンド ストレージ システム「NetApp FAS8080 EX」と エントリーモデルの「NetApp FAS2500」シリーズを発表

ハイエンドのハイブリッド ストレージ システム「FAS8080 EX」で、大容量データのレスポンス タイムを高速化 新しいエントリーモデル「FAS2500」シリーズにより、手頃な価格で優れたパフォーマンスを提供

ネットアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は本日、非常に高いパフォーマンスを備えたハイエンド ストレージ「FAS8080 EX」と、手ごろな価格のエントリーモデルのストレージ「FAS2500」シリーズを発表しました。

FAS8080 EXにより、成長を続ける企業やサービスプロバイダは、高いパフォーマンスが要求されるSANやNASの大容量ワークロードにも対応できます。また、新しいエントリーモデルのFAS2500シリーズにより、幅広いエコシステムとの連携、耐用期間の向上、将来にわたる運用管理コストの最小化が可能になり、運用の簡素化と生産性の向上を実現します。世界中の組織がますます厳しくなるビジネス上のニーズに応えるために、IT運用の変革を進めるなか、ネットアップは自社製品群を順次強化し、現在と将来の企業のアプリケーション環境に必要とされる柔軟性と選択肢を提供します。

  • 非常に優れたパフォーマンスと拡張性を実現するNetApp FAS8080 EX
    ネットアップのストレージ製品で最も高いパフォーマンスとスケールアウト型アーキテクチャーを備えたFAS8080 EXは、要件の最も厳しいビジネス アプリケーション向けに開発されています。弾力性に優れたFAS8080 EXは、最大400万IOPSまでパフォーマンスを拡張でき、また厳しいサービスレベル要件に対応するために先進的なQOS(quality of service)機能も提供します。高速処理と低レイテンシが求められるアプリケーション向けには、4.6ペタバイト(PB)以上の容量を備えたオールフラッシュ アレイ構成や、業界をリードする約500テラバイト(TB)のフラッシュ キャッシュを搭載したハイブリッド構成にすることもできます。さらにFAS8080 EXは、ますます高まるデータ要件に合わせて容量を約70PBまで、I/Oコネクションを600以上までシームレスに拡張できるため、ワークロード集約型のサービス プロバイダや大規模企業に必要不可欠な容量とパフォーマンスを備えています。
  • 高いコストパフォーマンスを実現するNetApp FAS2500シリーズ
    エントリーレベルのストレージの新標準となるFAS2500シリーズは、強化されたフラッシュ対応によりワークロードを最大46%高速化できるほか、データ利用効率を48%向上させることができます *1。また、FAS2500シリーズは大規模企業向けのデータ管理機能も備えており、さまざまな特許取得済みの機能群を備えたネットアップ独自のストレージOSであるNetApp Data ONTAP®の優れた性能を活用し、ブランチオフィスからデータセンター、クラウドに至るまで企業のIT環境全体でデータ管理を簡素化します。組織はニーズの高まりに合わせてシームレスにIT運用を拡張でき、さらに導入コストを抑えられると同時に信頼性の高いストレージ システムを通じてビジネスが止まるリスクを低減できます。また顧客は導入期間を短縮できるとともに、ボタンをクリックするだけで業務を自動化できるソフトウェア管理機能により、煩雑な繰り返し業務が不要になります。
  • ハードウェアのパフォーマンスとソフトウェアのインテリジェンスを組み合わせたオールフラッシュ構成のFASシステム
    ネットアップは、業界で最も広範なフラッシュ製品を提供しており、コンピューティング、ネットワーク、ストレージの各領域でフラッシュのメリットを最大化します。フラッシュにより、データ利用効率が向上するほか、ビジネス クリティカル アプリケーションのパフォーマンスを高速化できます。オールフラッシュ構成のFAS8000シリーズでは、フラッシュの高いパフォーマンスと低レイテンシに加え、企業での利用に適した信頼性とData ONTAPの幅広いデータ管理機能を利用できます。例えば、オールフラッシュ構成のFAS8080 EXとFAS8060(2014年2月に発表)は高いIOPSと低レイテンシを備えているため、仮想デスクトップ(VDI)やデータベースなどのビジネス クリティカル アプリケーションに最適なソリューションになります。また、ネットアップは仮想デスクトップ(VDI)向けにオールフラッシュ構成のFASシステムのリファレンス アーキテクチャー「NetApp All-Flash FAS Reference Architecture for VDI 」を発表しました。このリファレンス アーキテクチャーにより、高いパフォーマンスを実現できると同時にデスクトップあたりのコストを削減します。ネットアップは、ハイブリッド ストレージやオールフラッシュ ストレージを含む幅広い製品群の提供を通じて、IT部門がパフォーマンス、効率性、拡張性を最適化し、個別のニーズに対応できるようにサポートします。ネットアップは2014年第4四半期(2014年2~4月)だけで18PBのフラッシュ ストレージを販売したほか、これまでに累計93PBのフラッシュ製品を市場に提供しています。
  • ビジネス クリティカル アプリケーションへの対応
    ユニファイドかつスケールアウト型のストレージ システムであるFASシリーズ製品群は、最も要件の厳しい企業向けアプリケーションのワークロードに対応できるよう設計されています。FASのユニファイドスケールアウト型のアーキテクチャーにより、組織は常に変化するビジネス上のニーズに素早く対応でき、常時稼働、拡張性、コスト効率などのIT運用上の主要な要件を達成できます。顧客は、NetAppの提供する高信頼のストレージ プラットフォーム上で、Oracle、Microsoft、Citrix、SAPなどが提供する企業向けアプリケーションを高速かつ高効率に稼働させることができます。特許取得済みのストレージ クラスタリング技術を組み合わせたNetAppのハイブリッド アーキテクチャーは、常時稼働と低レイテンシのパフォーマンスを提供することで、アプリケーションのパフォーマンスを事前に予測することができます。
  • 新サービス「NetApp Services for OnCommand® Insight」の提供
    仮想化やクラウドの環境を管理しなければならない大規模企業やサービス プロバイダ向けに、OnCommand Insightはストレージ コストの管理、合理化、ストレージ サービスの最適化などが可能なソリューションを提供します。今回発表したNetApp Services for OnCommand Insightは、異種混在環境のデータセンターにハイエンドのFAS8000シリーズを導入した顧客向けにカスタマイズされたサービスです。この包括的かつカスタマイズされたサービスは、NetAppのリソース、ツール、ベスト プラクティスを活用し、顧客特有のビジネス要件に沿ったダッシュボードやレポート機能を備えたIT環境の分析機能を提供します。これにより、顧客は自社の物理、仮想、クラウドなどの環境を効率的かつ自社内で管理するために必要なビジネス上のメリットを迅速に獲得することができます。

販売価格と提供開始予定時期
FAS8080 EXならびにFAS2500シリーズ(FAS2520、FAS2552、FAS2554の各モデルで提供)のシステム最小構成における参考販売価格は以下の通りです。各製品はネットアップの正規販売代理店などを通じて本日から販売を開始します。
*価格は構成によって異なります

FAS8080 EX 最少構成価格: 2,413万円~(税抜き参考価格)

FAS2500シリーズ最少構成価格: 120万円~(税抜き参考価格)

FAS8080 EX、FAS2500シリーズの製品仕様などの詳細を含む製品情報は下記URLをご参照ください。
www.netapp.com/jp/products/

*1 Source: ESG Lab Validation Report, NetApp FAS2200 Series with Flash Pool, November 2013

今回の発表に際して、パートナー各社より以下のコメントをいただいています。(会社名50音順)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
常務執行役員 ITサービス事業グループ担当役員 兼 CTO
大久保 忠崇 様

「伊藤忠テクノソリューションズ(略称:CTC)は、新製品 FAS8080 EX およびFAS2500シリーズの発表を心より歓迎いたします。このたびのラインナップの拡充により、これまで以上に柔軟かつ拡張性の高いシステムを実現し、より幅広いお客様ニーズに対応できるものと確信します。CTCでは、clustered Data ONTAP の豊富な導入実績とノウハウを踏まえ、プライベート/パブリック/ハイブリッドのクラウド環境を支えるストレージ基盤としてFASシリーズ製品を採用し、自社独自のプライベートクラウドソリューションである VM Poolをはじめ、統合インフラソリューションの FlexPod やデスクトップ仮想化など各種リューションを提供してまいります」

兼松エレクトロニクス株式会社
取締役 東京営業担当
渡辺 亮 様

「兼松エレクトロニクスはNetApp FAS8080 EX、FAS2500シリーズの発表を心から歓迎致します。新たなclustered Data ONTAPによるエントリークラスからのノンストップスケールアウトの実現と、オールフラッシュ構成に対応する最新のハードウェアデザイン、ビジネスアプリケーション連携ソフトウェアの強化により、分散エンタープライズから、大規模クラウドまで、ますます多様化、複雑化するユーザーニーズに対応します。 弊社は、新たなNetApp FASシリーズの様々な機能・性能を軸に、お客様のニーズにマッチしたシステム設計・構築を力強く推進致します」

ダイワボウ情報システム株式会社
取締役 販売推進本部 本部長
豊田 恵造 様

「ダイワボウ情報システム株式会社(以下、DIS)は、新製品FAS8080 EX、FAS2500シリーズの発表を心から歓迎致します。圧倒的なコストパフォーマンスを実現したエントリーモデルFAS2500シリーズを戦略製品と位置付け、当社マルチベンダー対応力をキーにDISの販売パートナー約17,000社を通じ全国の幅広い顧客層に展開して参ります」

株式会社ネットワールド
代表取締役社長
森田 晶一 様

「株式会社ネットワールドは、ネットアップ株式会社様による「FAS2500シリーズ」および「FAS8080 EX」の新製品発表を心より歓迎いたします。これらの新製品は、ノンストップオペレーションを実現するNetAppの最新OSであるclustered Data ONTAPや、オールフラッシュ構成といった、最新のテクノロジーをこれまで以上に活用することができ、プライベートクラウド構築等においてよりお客様のニーズにお応えすることができると確信しております。ネットワールドでは、特にエントリーモデルを対象としたキャンペーンに力を入れてまいりましたが、今後も「FAS2500シリーズ」をベースとした多種多様なキャンペーンを展開するとともに、「FAS8080 EX」も含めた関連ソリューションをより強化していく予定です。今後もネットワールドはネットアップ様と、またパートナー様と一丸となって多様化するお客様のご要望に迅速に、そして柔軟に対応してまいります」

ネットワンシステムズ株式会社
経営企画本部 執行役員
篠浦 文彦 様

「ネットワンシステムズは、高品質な仮想ICT基盤を提供することでお客様の戦略的な情報活用を支援しています。この度の「FAS8080 EX、FAS2500シリーズ」の発表によって新シリーズのラインアップが揃い、OpenStack/CloudStack等と組み合わせた柔軟/低コストなパブリッククラウド基盤、および、FlexPodを活用した検証済/高効率なプライベートクラウド基盤や仮想デスクトップにて、お客様のシステム環境に応じてスモールスタートから大規模環境へのスケールアウトまで柔軟に提供可能になります。当社デモ施設「ソリューション ブリーフィング センター」で利活用シーンをご体感頂き、お客様のビジネス拡大や課題解決に貢献いたします」

富士通株式会社
ストレージソリューション事業部 事業部長
高野 明 様

「富士通株式会社はネットアップ株式会社様による最上位製品FAS8080 EX、およびエントリーレベルの新製品となるFAS2500シリーズの発表を歓迎いたします。富士通とネットアップ様はOEM契約を締結しており、NetApp FASシリーズをETERNUS NR1000Fシリーズとして提供してまいりました。この度ETERNUS NR1000シリーズに新たに価格性能比を向上したラインナップを加え、またclustered Data ONTAPの採用によりクラウドに最適なソリューションを提供してまいります。富士通はこれからもさらなるICTの新しい可能性を追求し、お客様のビジネスの成功に貢献してまいります」

丸紅情報システムズ株式会社
執行役員 プラットフォームソリューション部 事業本部長
佐藤 昌之 様

「丸紅情報システムズ株式会社(以下、MSYS)は、ネットアップの新製品である大規模ワークロードに対応したハイエンド製品FAS8080 EXおよび、ミッドサイズビジネスにフォーカスしたFAS2500シリーズの発表を心より歓迎いたします。ネットアップ製品の優れた特長を遺憾なく発揮した両モデルは、ノンストップとスケールアウトを実現するclustered Data ONTAPとのシナジーにより、幅広い層のお客様へと普及を促進し、ネットアップ製品の市場シェアをさらに拡大させるものと確信しております。MSYSは、拡大するクラウド基盤に注力し、VDIやDBの統合などでのネットアップ製品の提供を推進しております。今年度はご検討のお客様へ向けて、導入を支援するclustered Data ONTAPの移行プログラムなどキャンペーンを実施し、お客様のビジネス成功に貢献してまいります」

ネットアップ株式会社について
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: 阪口 直美
TEL: 03-5404-1200
FAX: 03-5404-1288
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイド株式会社(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴ、Data ONTAP、OnCommandは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。