NetApp、顧客ニーズへの対応が評価され、2012年「Microsoft Private Cloud Partner of the Year」を受賞

顧客の課題解決に最も革新的なソリューションを提供した実績を評価

2012年6月27日- NetApp(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、NASDAQ: NTAP、以下ネットアップ)は、顧客やパートナー向けに、Microsoft®社のプラットフォームに準拠したプライベートクラウドのソリューションを構築した実績が評価され、2012年「Microsoft Private Cloud Partner of the Year」を受賞しました。これはネットアップが、Microsoft社の世界中のパートナーの中で、同社のテクノロジーに準拠した顧客向けソリューションに、特に優れた革新性と遂行力を発揮したことが評価されたものです。今回の受賞により、コストの削減、迅速性の向上、効率性の改善、信頼性の高いプラットフォームの実現など、Microsoft社の提供する環境に準拠したストレージおよびストレージ管理ソリューション分野での長期に渡る注力をより一層強化します。

今回のアワードには複数の受賞カテゴリーがあり、全世界で約3,000におよぶエントリー候補から受賞企業が選ばれました。ネットアップは「Private Cloud Partner of the Year部門」において、優れたソリューションやサービスの提供が評価され、また「Virtualization and Management部門」においても最終候補に残りました。今回の受賞企業は、今年の7月8~12日にかけてカナダ・トロントで開催される「Microsoft Worldwide Partner Conference」において受賞企業として登壇する予定です。

少ないリソースでより多くのことを求める企業のニーズに応えるため、安全かつオンデマンドなプライベートクラウドソリューションを備えたITサービスやアプリケーションの提供/管理の方法に変化が訪れています。米IT業界で意思決定を担う679人を対象に行った最近のIDC社の調査では、現状、多くが特定のユーザーやアプリケーションに対象が限定されているものの、約3分の1(32%)がすでになんらかのプライベートクラウド環境を生産現場で利用していることが分かっています。さらにその他の37%は、プライベートクラウド導入の初期段階にあるか、もしくは構築を計画しています1。IT業界におけるこうした劇的な変化を捉え、ネットアップ、およびパートナーはクラウドコンピューティングを現実のビジネスに活用するため、Microsoftをはじめとしたテクノロジーリーダーとの協業を進めています。

1 マイクロソフト協力のIDC白書: 『Microsoft System Center 2012による今日におけるプライベートクラウドの展開』文書番号234109, 2012年4月

ネットアップとMicrosoft:画期的なソリューションの提供を実現する優れたコラボレーション

  • ストレージが基盤技術:ネットアップは、ストレージをプライベートクラウドの基盤技術として捉え、ITサービスやアプリケーションの提供コストを50%以上削減する一方で、仮想化からプライベートクラウドへの移行を実現するソリューションの提供に向けてMicrosoftと協業しています。
  • 顧客価値としての「Go further, faster」:Windows Server 2008 R2 Hyper-VとMicrosoft System Center 2012などのMicrosoftのプライベートクラウド ソリューションと、NetApp®ストレージとの組み合わせにより、お客様はITサービスやアプリケーションをより早期に提供することができます。
  • 迅速性の向上:ネットアップのMicrosoftプライベートクラウドソリューションによって、顧客は即応性が求められるITインフラに高度に適応する一方、絶え間なく変化するビジネスニーズにもより迅速に対応することができます。
  • Microsoftプライベートクラウド対応のFlexPod:データセンターソリューションとして初めて、アップデートされたMicrosoft Private Cloud Fast Trackプログラムへの有効性をマイクロソフトから認められたFlexPodは、包括的なガイダンスを備えており、チャネルパートナーが顧客のリスクを軽減しながら、早期にクラウドに移行することを可能にしました。

NetAppとMicrosoftのプライベートクラウドソリューションを選択したお客様

イングダイレクト社
ネットアップは、今回のアワードへのエントリーの際に、世界最大のダイレクト銀行であるイングダイレクトリー社への導入事例を紹介しました。イングダイレクト社は革新的なオンライン・バンキングサービスで知られていますが、プロビジョニング開発や試験環境のためのインフラが旧式であったことから、市場に新たな商品を投入する可能性を妨げていました。サービス提供を迅速に拡大するという事業目的にもかかわらず、プロビジョニング開発で開発環境を構築するだけで12週間かかっていました。

「戦略的な優先事項として、当社はイノベーションをより迅速に展開する必要がありました。そのため、業務のスピードアップを実現するネットアップとそのパートナーに注目しました。ネットアップとCisco社のFlexPodで実現されたMicrosoftプライベート クラウド ソリューションによって、開発者の生産性と事業の迅速性を改善しながら、プロビジョニング環境の整備を12週間から10分に削減することができました。『Bank in a Box』プライベート クラウド ソリューションにより、当社内の誰もがMicrosoftの標準テクノロジーとシームレスに統合されるアプリケーション、サービス、コンフィギュレーション、5.5テラバイトのデータに確実にアクセスすることができます」とオーストラリアのイングダイレクト社のCIOであるアンドリュー・ヘンダーソン氏は述べています。

ワーテルロー大学
カナダのオンタリオにあるワーテルロー大学は、より柔軟なサービス、迅速なプロビジョニング、より優れた管理ツール、セルフサービス機能を求めてMicrosoftプライベートクラウド対応のネットアップを選択しました。ネットアップのパートナーであるアランテックス社との協業を通じて実現したソリューションは、大学の既存インフラの評価、カスタム設計のプライベート クラウド ロードマップ、System Center 2012、およびHyper-Vを備えたWindows Server 2008 R2などの先進的な環境統合などが含まれます。

「当大学は、迅速かつ信頼性の高い、安定したサービスを学部、学生、スタッフに提供するネットアップとMicrosoftのプライベートクラウドを利用しています。当大学はハードウェアのコスト削減、応答時間の劇的な短縮により、顧客に対する戦略的な活動に集中することができるようになりました」とワーテルロー大学の設備設計者であるグレッグ・パークス氏は述べています。

コメント

  • Microsoft社 ウィンドウズサーバー&マネージメント担当ゼネラルマネージャー、マイク・シュッツ氏
    「Microsoftは、ネットアップ社を『Private Cloud of the Year』として表彰することができ嬉しく思います。ネットアップ社はMicrosoftプライベートクラウドソリューションを包括的に扱っており、お客様のプロビジョニング時間を短縮し、生産性を高め、事業の迅性の改善に取り組んでいます」
  • ネットアップ エンタープライズソフトウェアエコシステム担当副社長、フィル・ブラザートン
    「今回の評価は、プライベートクラウドの開発におけるネットアップ、およびそのほかのパートナーとMicrosoftとの協調関係を強固にするものです。ITが事業の継続性と迅速性のための触媒として機能するにつれ、当社はこうしたパートナーシップを通じて、企業が現在の共有ITインフラに移行するだけでなく、将来的に有利なポジションを確保するために柔軟かつ効率性に優れたプライベート クラウド ソリューションを構築することをサポートします」

Microsoft Private Cloud Partner of the Yearについて
「Microsoft Private Cloud Partner of the Year」は、Windows Server 2008 R2 Hyper-V、Microsoft System Centerおよび関連製品を基盤とした革新的なプライベートクラウドソリューションの提供において顕著な実績を残したパートナーを表彰するものです。表彰された企業は、下記、および下記に限定されないクラウドコンピューティング(動的プーリング、アロケーティング、プロビジョニング、クラウドリソース管理)向けのMicrosoftプラットフォームを利用しています:

  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2
  • Microsoft System Center Virtual Machine Manager Self-Service Portal 2.0
  • Microsoft System Center Configuration Manager
  • Microsoft System Center Operations Manager
  • Microsoft System Center Service Manager
  • Opalis
  • Microsoft Forefront Identity Manager

関連リンク

ネットアップ株式会社について
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jp をご覧ください。

 

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当:ダニエル・ハンソン
TEL: 03-5404-1200
FAX: 03-5404-1288
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com
ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイド株式会社(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/鈴木 大輔
TEL: 03-5427-7328/7411
FAX: 03-5427-7311
E-Mail:netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴ、Go further、fasterは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。