ネットアップが中堅企業向けのストレージ新製品「FAS2240」の販売を開始

~従来製品より大幅な低価格化と高性能化を実現~

2011年11月9日- ネットアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:タイ・マッコーニー、以下ネットアップ)は本日、中堅企業向けのストレージ新製品「FAS2240」の販売を開始しました。

中堅企業各社は、データ量が爆発的速度で拡大し続ける中、ビジネスニーズの拡大に対応し、限られた予算と少ないITリソースでより多くの作業を行うという大きな負荷に直面しています。また、大半の中堅企業では、ストレージ専任の担当者が存在しないため、現場のIT担当者が企業内の全てのITリソースを管轄しているのが現状です。さらに、中堅企業には、予め余裕を持ったシステム構成のストレージを購入する予算がないため、必要に応じて拡張できる柔軟なストレージが求められています。

本日より販売を開始する「FAS2240」は、こうした中堅企業で求められるビジネスニーズを満たすことに特化した、新製品です。従来のストレージ製品より大幅なシステム構成の簡素化と低価格化を実現し、ストレージシステムのセットアップ、運用、管理もシンプルに行うことができます。また、ネットアップの最大の強みである、上位製品と同等な「ユニファイドアーキテクチャー」を採用しており、単一のシステムで多様なワークロードとプロトコルに対応できる共通したOS、管理ツール、ソフトウェアツールを提供します。そのため、今後ストレージをアップグレードする際に、IT担当者を別のテクノロジーで再トレーニングする必要はありませんし、ビジネスの成長にあわせて柔軟に拡張することができます。

ネットアップの社長兼最高経営責任者であるトム・ジョージャンは、次のように述べています。 「ビジネスニーズの拡大と少ないリソースでより多くの作業を行う必要性から、中堅企業各社は独自の課題に直面しています。低価格と『まあまあ』のテクノロジーで、お客様が妥協を強いられるようなことがあってはならないことは、私たちも理解しています。こうした成長市場へ対応可能な価格とパッケージのソリューションを展開することで、ネットアップは独自のポジションを確立しており、お客様の成功をサポートし、ビジネスとプライオリティの変化に応じて拡張・調整可能な強固な基礎を構築することができます。」

 新製品FAS2240の特長

手頃な販売価格と、充実した標準搭載のソフトウェア
中堅企業向けに販売するにあたって、FAS2240を手頃な販売価格に設定しました。また、FAS2240には、新しいソフトウェアパッケージとして、ネットアップのミッドレンジシステムであるFAS3200シリーズ、ハイエンドシステムであるFAS6200シリーズと同じソフトウェアパッケージを標準搭載しています。これにより、ネットアップのFAS製品ライン全体で同じソフトウェアを使用できるようになりました。今後も更に、標準搭載するソフトウェアの数を増やしていく方針です。

最新のストレージOS「Data ONTAP 8.1」に対応
FAS2240は、ネットアップの最新のストレージOS「Data ONTAP 8.1」以降をサポートしています。 これにより、さらに拡張性に優れた統合プラットフォームとなり、さまざまな負荷の増大に対応し、ビジネスニーズの拡大に柔軟に対応することができます。

IT担当者の負荷を軽減するストレージ管理ツール
今回新たに標準搭載となるNetApp OnCommand™ System Manager 2.0は、ネットアップ・ストレージの設定と継続的な管理の両方について、IT担当者が簡単に簡素化、制御、自動化できるよう特別設計されています。このシンプルで使い勝手に優れた管理ツールはシステムの購入に伴い、無料で提供されます。ストレージとサービスの効率性と生産性を向上させ、IT担当者の負荷を軽減します。

仮想環境に最適なプラットフォーム
FAS2240は、新しい64ビット・プロセッサ・アーキテクチャ、ハイパースレッドCPUを採用し、システムメモリも容量、速度ともに向上しているため、仮想環境に最適なプラットフォームとなります。また、ネットアップでは、仮想環境に最適化されたストレージ効率化機能(重複排除やシンプロビジョニング)や高度な管理機能(SnapManagerやVirtual Storage Console)などのソフトウェアを標準のバンドルで提供しています。

ハイエンドのプラットフォームへのアップグレード
FAS2240システムのプロセッサ・コントローラ・モジュールを取り外してディスクシェルフI/Oモジュールに交換すれば外付けディスクシェルフに変更できるため、容量の大きいハイエンドのシステムへのアップグレードができます。

 FAS2240の販売価格について
新製品FAS2240のシステム最小構成における参考販売価格は、以下の通りとなっており、ネットアップの正規販売代理店やシステムインテグレーターなどを通じて本日から販売を開始します。*価格は構成によって異なります。

システム最小構成 参考価格(税抜)
4U シングル構成 (SATA, 7.2K, 1TB * 12 本) 1,790,000円

*ほぼ同一構成の従来製品FAS2040の場合:参考価格(税抜)4,577,000円

 FAS2240のスペック

FAS2240-2 FAS2240-4
フォームファクタ 2U / 24ドライブ 4U /24ドライブ
シャーシの奥行き 50.8 cm 61 cm
最大ストレージ容量 374 TB 432 TB
最大イーサネットポート数 8 8
最大オンボード4Gbファイバチャネルポート数 N/A N/A
オンボードSASポート 4 4
サポートされる
その他のポート
8 Gb FC×4または 10 GbE×4
(オプションのI / Oカードを実装した場合)
8 Gb FC×4または 10 GbE×4
(オプションのI / Oカードを実装した場合)
物理メモリ* 12 Gb 12 Gb
リモート管理機能 あり あり
ストレージプロトコル FCP、iSCSI、NFS、CIFS FCP、iSCSI、NFS、CIFS
ディスクシェルフへの変更 可能 可能
OSのバージョン Data ONTAP® 8.1 Data ONTAP® 8.1

*物理メモリの一部をNVメモリに使用

 エンドースメント
この度の新製品発表に対して、パートナー各社より以下のエンドースメントをいただいています。(会社名50音順)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、「FAS2000シリーズ新製品」の発表を心より歓迎いたします。優れたコストパフォーマンスを誇る「FAS2000シリーズ新製品」は、中小規模システムにおけるストレージとして最適な製品となることを確信しております。日本のお客様へ多数の導入実績を持つCTCは、新製品をはじめとするネットアップ製品を組み合わせたサービス「クラウドバックアップ for NetApp」や仮想化統合インフラ「VMPool」を益々充実させ、今後もお客様の多様なニーズに合わせた革新的なサービスやストレージシステムを提供し続けて参ります。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
取締役 兼 常務執行役員
加藤 光明

兼松エレクトロニクス株式会社

「NetApp FAS2000シリーズ」新製品の発表を歓迎いたします。クラウド/ビッグデータ時代のストレージ基盤として、非常に多くのお客様にご導入いただいてきた「NetApp FASシリーズ」。この新製品リリースに際し、兼松エレクトロニクスは、培ったノウハウを元に、より多くのお客様に、高性能で柔軟性に富み、かつ、コスト削減に寄与できる 各種ソリューションを取りそろえ、ご提供いたします。

兼松エレクトロニクス株式会社
取締役 東京システム営業部門担当
菊川 泰宏

日本電気株式会社

NECは、ネットアップ株式会社様によるFAS 2000シリーズ新製品の発表を歓迎いたします。NECは、仮想化、クラウドサービスなどのソリューションを幅広くお客様に提供しており、このような幅広い分野でのネットアップ製品と連携した拡販を期待しております。FAS 2000シリーズ新製品も、中堅企業のお客様向けに、NECのソリューションと組み合わせ、低価格で高機能なソリューションとして提供し、新規開拓を含めお客様の満足を実現する計画です。NECは、万一の際でも安心・安全・快適を合言葉に、今後もネットアップ様と共に、多様化するお客様のニーズに対応していきます。

日本電気株式会社
ストレージ事業部
エグゼクティブエキスパート
平田 信之

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールドは、ネットアップ株式会社様より発売されるFAS2000シリーズの新製品発表を歓迎いたします。ネットワールドは、FAS 2000シリーズの主なユーザ層である中堅中小企業のお客様に、ネットアップ社の低価格・高機能なソリューションをパートナー様とともに提供しており、今後もこの新製品をベースとした多種多様なキャンペーンなどを展開してそのソリューションの浸透を拡大します。また、2011年5月にオープンしたネットワールドプリコンフィグセンターを利用し、この新製品とVMware社vSphere 、Cisco社UCSサーバとNEXUSスイッチなどによる業界でも最高クラスの評価を受けているネットアップ社の仮想化パッケージモデル、FlexPodの提供を予定しております。ネットワールドは、ネットアップ様と共に、多様化するお客様やパートナー様のご要望に迅速に、そして柔軟に対応してまいります。

株式会社ネットワールド
代表取締役社長
森田 晶一

株式会社日立製作所

株式会社日立製作所は、ネットアップ株式会社様によるFAS 2000シリーズ新製品の発表を歓迎いたします。日立製作所は全国の関連会社網も含めて多数の中堅企業のお客様へのソリューションを提供しており、低価格で使い勝手の良い新製品の投入により、さらに新規開拓のお客様層に販売台数の拡大を図って参ります。日立製作所は、FAS 2000シリーズ新製品の低価格・柔軟性をアピールし、今後も幅広い分野へのニーズに対応したソリューションを提供します。

株式会社日立製作所
ネットワークソリューション事業部
主任技師
城所真人

富士通株式会社

富士通株式会社はネットアップ株式会社様によるFAS2000シリーズ新製品の発表を歓迎いたします。 富士通とネットアップ様はOEM契約を締結しており、ネットアップFASシリーズをETERNUS NR1000Fシリーズとして提供してまいりました。 さらにグローバルアライアンス契約に基づく強固なパートナーシップにより、両社の製品を相互供給しお客様へ価値の高いICTシステムを迅速に提供しています。 この度ETERNUS NR1000シリーズに新たに低価格・高性能なラインナップを加え、さらなるICTの新しい可能性を追求し、お客様の経営やビジネスの成功に貢献してまいります。

富士通株式会社
ストレージソリューション事業部
事業部長
渋谷 寛

丸紅情報システムズ株式会社

丸紅情報システムズ株式会社は、ネットアップ株式会社のミッドサイズビジネスにフォーカスした新製品FAS2000シリーズの発表を大いに評価、歓迎いたします。NetApp製品の優れた特長を遺憾なく発揮した本モデルは低価格と相まってより幅広い購買層への普及を促進し、ひいては全てのNetApp製品の市場シェアを更に拡大させるものと確信いたしております。弊社におきましてもスナップテクノロジーを用いた災害対策システム及び仮想化システムの構築提案等により一層の販売努力を続けて参りたいと存じます。

丸紅情報システムズ株式会社
常務執行役員 P&N事業本部長
永川芳洋

ネットアップ株式会社について
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当:ダニエル・ハンソン
TEL: 03-5404-1200 FAX: 03-5404-1288
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com
エデルマン・ジャパン株式会社(ネットアップ広報代理)
担当:安達 沙織/服部 和恵/中田 清光
TEL: 03-6858-7711 FAX: 03-6858-7712
E-Mail:netapp@edelman.com

NetApp、NetAppロゴ、Go further、fasterは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。