富士通とネットアップ、ストレージ製品ポートフォリオの共通化によってグローバルな提携関係を拡大

~両社で統合ストレージ・ソリューションの「ワンストップショップ」を提供し、顧客のITの価値と効率の向上を支援~

(本資料は、2010年10月26日にドイツ、フランクフルトで発表された報道発表資料の和訳です)

富士通とNetApp(NASDAQ: NTAP、以下ネットアップ)は、お客様のIT投資効果を最大限に高めることを目指し、両社の長期にわたるグローバルな提携関係を拡大することを発表しました。現在、IT分野のリーダーは、ビジネスニーズへの迅速な対応がますます求められています。今回の両社の契約により、お客様の業績向上を促進する統合ストレージ・ソリューションのワンストップ・ショッピングが可能になります。このグローバルな提携関係の拡大は、長年にわたってお客様に成功をもたらしてきた実績をさらに継続させ、企業のIT効率の向上と標準化を推進します。ユニファイドストレージに対するすべてのニーズに、富士通とネットアップで対応することが可能になります。

両社は提携拡大の一環として、統合ストレージに対する企業のニーズを満たす共通の製品ポートフォリオを提供します。ネットアップは、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域の22か国で、富士通のデデュープアプライアンス製品「ETERNUS CS800」の販売を開始します。一方、富士通はネットアップのユニファイドストレージ・システムの販売を、世界のさらに多くの市場へと拡大します。両社共通の製品ポートフォリオ全般の保守およびサポートサービスと管理サービスは、世界のITサービス企業で3番目の規模を誇る富士通が引き続き提供します。

富士通のデデュープアプライアンス製品「ETERNUS CS800」は、中間市場で効率的なデータ保護の利用を広げる製品であり、重複排除テクノロジーを使用してディスクバックアップを行うお客様に、シンプルで低コストのソリューションを提供するデータ保護用のターンキー・アプライアンスです。先進的な重複排除テクノロジーにより、一般的なdisk-to-diskバックアップに必要な容量を90%削減し、ストレージコストの削減を可能にします。また、グローバルなサイト間でバックアップデータを複製する場合にも重複排除テクノロジーを使用し、一般的に必要となる帯域幅を20分の1以下に削減します。

富士通株式会社 ストレージシステム事業本部長 執行役員 五十嵐一浩氏のコメント
「富士通とNetAppのグローバルアライアンス契約の締結は、お客様に最適なストレージポートフォリオを包括的に提供します。これまで当社は、お客様に容易な導入、および効率的で柔軟なICTシステムを提供してきました。当社のお客様は、当社がNetAppとともに製品・サービスをグローバルに提供することの価値を期待しています。」

富士通はエンタープライズソリューション分野のリーダーであり、ETERNUS製品群とネットアップ製品をはじめとするストレージテクノロジーの幅広いポートフォリオは、信頼性に優れたデータセンター製品とソリューションで構成されます。ネットアップは、将来のビジネス要件に対応するための基盤となる柔軟で効率的なITインフラを今の時点で構築できる、業界をリードするストレージ製品ポートフォリオを提供しています。お客様はビジネスの要求にすばやく対応するために、両社の相互に補完し統合されたテクノロジーを容易に導入することが可能です。

ネットアップ グローバル・システム・パートナーズ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー リック・スカーフィールドのコメント
「お客様は、ビジネス変化に対応する柔軟性とスピードを向上させる、より統合化されたICTインフラへの移行を求めています。NetAppと富士通のパートナーシップはその移行のためのサービス、サポートとともに、このようなニーズに対する強力なストレージ製品・ソリューションを提供していきます。」

富士通とネットアップは過去10年間にわたり、グローバルな提携に基づく共同の研究開発を通じて、緊密に統合された自動データ管理製品、ソリューション、およびサービスを提供し、ビジネス環境の変化に対するお客様の迅速な対応を支援してきました。富士通は、ネットアップのユニファイドストレージ・システムがIT環境にもたらす柔軟性と効率性を評価いただいたお客様に対して、このシステムを現在までに15,000台以上販売しています。先ごろネットアップ、富士通、および他のソリューション・パートナーが協力して、50,000シートのグローバルなデスクトップ仮想化リファレンスアーキテクチャを構築しました。これにより、お客様は仮想ダイナミック・インフラストラクチャの複製と導入が容易になりました。また、富士通のETERNUS SF Storage CruiserとServerView Resource Orchestratorは現在、ネットアップのユニファイドストレージをサポートしており、両社のお客様が共有ITインフラの分析、制御、自動化を簡単に行えるようになっています。

ネットアップについて
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高める、ストレージとデータ管理ソリューションを提供しています。詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。富士通とネットアップのパートナーシップに関しては、www.netapp.com/fujitsu でご覧いただけます。

NetApp、NetAppロゴ、Go further, fasterは、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。他のすべてのブランド名や製品名は、それぞれを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。

ネットアップの予測に基づく記述
このプレスリリースには、1933年米国証券法改正法セクション27A、および1934年米国証券取引法改正法セクション21Eに定められた範囲内において、予測に基づく記述が含まれています。ここに含まれる予測に基づく記述は、将来の出来事に関するネットアップと富士通の考えを述べたものであり、そのような出来事は多くの場合、本質的に不確実性を伴い、ネットアップと富士通は制御することができないものです。予測に基づく記述には、ネットアップと富士通の提携拡大、および各社の製品、市場における機会、競合上の強みに関する記述、および戦略、計画、目的、その他、歴史的な事実ではない記述を含みますが、これに限りません。

この予測に基づく記述には、リスクと不確実性が伴い、実際の結果はこの記述から予測されるものとは大きく異なることがありますので、ご注意ください。実際の結果が予測に基づく記述と大きく異なる重要な要因としては、両社の提携によるメリットが完全に実現しない、または実現までに予想より長い時間がかかる可能性があるというリスク提携の解消によって、お客様、従業員、またはサプライヤーとの関係維持が困難になること、ストレージおよびデータ管理市場で予想される成長に伴うリスク、その他、ネットアップが適宜、米国証券取引委員会に提出する報告書および文書に記述される重要な要因があります。ネットアップは、これらの資料に含まれる予測に基づく記述を、新しい情報などに基づいて更新および修正する責任は、一切負いません。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社 広報担当:畑澤 幸子
TEL: 03-5404-1200 FAX: 03-5404-1288
Mail: xdl-pr-contact@netapp.com