富士通とネットアップ、グローバルパートナーシップの拡大を表明

共同でソリューションの提供と販売活動における協業関係をさらに拡大

(本資料は、2009年11月18日にドイツで開催されたVISIT IT ForumでNetAppと富士通が発表した報道発表資料の翻訳版です)

2009年11月19日- 富士通とネットアップ(NASDAQ:NTAP、以下ネットアップ) は本日、両社のパートナーシップをグローバルにより強固なものとし、緊密に統合および自動化されたストレージとデータマネジメントソリューションを提供する計画を表明しました。両社のもつ技術の優位性を元に、仮想化、ストレージやデータの管理、さらにはストレージサービスやさまざまなソリューションの分野において、製品開発を含めた計画を推進してまいります。この関係拡大により、ダイナミック・インフラストラクチャがもたらすより大きな価値と優れた効率性をお客様に提供することが可能になります。

Gartner, Inc.リサーチ担当バイスプレジデント ロジャー・コックス氏のコメント
「標準化、仮想化、効率性といった要因により、データセンターの設計や管理の手法が急速に変化しています。そして、そのデータセンターにインフラストラクチャやサービスを提供する最良のベンダーが求められています。」

富士通とネットアップは、すでに優れた製品やソリューションの提供で実績があり、データセンターの将来像についても共通の考えを持っています。本日の発表は、製品開発、統合、販売活動における協業の関係拡大によって、両社がお客様に相乗効果を提供できることを明確に示すものです。

ネットアップ社長兼CEO トム・ジョージャンのコメント
「お客様のIT部門は、コストと運用の効率をより向上させる方法を探しており、データセンターの要求を満たすために、より包括的で協調的なアプローチをとれるベンダーを選択する方向に移行しつつあります。ネットアップは、富士通との連携を拡大することで、より緊密に統合され自動化されたデータマネジメントソリューションを提供することになると確信します。」

Fujitsu Technology Solutions CEO カイ・フローレのコメント
「FTSが富士通グループの一員になって以来、FTSはグローバルなITポートフォリオの共通化に貢献してまいりました。ネットアップのユニファイドストレージにおける強みは、我々の高品質、高性能、高信頼のストレージ製品「ETERNUS」およびソフトウェアと完全に同期し、お客様のどのような要望にも応え得る共通のストレージポートフォリオが構築できるものと確信します。」

生産性の向上と効率的な運用
両社は、富士通のリソース管理体系とネットアップの持つストレージ管理ソフトの連携を強化してまいります。これにより、仮想化システム上の論理プラットフォームに、お客様の要件に応じてサーバ、ストレージ、ネットワーク、ミドルウェアを動的に割り当て、統合することができます。また、データセンター環境におけるお客様のシステムの管理を容易にし、インフラストラクチャ全体を単一のコンソールで管理可能にすることで、使い勝手を向上し生産性と運用性の向上を実現します。

優れた技術の統合
両社の優れた製品とソリューションの統合により、お客様は設備投資を削減でき、既存システムの運用改善と、業界のリーディングベンダーである両社が提供する優れたソリューションを享受することが可能になります。両社は、互いに補完する製品の販売も含め、グローバルな市場展開を進めていくことも検討してまいります。また、両社は富士通の「ETERNUS」とネットアップの「Vシリーズ」との統合ソリューションを提供してまいります。本ソリューションの提供は、ストレージに関する管理と効率性において、メリットと機能的拡張をお客様にもたらします。また、お客様の運用を実質的に変更する必要がないため、既存の投資を保護することが可能です。富士通の高性能なETERNUS DX400と、ネットアップの業界をリードする Vシリーズ製品を完全に統合した最初のソリューションが、すでに公共機関のお客様に導入され、ITサービスの完全なアウトソーシングの一環として大きなメリットをもたらしています。

先進的なサービス
両社のストレージに関して広範なスキルを持つサービスプロフェッショナルがお客様やパートナー様を支援する新たなパートナーシップを推進します。両社は、コンサルティングからプロフェッショナルサービス、マネージドストレージサービス、さらにはメンテナンスサービスの共同ポートフォリオを開発し、提供してまいります。このサービスポートフォリオの提供にあたっては、両社の認定資格を持つストレージ専門家チームや、ダイナミック・インフラストラクチャを提供できる両社の能力を活用します。

富士通について
富士通は、ITを基盤とするビジネスソリューションをグローバル市場向けに提供する大手プロバイダです。70カ国で約175,000人の従業員がお客様をサポートし、システムおよびサービスの専門技術を備えた世界中の企業を傘下に収めています。信頼性に優れたコンピューティング製品や通信関連製品、および先進的なマイクロエレクトロ製品により、お客様に付加価値を提供します。東京に本拠を置く富士通株式会社(TSE:6702)は、2009年3月31日を期末とする会計年度の連結売上高が、4兆6,000億円(470億USドル)でした。詳細はwww.fujitsu.comをご覧ください。

Fujitsu Technology Solutionsについて
Fujitsu Technology Solutions は欧州の大手ITインフラストラクチャプロバイダであり、欧州、中東およびアフリカ、インドのあらゆる主要市場で、さまざまな規模の企業および消費者向けにビジネスを行っています。ダイナミック・インフラストラクチャの手法に基づき、クライアントソリューションからデータセンターソリューション、マネージドインフラストラクチャ、サービスとしてのインフラストラクチャまで、IT製品、ソリューション、サービスの完全なポートフォリオを提供しています。Fujitsu Technology Solutionsは10,000人以上の従業員を抱え、グローバルな富士通グループの傘下に入っています。詳細はts.fujitsu.com/aboutusをご覧ください。

ネットアップについて
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高める、ストレージとデータ管理ソリューションを提供しています。詳細に関しては、www.netapp.com/jpをご覧ください。

Forward-Looking Statements
In addition to historical information, this document contains certain forward-looking statements within the meaning of Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended, and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. The forward-looking statements contained herein represent NetApp's beliefs regarding future events, many of which are, by their nature, inherently uncertain and outside NetApp's control. Forward-looking statements include, but are not limited to, statements regarding NetApp's market opportunities and competitive strengths as well as its strategies, plans, and objectives and other statements that are not historical facts.

NetApp cautions readers that the forward-looking statements contained herein are subject to risks and uncertainties that could cause actual results to differ materially from the results anticipated by such statements. Important factors that could cause actual results to differ materially from those in the forward-looking statements include the adverse global economic and market conditions, risks associated with the anticipated growth in network storage and content delivery markets, NetApp's ability to deliver new product architectures and enterprise service offerings, and other important factors as described in NetApp's reports and documents filed from time to time with the Securities and Exchange Commission. NetApp disclaims any obligation to update and revise the forward-looking statements contained in these materials based on new information or otherwise.