中堅企業向けストレージ製品群「FAS2000シリーズ」の新製品「FAS2040」を提供開始

~ 既存モデルと比較し、スループットを2倍向上、容量を30%拡大 ~~ 同時にエントリーモデルの「FAS2020」の価格引下げも実施 ~

2009年9月17日- ネットアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:タイ・マッコーニー)は、中堅企業向けストレージ製品群「FAS2000シリーズ」の新製品として「FAS2040」を本日より提供開始します。「FAS2040」は、既存の「FAS2050」の最大容量(104TB)と比較して約30%容量を拡大し、最大136TBまで拡張可能で、「FAS2000シリーズ」において最大の容量拡張性を備えています。また同時に、エントリーモデル「FAS2020」の価格改定を実施し、最新の最小パッケージ構成である3TB構成で比較して従来の約半額に引き下げて提供します。

「FAS2040」は、搭載メモリを8GBに拡張しCPUの性能が向上したことで、「FAS2050」と比較しておよそ2倍のスループットを実現しています。高さ2Uの筐体に、4つの4Gb/秒 FCポート、8つの1Gb Ethernetポート、2つのオンボードSASポートを搭載し、iSCSI、FC、NFS、CIFSのマルチプロトコル対応により柔軟性に優れたストレージシステムの構築を可能にします。2009年末に提供開始が予定されている次世代ストレージOS「Data ONTAP 8」に対応し、コスト要求の厳しい中堅企業や、仮想化技術を利用したMicrosoft Windows環境におけるシステム統合に最適なストレージ製品です。

不安定な経済環境の昨今、企業活動の急激な変化に対応できる柔軟なITシステムの構築が中堅企業においても不可欠となっており、その解決策としてクラウドコンピューティングや仮想化技術の利用が注目されています。「FAS2040」では、クラウドコンピューティングや仮想化によるシステム統合で求められる高いパフォーマンスと拡張性を低価格で実現しています。運用管理機能やデータマネージメント機能を大幅に強化する次世代のストレージOS「Data ONTAP 8」にも対応しており、IT専門の組織やスタッフの充分な確保が難しい中堅企業においても、効率的で安全なストレージシステムの運用が可能となります。

最大の容量拡張性を備えたモデルの追加と低価格化による「FAS2000シリーズ」の強化で、これまで以上に広範囲の中堅企業に、信頼性、拡張性、運用管理性に優れたネットワーク・ストレージ・システムを提供して参ります。

<FAS2040製品仕様>

FAS2040
最大ストレージ容量 136TB
システムあたりの最大ディスクドライブ数 136
搭載メモリ 8GB
対応ストレージプロトコル FC、iSCSI、NFS、CIFS

<提供開始時期>
2009年9月17日より

<価格>
ネットアップのFAS2020およびFAS2040は、正規販売代理店を通じて販売されます。

機 種 参考価格(税抜) 最小パッケージ構成
NetApp FAS2020 1,346,000円 3TB (500GB、SATAディスク x6)
NetApp FAS2040 2,517,000円 3TB (500GB、SATAディスク x6)

<製品イメージ>
FAS2020およびFAS2040の製品イメージは下記サイトからダウンロード可能です。
http://www.netapp.com/jp/company/news/product-photos-ja.html