日本ネットワーク・アプライアンス、ハイエンド・ストレージ新製品 「FAS6080」および「FAS6040」を提供開始

モジューラ型ストレージ・システムで初めて1ペタバイトの最大容量を実現、基本性能も大幅に向上

2007年12月19日 - 日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大家 万明、以下ネットアップ)は、ユニファイド・ストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品「FAS6080」および「FAS6040」を提供開始します。新製品は従来製品とほぼ同等の価格帯を維持したまま、ストレージ容量を最大で2倍以上に拡大し、データ転送速度や処理性能などの基本性能が大幅に向上しています。これにより、企業は大規模なストレージ統合を拡張性および柔軟性に優れたストレージで実現し、柔軟なデータ活用のための情報管理基盤を構築することが可能となります。「FAS6080」の最大ストレージ容量は、モジューラ型ストレージ・システムでは初めて1ペタバイト(PB)を超える1.176PB、「FAS6040」の最大ストレージ容量は840テラバイト(TB)です。最小パッケージ構成の参考価格は、「FAS6080」が3,455万円(税別、最小構成時)から、「FAS6040」が2,239万円(税別、最小構成時)からです。

注1)ユニファイド・ストレージ:ファイルアクセスとブロックアクセスの2つの形態を同時に利用でき、UNIX®、Linux®、Windows®が混在している環境でも全てのデータを単一のストレージ・インフラで管理することができます。

■1PBを超えるストレージ容量
「FAS6080」および「FAS6040」は、長所の異なるFCディスクおよびSATAディスクを組み合わせて構成できるモジューラ型ストレージ・システムです。アクセス頻度の高いデータを高性能で信頼性に優れたFC(Fibre Channel)ディスクに格納し、保存を目的としたバックアップデータなど性能を最優先としないデータは大容量かつ低コストなSATA(Serial ATA)ディスクに保存するなど、ユーザーの用途に応じた柔軟な使い方ができます。特に、「FAS6080」はモジューラ型ストレージ・システムとして初めて1PBを超えるストレージ容量を実現しています。オンラインのままシステムを停止せずに最大1,176台までディスクを増設することができます。企業活動の拡大や日本版SOX法への対応などで爆発的な勢いで増大しているデータを抱える企業は、安定性および信頼性に優れた大規模なストレージ・システムを柔軟に低コストで構築することが可能となります。

■基本性能の向上
「FAS6080」および「FAS6040」は、ハイエンド製品に求められる厳しい要件に対応するよう基本性能を向上しています。毎秒4ギガビット(4Gbps)の転送速度を持つファイバチャネル・インターフェイスを標準で搭載し、I/O拡張ポート数も16ポートから最大24ポートに増強されました。「FAS6080」ではコントローラ用のCPUも従来製品の2倍の16コア(デュアルコアx8)となり、データ転送速度および処理性能が大幅に向上し、複雑な機能をさらに高速で処理することが可能となっています。

■ストレージ専用OS「Data ONTAP®」の最新版搭載
「FAS6000シリーズ」は、ストレージ専用OS「Data ONTAP®」の最新版を搭載しています。最新版では1TBのSATAディスクがサポートされ、モジューラ型ストレージ・システムの利点を活かし、さらに低コストで大容量のデータ保存が可能となります。

ネットアップのストレージ・システム「FASシリーズ」は、全ての製品に「Data ONTAP」が搭載され、ネットアップ製品間の完全な互換性が確保されているため、従来製品からのアップグレードやFAS200シリーズ およびFAS3000シリーズからのアップグレードが簡単に行えます。さらに、「Data ONTAP」はストレージ管理を最適化するさまざまな機能を備えており、お客様の抱える課題に応じた情報活用基盤の構築を実現します。
最高レベルの容量とパフォーマンスを実現した「FAS6080」と「FAS6040」により、運用管理コストの削減や企業内の情報連携が必要なお客様の環境において、大規模なストレージ統合を実現させるだけでなく、基幹業務システムやアプリケーションからの情報データ活用をさらに推し進め、企業の競争力強化を支援します。ネットアップは、今後も重要なデータ資産に対して&112289;安定性および信頼性に優れた情報管理基盤を提供し、データ資産を柔軟に効率良く活用するニーズに幅広く対応していきます。

<主な製品仕様>

FAS6080
FAS6040
最大ストレージ容量
1,176TB
840TB
システムあたりの最大ディスクドライブ数
1,176
840
搭載メモリ
64GB
32GB
対応ストレージプロトコル
FCP、iSCSI、NFS、CIFS

<提供開始>
2007年12月19日より

<価格>
ネットアップのFAS6000シリーズは、正規販売代理店を通じて本日より発売されます。

機 種
推奨最小構成
参考価格(税抜)
NetApp FAS6080 2TB (144GB, FCディスク x 14)
34,554,540円
NetApp FAS6040 2TB (144GB, FCディスク x 14)
22,394,540円

*価格は構成・条件等により異なります。

以上