ぷららネットワークスが新ユーザ認証データベースシステムに「NetApp FAS3000」を採用

NASシステムとOracleデータベースの組み合わせで運用管理の簡素化と高性能化を同時に実現

2006年12月21日 - 日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:タイ・マッコーニー、以下ネットアップ)は本日、インターネット・サービス・プロバイダ「ぷらら」(http://www.plala.or.jp/)を運営する株式会社ぷららネットワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二)が、同社の会員を対象とした認証データベースの新システムにネットアップのストレージシステム「NetApp FAS3000」シリーズを採用したことを発表します。ぷららネットワークスでは新システムの導入により、運用管理の簡素化とユーザ認証やバッチ処理の高速化を同時に実現しました。

今回新たに構築されたユーザ認証データベースシステムは、UNIXサーバと「NetApp FAS3000」、「Oracle Database 10g Enterprise Edition」および「Oracle Real Application Clusters (RAC) 」の組み合わせで構成されています。従来、利用者拡大に伴うユーザ認証数の増大を考慮して構築したハイエンドUNIXサーバとFC-SAN (Storage Area Network) を組み合わせたシステムでは、SAN運用に高度な管理スキルが必要であると同時にそれに伴う運用費用の増大が課題となっていました。ぷららネットワークスでは、200万人を超える会員のインターネット接続を支えるユーザ認証データベースシステムにおける運用管理の簡素化と性能向上を目的に新システムへの移行を検討し、管理が容易で高性能なNAS (Network Attached Storage) の採用を決定し、「NetApp FAS3000」シリーズを導入しました。本システムは本年10月より本格稼動を開始しています。

新システムではストレージシステムをFC-SANからNASに移行することで、ファイルシステムとしてデータへのアクセスが可能になり、ストレージに特化した特別な知識を必要としない容易な運用管理を実現しました。また、読み出し書き込みの高速化により、1秒間に処理できるユーザ認証数が従来システムより3倍以上に向上しています。同時にユーザ認証ログのバッチ処理にかかる時間も、従来までと比較して約4分の1まで短縮しています。

なお、今回導入された「NetApp FAS3000」はクラスター構成で総容量は4テラバイト、RACは2ノード構成となっています。

今後ネットアップでは、現在ぷららネットワークスで計画中の次期データベース構想におけるストレージプラットフォームの提供を通じて、同社のインターネットサービスの品質向上に貢献していく方針です。

株式会社ぷららネットワークスについて
ぷららネットワークスは、2005年12月に創立10周年を迎えた、会員数223万人(2006年9月末)のインターネット&112469;ービス・プロバイダ(ISP)です。インターネット接続をはじめとする従来のプロバイダ・サービスに加え、テレビで試聴する映像配信サービス「4th MEDIA(フォースメディア)」など付加価値の高いサービスを提供し、「ブロードバンドサービス・プロバイダ(BSP)」としてビジネスを展開しています。

ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージソリューションを提供するリーダーベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップ社は、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップのソリューションおよびサービスに関する情報については、www-jp.netapp.com をご覧ください。

NetApp、はNetwork Appliance, Inc.の登録商標です。Network Appliance、米国およびその他の国におけるNetwork Appliance, Inc.の商標です。その他のすべてのブランドおよび製品は、それを所有する各社の商標または登録商標であり、相応の取扱いが必要です。