ネットワーク・アプライアンス社、新しいミッドレンジSANシステム、ソフトウェア、サービスを発表

ネットアップの独自メリットを活かし、データセンター分野でのリーダーシップを継続へ

2006 年 11 月 8 日 - Network Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)は米国時間11月7日、企業内データセンター向け製品のラインナップを拡充する新たな製品、機能拡張およびサービスを発表しました。今回発表されたのは、ミッドレンジストレージ・プラットフォームの新製品NetApp FAS3070およびV3070(注)シリーズ、ファイバチャネル・ストレージエリアネットワーク(FC-SAN)の性能強化、NetApp®マネージャビリティ・ソフトウェア・ファミリーの機能の大幅な向上と拡張、および新しいプロフェッショナルサービスです。新製品を投入することで、高性能SANソリューションとアプリケーションの稼働時間の最大化を求めるお客様の業務ニーズに対応し、データセンターにおけるデータ/ストレージ管理を容易にします。

ネットアップでは本年5月にハイエンドのFAS6000シリーズと関連ソフトウェアやサービスを発表しています。今回、競合他社との比較において最高レベルの柔軟性、可用性、メリットをお客様に提供するため、再びラインナップを拡充しました。本日発表した内容は以下の通りです。

ストレージシステム
FAS3070とV3070の各ストレージシステムは、最大252テラバイト(TB)の拡張性、アプリケーションの可用性向上、4Gb FC SANと10GbE iSCSIの両方に対応する統合ストレージ、業界をリードするNAS機能を提供するミッドレンジ製品です。ハイエンドのSAN性能とデータ管理機能をミッドレンジ価格で利用したいと考えている企業に最適です。

FAS3070は、EMC社のCLARiiON CX3-80に対抗する製品です。またHP社「StorageWorks EVA8000を上回る拡張性と機能を備えています。独立系のテスト機関Veritest社が実施したベンチマークによると、OLTP作業負荷に対するFC SAN性能では、FAS3070がEMC CX3-80を上回っています。また、FAS3070はEVA8000やCX3-80と異なり、オーバーヘッドが小さいダブルパリティRAID 6(RAID-DP™)、高性能スナップショット、シンプロビジョニング(書き込みに基づいて動的にディスクを割り当てる技術)などを採用しており、FC-SAN、IP-SAN、NASの各アプリケーションにも対応しています。データ移行、再トレーニング、プロセス変更を行うことなく、設置済みのモジュールコントローラを簡単にアップグレードでき、さらに完全に互換性のあるハイエンドのFAS6000シリーズに簡単に移行できるというメリットも提供します。これに対してEMC社とHP社のシステムでは、システムのアップグレードにはハードウェアやソフトウェアの総入れ替えに加え、時間も手間もかかるデータ移行も必要です。

ネットアップは、FAS3050とFAS6030の中間に位置する製品としてFAS3070を提供し、性能や拡張性に固有のニーズに応えます。

ネットアップのミッドレンジおよびハイエンド製品を比較すると以下の通りとなります。


FAS3050 / V3050 FAS3070 / V3070 FAS6030 / V6030
アーキテクチャ 32-ビット 64-ビット 64-ビット
メモリ 8GB 16GB 32GB
拡張スロット 6 x PCI-X 6 x PCIe 10 x PCIe
6 x PCI-X
統合I/O 8 x 2Gb FC
8 x GbE
8 x 4Gb FC
8 x GbE
16 x 2Gb
FC 12 x GbE
最大ディスクドライブ 336 504 840
最大ストレージ容量 168TB 252TB 420TB


FC SANの機能強化
FC SANについては、マルチパスと4Gb SANインフラのサポートを強化しました。また、Brocade社のSilkWorm 4900、SilkWorm 48000および新しいブレードのほか、Cisco MDS 9513、QLogic 5600/5602といった広範なスイッチに対応し、SANソリューションのラインナップを拡充しています。第三者機関が実施した数々のTCO調査により、ネットアップによる業界最高のSAN TCO削減率が実証されています。また、ネットアップのSANソリューションが競合他社製品よりもビジネスアプリケーションの稼働率が高いという顧客データの分析結果も出ています。

ソフトウェア
ネットアップでは、データセンターのお客様のビジネス価値向上を支援するため、生産性と柔軟性の向上を実現する強力な機能とコンポーネントを備えたNetAppマネージャビリティ・ソフトウェア・ファミリーを提供しています。今回、ビジネスアプリケーション・キャンペーンの一環として、SnapManager® for OracleとSnapManager for Exchangeの最新バージョンを発表しました。これらの製品はアプリケーション環境に最適なデータ保護機能とクローニング機能を搭載しています。また、ファイル管理をサポートするVirtual File Manager Enterprise Editionの最新バージョンをリリースしたほか、ファイル移行とファイル&220849;有の両方を支援する新製品Virtual File Manager Migration Editionも発表しました。

ネットアップのディスクツーディスク環境に最適な自動バックアップ/複製管理をサポートするProtection Manager™も発表されました。本製品はポリシーベースの管理機能を搭載し、データセンター、リモートオフィス、災害復旧サイトでの完全なデータ保護のほか、時間のかかる手動マッピングの排除、第2および第3のストレージリソースの手動管理に伴うコストの削減などを実現することができます。

さらに、ストレージリソース管理(SRM)、パフォーマンス管理、ポリシー管理およびプロビジョニングなど、異機種混在のSAN環境に最適な各種機能を搭載したソフトウェア「NetApp CommandCentral™ Storage by Symantec」も投入しました。これまで、ITおよびストレージ管理者は多数のツールを使用する必要がありましたが、このソフトウェアを導入すれば、最小限のツールで全体を把握し、ストレージに関する戦略的な意思決定を的確に行えるようになります。また、異種混在環境でストレージやSANを簡単にプロビジョニングできるだけでなく、自動監視/警告機能によってデータ可用性を高めることも可能になります。

サービス
Exchange、SQL、Oracleの各ソリューションの設計、導入、移行、最適化をサポートする新たなプロフェッショナルサービスを既存のサービスラインナップに加えたことも発表しました。NetAppグローバルサービスとそのパートナーネットワークが提供するこれらの新しいサービスにより、理想的なストレージソリューションを導入して、ビジネスアプリケーションを最大限に活用することが可能になります。また、ネットアップが長年に渡って蓄積してきた「青写真」やノウハウをさまざまな環境で活かし、新しいプラットフォームへのアップグレードおよび移行、データの統合、ビジネス継続性の最適化などを迅速かつ経済的に行えるようになります。ベストプラクティスに基づいてソリューションを設計および実装できるように訓練を受けたネットアップ認定のNetAppグローバル・サービス・パートナーがこれらのサービスを提供します。新しい設計・実装サービスは、Exchange実装サービス、SQL実装サービスおよびOracle実装サービスです。

ネットアップはまた、自動化されたリモートサポートサービスへの移行を進めており、その一環として次世代のAutoSupportを発表しました。これは問題が発生する前に警告を発し、高度なサポートと的確な診断を提供するサービスです。ネットアップがログを毎週チェックしてシステムの状態を確認し、問題がある場合にはその改善策を通知するシステムになっています。

価格および出荷開始時期
本日発表の各製品は正規販売代理店を通じて発売されます。それぞれの参考価格および販売開始時期は以下のとおりです。


製品名 参考価格(税別) 販売開始
NetApp FAS3070(最小構成) 23,489,000~ 本日より
SnapManager for Exchangeライセンス 1,425,000~ 2007年1月予定
SnapManager for Oracleライセンス 47,5000~ 2007年1月予定
Virtual File Manager Enterprise Editionライセンス 380,000~ 本日より
Virtual File Manager Migration Editionライセンス 152,000~ 本日より
Protection Managerライセンス 95,000~ 2007年1月予定
NetApp CommandCentral Storage by Symantecライセンス 3,800,000~ 2006年12月予定


(注)V3070を含むV-Series製品は現段階では日本で販売しておりません。

ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージソリューションを提供するリーダーベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップ社は、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、http://www.netapp.com/jp をご覧ください。

NetApp、Network ApplianceのロゴおよびSnapManagerは Network Appliance, Inc.の登録商標であり、Network Appliance、Protection Manager、RAID-DPおよびVirtual File Managerは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。