ネットワーク・アプラインス社とIBM社世界最高クラスのオンライン・トランザクション処理性能を実現

NetApp®ストレージ・システム、X3アーキテクチャを採用したIBM xSeriesに Microsoft SQL Server 2005を稼動させた組み合わせがTPC-C Benchmarkで驚異的な記録を達成

2005 年 12 月 07 日(米国カリフォルニア州サニーベール発) - Network Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)は本日、ネットアップ社が提供するファブリック接続型ストレージ(FAS)システムと Intel® Xeon® プロセッサ搭載の IBM® eServer® xSeries® 460 サーバによるクライアント・サーバ・システムが TPC-C Benchmark™で驚異的な記録を達成したことを発表しました(www.tpc.org/results/individual_results/IBM/ibm.x460.tpc-c.5.5.es.112205.pdf を参照)。

NetApp 社と IBM 社が実施した今回のベンチマークテストにより、NetApp 社のストレージ・ソリューションが、エンタープライズクラスのオンライン・トランザクション・プロセッシング(OLTP)ワークロードに対応し、特にストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)環境で優れたスケーラビリティを発揮できることが証明されました。

今回の TPC-C ベンチマークテストは、ネットアップ社のストレージ・システム、コアあたり 2MB の L2 キャッシュを搭載した最新のデュアルコアプロセッサ Intel Xeon Processor 7040(動作周波数3.00GHz、16 プロセッサ/32 コア/64 スレッド)搭載のIBM xSeries 460、Microsoft® SQL Server™ 2005 Enterprise Edition ※1 を組み合わせて実施されました。16 プロセッサで構成された Xeon プロセッサベースのシステムが TPC-C Benchmarkで 492,307 tpmC を記録し、6.37 米ドル/tpmC という優れた価格性能を達成したことは大きな成果です。

NetApp 社プロダクト・パートナー担当バイスプレジデント、パトリック・ロジャースのコメント:
「今回のベンチマークテストは、IBM 社、Microsoft 社の両社とパートナーシップを結んでいる当社にとって画期的かつ重要なマイルストーンとなりました。1分間に 492,000 トランザクション以上という TPC-C Benchmark の結果により、当社の統合ソリューションが大規模なトランザクション処理アプリケーションにも対応できる高い拡張性を備えていることを明らかにすることができたからです。また、データ管理の効率化を実現する当社のストレージ・システム、SQL Server 2005、IBM X3 アーキテクチャベースサーバを連携させれば、生産性とパフォーマンスが向上し、これまでにない大幅なコスト削減が可能になるということも示すことができました」。

IBM 社 eServer xSeries 製品担当バイスプレジデント、Leo Suarez 氏のコメント:
「当社のエンタープライズ X アーキテクチャサーバは、これまでにも TPC-C Benchmarkで数々の記録を更新してきましたが、1 分間に 492,307 トランザクションを超える性能を発揮したことはありませんでした。今回のような高い処理性能を実現できたのは、NetApp 社のストレージ・サブシステムのおかげと言っても過言ではありません。つまり、同社のストレージ・サブシステムを当社のサーバに導入すれば、各種のストレージ技術を活用して大きな成果を上げることができるのです」。

Microsoft 社 SQL Server 部門製品シニアマネージャー、ドン・ピーターソン氏のコメント:
「当社の SQL Server 部門では、NetApp 社と IBM 社の協力を得て TPC-C Benchamarkで驚異的な記録を達成できたことを嬉しく思っています。今回のベンチマークテストで得られた最大の成果は、NetApp 社、IBM 社、ならびに当社が提供している製品がこのような高い性能を備えているということを証明できたことです。また、これらのソリューションを組み合わせれば、エンタープライズクラスの性能を SQL Server 2005 環境でも利用できるということを示すこともできました」。

SQL Server 2005 をサポートする NetApp グローバル・サービス
SQL Server 2005 への移行を考えている企業ユーザーに補完的なサービスを提供する NetApp グローバル・サービス(NGS)では、ストレージ戦略の評価・策定・実施を支援し、コスト、複雑さ、リスク、変更など、SQL Server サーバ環境の拡張に伴うさまざまな問題を解決するサポートを行っています。また、SQL Server 環境におけるデータの合理化に対する設計、移行、統合にいたるすべてのプロセスに有効な先進技術や手法、ノウハウを提供し、投資収益率(ROI)の向上と総所有コスト(TCO)の削減を支援します。NGS が提供するサービスにより、社内リソースの効率的活用、データベース稼働時間の最大化、性能要件への対応が可能になるほか、データの移行やインフラのアップグレードに伴う混乱を最小限に抑えることができます。NGS はその他にも、SQL Server 2005 に特化した次のようなストレージ・サービスを提供しています。

  • SQL Server ストレージ統合サービス:
    レイアウト修正によるデータベースの性能向上や、将来の拡張ニーズに合わせたストレージ・サイズの変更をサポートする設計ドキュメントを提供しています。
  • バックアップ/リカバリ・サービス:
    オンライン・バックアップとセカンダリ・ストレージへのディスクベース・バックアップを支援する SQL Server サービスを提供しています。また目標復旧時点(RPO)と復旧目標時間(RTO)の最適な設定をサポートする設計および導入サービスも用意しています。

NGS が提供するドキュメンテーションは、リスクの最小化のほか、メンテナンス時の効率的な変更管理に役立ちます。SQL Server をサポートする NGS に関する詳細は、 http://www.netapp.com/support/をご覧ください。

以上

※1 このシステムは2006年5月20日出荷の予定です。

ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップ社は、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。 ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、www.netapp.com および www.netapp.com/jp/をご覧ください。

NetApp、ネットアップ社のロゴおよびデザインは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の登録商標であり、Network Applianceは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

1995 年米国私募証券訴訟改革法における「セーフ・ハーバー」条項
このプレスリリースには、1995 年米国私募証券訴訟改革法に定められた範囲内で、予測に基づく記述を含んでいます。これらの記述には、ネットアップ社に有益な市場および市場動向、同社製品に対する顧客の継続的な支持、および「今後の見通し」に関する記述が含まれます。予測に基づく記述はリスクまたは不確実性を伴い、実際の結果とは異なる可能性があります。弊社の目標達成に影響を及ぼす要因には、ストレージおよび関連製品に対する消費傾向を含む一般経済情勢のほか、市場ニーズに対応した新しい製品アーキテクチャおよび製品提供、価格・性能面に優れた製品開発における内在リスクなどが含まれます。その他、ネットアップ社が米国証券取引委員会に定期的に提出しているレポートやドキュメント(最新の 10-K および 10-Q を含む)に記載されている重要な要因も含まれます。