Storage Management Initiative Specification(SMI-S):NetApp SMI-Sプロバイダ

snia-smi-logo-110x70.jpg

NetApp® Data ONTAP®オペレーティングシステムは、Storage Management Initiative Specification(SMI-S)をサポートしています。

Storage Networking Industry Association(SNIA)は、Storage Management Initiative(SMI)およびその仕様(SMI-S)の発展および管理に対して責任を負い、異機種混在ストレージシステムの相互運用可能な管理を実現することを目的としています。

ネットアップによるSMIへの参加

ネットアップは1998年以来SNIAの加盟企業として活動しており、SNIAのSMIでは発足当初から理事会に議席を有しています。 ネットアップは、SMI関連のさまざまな技術作業部会やSMI-Labプラグフェストに積極的に参加するなど、SNIAのSMI-Sに関する幅広い活動に参加しています。

SMI-Sに対するネットアップのサポート

NetApp Data ONTAP SMI-S Agentは、SNIAのSMI-S仕様の準拠に関する認定を受けています。 当社のSMI-Sプロバイダは、Windows Server®、Hyper-V、およびLinuxの各管理者によるストレージ管理を簡素化します。 また、ネットアップストレージを対象とした管理の統合、Microsoft® Azure Site RecoveryとSnapMirror®によるプライベートクラウドまたはAzureへのSANレプリケーション、その他多くのストレージ管理機能を実現しています。

Azure Site Recovery with SAN Replicationによって、セカンダリプライベートクラウド、またはMicrosoft Azureに接続されているNetApp Private StorageへのHyper-V DRを実現する方法の詳細をご確認いただけます。

ネットアップストレージシステムでのSMI-Sサポートの活用 —Data ONTAP SMI-S Agentをダウンロードする

ホワイトペーパー:『Azure Site Recovery with SAN Replication to NetApp Private Storage for Microsoft Azure』をダウンロードする PDF

snia-smi-logo-110x70.jpg