Internet Engineering Task Force (IETF)

IETF (Internet Engineering Task Force) (英語) は、インターネットアーキテクチャの発展とインターネットのスムーズな運用に関心のあるネットワーク設計者、オペレータ、ベンダ、および研究者で構成される、大規模で国際的なオープンコミュニティです。興味のある方なら、誰でも IETF に参加できます。IETF の使命については、RFC 3935 (英語) に文書化されています。

NetApp の参加状況
NetApp は、特に NFSv4 に関して、IETF に積極的に参加しています。具体的には、NetApp の代表者は次の役割を果たしています。

  • NFSv4 working group (英語) の共同議長
  • NFSv4 仕様の共同著者
  • NFSv4.1 仕様のドキュメント編集者
  • NFSv4.1(pNFS を含む)仕様の著者
  • SPKM(Simple Public Key Mechanism)普及の推進
  • Remote Direct Data Placement の仕様作成への協力
  • IPS(iSCSI)の仕様作成への協力
  • 各種文書の編集者および IPS (iSCSI) 仕様作成への協力