共有ITインフラを構築してITの将来に備える

誰でも知っているとおり、 共有するのは良いことなのです。しかし、この教訓を実践している人はほんのわずかです。多くの人々は、自分だけのIT環境を運用しています。アプリケーション、プロジェクト、クライアントの間でデータセンターのリソースを共有することに躊躇している人が多いのです。これは非常に残念なことです。

今こそ、厳しい現実を見据えた対処が必要です。会社のITインフラを重視する場合でも、ビジネスの収益成長を重視する場合でも、新たなチャンスを獲得し、競争圧力に対応し、常に進化するお客様の要望を満たすために、すばやく前進できる体制を整えると同時に、可能な限り効率を高める必要があります。今日のビジネスやデータの速度に後れを取らず、将来に備える最善の方法は、仮想インフラを共有することです。

共有ITインフラでは、同じハードウェアで複数の作業負荷を運用できるため、ITの統合を実現し、コストを大幅に削減できる可能性があります。たとえば多くの場合、ストレージとデータの管理は、IT予算のかなりの部分を占めます。複数のユーザーが共通のリソースプールを共有できるようにすれば、ストレージインフラとデータ管理のコストを削減できます。共有ITインフラはリソースの利用率を高め、次のようにさまざまな点で運用効率を向上させることができます。

「私たちは共に前進するテクノロジとしてNetAppに注目しました。NetAppのテクノロジによって、柔軟性を高め、コストを削減し、運用コストを抑えることができます。これはビジネスを成長させ、お客様に対するサービスを改善するための正しい投資と言えるでしょう」
- Gary Clark 氏、
Snap-tite
  • より迅速で拡張性の高いITサービス
  • アーキテクチャの柔軟性と応答性の強化
  • 迅速なアプリケーション配信
  • 全体的な導入および管理コストの削減
  • 生産性の向上
  • ビジネスとITの優先事項の連携の簡易化

Snap-tite 社はインフラを刷新したのと同時に、成長と発展を容易に達成できる柔軟性を獲得しました。新しいFlexible ITインフラにより、Snap-titeは勤務時間を短縮し、以前より多くのチャンスを獲得できるようになりました。同様に、BT は、NetAppソリューションをベースとした柔軟性のある共有ITインフラを構築することで、利用率の200%アップを達成し、新しい市場チャンスを獲得する体制を整えることができました。

将来に備えるときです
この機会に「通常業務」を見直してみませんか。

予想される成長とデータの爆発的な増大に対応するために、さらに多くの容量を確保しなければならない状況の中、従来のアーキテクチャでは、実際に必要なストレージの実に10倍もの容量を無駄遣いしていることがあります。テクノロジの進化により、まったく新しいビジネス手法でITとビジネスの柔軟性を高め、応答性を強化し、効率を高め、動的な運用を実現することが可能になりました。今こそ、時間、コスト、リソースの無駄遣いを止めるときです。無駄にしていたリソースを活用して、ビジネスの戦略的なニーズに対応できます。最終的に、こうした見直しが、ほとんどのITのパフォーマンスを評価する上で主要な指標になるはずです。

柔軟性と効率性を簡単に高める
誤解しないでください。仮想インフラの共有は、目新しいアイデアではありません。共有ITインフラは、サービスとしての IT(またはクラウド[1] コンピューティング)の基盤となっています。この共有インフラは総合的な顧客向けソリューションの一部であり、共有ストレージのほか、NetAppとBMCCiscoIntelVMware などのソリューションパートナーやテクノロジパートナー(1)が提供する仮想化ソフトウェア、サーバハードウェア、ネットワーク・コンポーネント、管理コンポーネントなどが含まれます。 新しいのは、次のように、より柔軟で効率的な共有 IT インフラをさらに簡単に配信できるようになったという点です。


ITとビジネスの連携により成功を引き寄せる
多くの企業では、ITが成功要因ではなく足かせになってしまっています。これは、対応に時間がかかりすぎるからです。

  • お客様は御社が提供しているサービスに満足していますか?
  • お客様が求める速度で迅速に対応できますか?
  • ITが競争力のある真の武器となり、迅速に対応できていますか?
「私たちは、SAP Business ByDesignの配信、サポート、ホスティングのために、信頼性、迅速さ、柔軟性を備えたインフラを必要としていました。パートナーであるNetAppの協力を得て、これらの課題を克服することができました」
- Bernd Himmelsbach 氏、

これは、ITインフラが目指す柔軟性とスピードの一例と言えるでしょう。それほど遠くない将来について考えた場合、より多くのビジネスを加速させ、競争力を獲得または維持するために使用できるツールとして、ITが浮上してきます。ITを正しく整備すれば、すばやく俊敏な企業体制を整え、常に変化するビジネスニーズに機敏に対応することができます。

ITリソースを共有することで、システム、ソフトウェア、ストレージ、ネットワーキング、ITスタッフを集約し、複数の人員、プロジェクト、組織をまたいでリソースを割り当てることができます。標準化されたインフラを獲得し、ベストプラクティスや共通のプロトコルを利用できるようになります。また、トレーニング、管理、ITサービスなどの重要な作業も最適化できます。

基本的に、サイロベースのアーキテクチャを一掃することにより、柔軟性が増し、常に変化するビジネスニーズにすばやく対応できるようになります。これは、IT as a Utility Service(ユーティリティサービスとしてのIT)と言えます。情報とデータを分割するのではなく、ハードウェアやソフトウェアのリソースをオンデマンドで適用することで、特定の用途や部署のニーズを満たすことができます。

「NetAppとMicrosoftの統合テクノロジを導入し、コスト効率の高いエンタープライズクラスのDR、クラスタ・フェイルオーバー、バックアップとリカバリサービスを組織に提供することで、以前は得られなかった新たな収益源を獲得しつつあります」
- Robert Bye 氏、
nGenX

オンデマンドITサービス業界の先駆者であるnGenXは、NetAppソリューションにより、32%の年間成長率を達成し、Hyper-V™環境で使用するストレージを50~60%、サポートコストを40%削減しました。同時に、複数の顧客が同じ物理ストレージインフラにアクセスできるようにしました。さらに、厳しいサービスレベル契約を満たす最高レベルのセキュリティと速度、信頼性の高いデータバックアップとリカバリも実現しています。 また、Sensisでは、5年間にIT全体で47%のコスト削減を達成しながら、市場投入期間を短縮しています。


「新しい製品やサービスを迅速に市場に投入できるようになりました。つまり、組織がより動的になり、応答性、柔軟性が高まったことで、新しい成長のチャンスを獲得できるようになったのです。また、この柔軟性により、ストレージの拡大が必要になったときに迅速にスケールアップできるため、常に需要曲線を先取りして対応できます」
- Grainne Kearns 氏、
  Sensis

ITの将来に備えていますか?
共有ITインフラを再構築するには、新たな選択基準が必要です。こうした新しい基準は、今日のビジネスが必要とする魅力的な経済力と応答時間を達成するために必要不可欠です。完全な共有ITインフラを実装する準備が整っていない場合や、特定のプロジェクトやアプリケーションの購入のみを検討している場合でも、こうした新しい購入基準があれば、現在最も需要が高いアプリケーションのサポートから将来のオンデマンドサービス配信モデルへと会社の基盤を安心して移行できます。これらの重要なポイントで配信されるソリューションは、ビジネスをより迅速に推し進めるために必要な柔軟性、効率、および将来の成長に備えた基盤を提供します。

共有ITインフラの購入基準

  • スケールアップとスケールアウト。 パフォーマンスと容量をオンデマンドで拡張
  • Storage Efficiency. 組み込みの効率性をあらゆる段階に
  • インテリジェント・キャッシング。 作業負荷に応じてコストパフォーマンスを最適化
  • ユニファイド・アーキテクチャ。 単一のアーキテクチャを使用してすべての作業負荷に対応
  • 統合データプロテクション。 バックアップとディザスタリカバリ(災害復旧)のデータ保護をシームレスに実行
  • ノンストップの運用。 すべてのテナントに対して継続的なデータ可用性を実現
  • セキュア・マルチテナンシー。 共有ストレージをセキュアに分離
  • サービスの自動化と分析。 複雑さを軽減してコストを削減し、ITaaS(サービスとしてのIT)を実現

NetAppとソリューションパートナーは、将来に備えたIT環境を実現するためのロードマップの確立をお手伝いします。すばやく前進できる体制を整え、競争力と効率を高めて、ITがビジネスの成功を加速できるようにサポートいたします。

将来に備えていますか?Flexible ITで将来に備えましょう。Flexible ITへの第一歩は、仮想インフラの共有です。

NetAppや当社のパートナーと連携して将来に備えたFlexible ITを構築する方法について詳しくご覧ください。柔軟性と効率を最大限まで引き出すためにIT組織を共有ITインフラに変えることにご興味をお持ちでしたら、お近くのNetAppの担当者または数あるNetApp正規パートナーまでお問い合わせください。

当社のコミュニティで共有ITインフラとFlexible ITに関する意見交換に参加ください

[1] 「パートナー」または「パートナーシップ」という言葉は、NetAppと他の企業との法的な提携を暗示するものではありません。