多くの場合、ストレージはIT予算の中で最大の支出項目です。それにも関わらず、多くの企業が必要量の少なくとも25%も余計にストレージを購入しています。これがITの効率性の最適化を阻害しているのです。今こそ、時間、コスト、貴重なリソースの無駄遣いを止めるときです。

 
NetApp Storage Efficiencyによる削減量*

現在のIT環境の効率性と、ITの効率性を向上しコストを削減するための手法をご紹介いたします。

NetAppは、IT環境の効率性を最大にするために欠かせない、次の分野に集中的に取り組んでいます。

  • 利用率
  • 電力、設置面積、冷却
  • 可用性
  • パフォーマンス
  • 容量の最適化
  • 管理
  • ROI

効率性に優れたストレージ基盤を構築する際、これらの重要な分野に集中的に取り組むことによって、IT投資全体からより高い価値を引き出し、コスト削減分を戦略的なプロジェクトに再投資できます。小さな変更を徐々に実行するだけでも、大きな削減効果が期待できます。NetAppのお客様は次のことを実現しています。

  • 多くの場合、わずか6~9か月で資本を回収
  • 多くのケースで、従来のアプローチと比較して半分の容量に削減
  • インフラとデータストレージにかかるコストを削減し、その削減分を収益源となるビジネスチャンスに投資

最初のステップは、現在のIT環境を評価することです。次のツールを使用すると、現在のIT環境の状態をご確認いただけます。NetAppがIT環境の効率性を改善する手法についてもご覧ください。

削減量

Storage Efficiencyによる削減効果を計算

詳細

IT効率の定義と測定方法

お客様のIT環境の効率化方法を分析

詳細

ストレージにコストをかけすぎていませんか?

Maximizing Storage Investments

詳細