差別化されたクラウドサービスの提供

BT、Rackspace Hosting、Joyent 社、<br />NetApp のテクノロジーで他社との差別化に成功

クラウドは、今後、高い収益が見込まれるビジネス分野の 1 つです。

クラウドコンピューティングとも呼ばれますが、当社では「ITaas (サービスとしての IT)」と呼んでいます。この分野に早期に参入したサービスプロバイダは、このトレンドに乗じて、コスト効率と柔軟性に優れたさまざまなオンデマンドサービスを企業に提供しています。次は御社が飛躍する番です。

運用コストが予測でき、かつ一定のサービスレベルを常に提供できるクラウドサービスを迅速に導入して、他社との差別化をはかりたいとお考えのサービスプロバイダの皆様に、NetApp はソリューションを提供します。

ITaaS を構築する場合、考慮しなければならない重要事項がたくさんあります。

ビジネスの観点からは、次の特性が求められます。

  • 差別化されたサービスを構築する能力
  • 新しい市場でのチャンスに迅速に対応する即応性
  • 競争力を失うことなく、高い利益率を確保できる価格設定
  • エンタープライズクラスの SLA を一貫して提供する能力
  • 約束したサービスを提供できるという長期の社会的評価

インフラの観点からは、次の特性が必要とされます。

  • ビジネスモデルの競争力を高める効率性
  • 同じインフラで複数の顧客をホストする能力
  • ダウンタイムのない可用性
  • サービスレベル管理
  • 利用量の計測とチャージバック機能
  • 完全なデータ保護と迅速なリカバリ機能
  • あらゆるプロトコルのネイティブサポートを含めた相互運用性

最も成功しているクラウド・サービス・プロバイダは、これらの要件をどのように満たし、どのように目標を達成したのでしょうか?

多くのサービスプロバイダは、ストレージとデータ管理機能を提供する NetApp に改めて注目しています。NetApp は、予測可能な運用コストで安定したサービスレベルを提供できる差別化されたクラウドサービスの迅速な導入を実現します。当社の顧客であるサービスプロバイダ各社は、総計で 10 億人を超えるユーザに IT サービスを提供しています。もしかすると皆様も、すでに弊社の製品をご利用いただいているかもしれません。

NetApp を基盤とした ITaaS サービスを提供しているプロバイダとして、BT、Rackspace Hosting、および Joyent の 3 社を紹介します。各社とも、独創的なアプローチでクラウドサービスの市場ニーズに対応しています。

BT
BT は、通信ソリューションとサービスの分野をリードする世界的なプロバイダであり、BT Virtual Data Centre(VDC)を提供しています。このマルチテナントサービスは、IT リソースの一部または全部を従量課金制のプラットフォームに移行しようとしている中規模以上の企業をターゲットにしています。VDC は、自社所有のデータセンター、従来型のシングルテナントアウトソーシング、カスタマイズ不能なホスティングサービスに代わる手段として、信頼性と耐障害性に優れたデータ管理システムを低コストで提供するサービスです。BT にとって、このサービスは、新しい収益源となっています。

このサービスの成功にはアーキテクチャの堅牢性、信頼性、安全性が不可欠であり、さらに顧客データを分離するという BT の基準も満たす必要があります。ストレージはセキュリティだけではなく、ほぼ完全に自動化された環境で稼働させる必要もあります。エンジニアがシステムの設置場所に行く必要があるのは、物理的なコンポーネントの交換やアップグレードの場合だけであると BT は考えています。99.95% のアップタイムを要求する大企業の顧客の場合、耐障害性と業務継続性も最初から考慮しなくてはなりません。BT は、その「クリックして購入/構築」できるインフラ環境の基盤として NetApp のストレージを選択しました。このインフラは次のメリットをもたらしました。

  • ストレージ要件を 80% 削減
  • ディスク容量を 46% 削減
  • ネットワークでの通信データ量を 95% 削減
  • コスト効率の高いサービスを提供し、顧客の SLA を満たす

BT Global Services のグローバル IT サービス部門の責任者 Craig Parker 氏は、次のように語っています。「VDC の開発に NetApp の協力を得たことによって、これまでの両社の有意義な提携関係がさらに深まりました。NetApp&reg; のハードウェアは拡張性が高く、使いやすいので、VDC セルフサービスポータルから依頼されるお客様のプロビジョニングリクエストにも、コスト効率の高い方法で迅速に対応できます」

Rackspace Hosting

Rackspace Hosting と NetApp、複雑な IT 環境に悩む顧客を支援 Rackspace Hosting と NetApp、複雑な IT 環境に悩む顧客を支援

今すぐ見る

Joyent

NetApp、Joyent のクラウドサービスを支援 NetApp、Joyent のクラウドサービスを支援

今すぐ見る

クラウドサービスの導入事例と、そのシステム基盤に NetApp テクノロジーが採用された理由をご覧いただきました。ぜひ次は、御社の成功事例をお聞かせください。当社のクラウドコミュニティにご参加いただくと、ITaaS に関する意見交換ができます。

社内または社外向けのクラウドサービスの構築と提供を検討されている場合は、当社にご相談ください。最初のステップは、現在のインフラ機能を客観的に評価することです。NetApp Fast-Start Workshop では、データセンターの変革および現在のニーズと将来の要件への対応に関するガイドラインを提供しています。

詳細については、クラウドコンピューティング環境をご確認ください。