ATGの著作物および専門家としての活動

カンファレンス

2011

Improving the throughput of small disk requests with proximal I/O(近接I / Oによる小規模なディスク要求のスループットの改善)。Jiri Schindler、Sandip Shete、Keith Smith。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2011(FAST’11)の会議録に掲載

2010

Discovery of Application Workloads from Network File Traces(ネットワーク・ファイル・トレースからのアプリケーション・ワークロードの把握)。 Neeraja J.Yadwadkar、Chiranjib Bhattacharyya、K.Gopinath、Thirumale Niranjan、Sai Susarla。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2010(FAST’10)の会議録に掲載

Tracking Back References in a Write-Anywhere File System(Write-Anywhereファイルシステムにおけるバックリファレンスの追跡)。 Peter Macko、Margo Seltzer、Keith A.Smith。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2010(FAST’10)の会議録に掲載

SherLog: Error Diagnosis by Connecting Clues from Run-time Logs(SherLog:ランタイムログを手掛かりとしたエラー診断)。 Ding Yuan、Haohui Mai、Weiwei Xiong、Lin Tan、Yuanyuan Zhou、Shankar Pasupathy。International Conference on Architecture Support for Programming Languages and Operating Systems 2010 (ASPLOS’10)の会議録に掲載

Workload-Aware Storage Layout for Database Systems(データベースシステムのためのワークロード対応型ストレージレイアウト)。 Oguzhan Ozmen、Kenneth Salem、Jiri Schindler、Steve Daniel。ACM Special Interest Group on Management of Data Conference 2010(SIGMOD’10)の会議録に掲載

2009

CA-NFS: A Congestion-Aware Network File System(CA-NFS:輻輳対応のNFS)。 Alexandros Batsakis、Randal Burns、Arkady Kanevsky、James Lentini、Thomas Talpey。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2009(FAST’09)の会議録に掲載。 Best Paper Awardを受賞

Understanding Customer Problem Troubleshooting from Storage System Logs(ストレージシステムのログに基づいて顧客の問題の解決方法を把握)。 Weihang Jiang、Chongfeng Hu、Shankar Pasupathy、Arkady Kanevsky、Zhenmin Li、Yuanyuan Zhou。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2009(FAST’09)の会議録に掲載

Spyglass: Fast, scalable, metadata search for large-scale storage systems FAST(Spyglass:大規模ストレージシステム向けのスケーラブルで高速なメタデータ検索システム)。 Andrew W.Leung、Minglong Shao、Timothy Bisson、Shankar Pasupathy、Ethan L.Miller。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2009(FAST’09)の会議録に掲載

Fido: Fast Inter-Domain Communication for Enterprise Virtual Machines(Fido:大規模環境の仮想マシンに適した高速ドメイン間通信)。 Anton Burtsev、Kiran Srinivasan、Prashanth Radhakrishnan、Lakshmi N.Bairavasundaram、Kaladhar Voruganti、Garth R.Goodson。USENIX Annual Technical Conference 2009(USENIX’09)の会議録に掲載

Prediction of Hard Drive Failures via Rule Discovery from AutoSupport Data(ハードドライブ障害の予測 - AutoSupportデータに基づいたルール検出)。 Vipul Agrawal、Chiranjib Bhattacharyya、Thirumale Niranjan、Sai Susarla。International Conference of Machine Learning and Applications 2009(ICMLA’09)の会議録に掲載

2008

FlexVol: Flexible, Efficient File Volume Virtualization in WAFL(FlexVol:WAFLに搭載された柔軟性と効率性の高いファイルボリューム仮想化機能)。 John K.Edwards、Daniel Ellard、Craig Everhart、Robert Fair、Eric Hamilton、Andy Kahn、Arkady Kanevsky、James Lentini、Ashish Prakash、Keith A.Smith、Edward Zayas。USENIX Annual Technical Conference 2008(USENIX’08)の会議録に掲載

Measurement and Analysis of Large-Scale Network File System Workloads(大規模NFSワークロードの計測と分析)。Andrew Leung、Shankar Pasupathy、Garth Goodson、Ethan Miller。USENIX Annual Technical Conference 2008(USENIX’08)の会議録に掲載

An Analysis of Data Corruption in the Storage Stack(ストレージスタック内のデータ破損分析)。 Lakshmi N.Bairavasundaram、Garth Goodson、Bianca Schroeder、Andrea C.Arpaci-Dusseau、Remzi H.Arpaci-Dusseau。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2008(FAST’08)の会議録に掲載。 Best Student Paper Awardを受賞

AWOL: An Adaptive Write Optimizations Layer(AWOL:適応型の書き込み最適化レイヤ)。 Alexandros Batsakis、Randal Burns、Arkady Kanevsky、James Lentini、Thomas Talpey。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2008(FAST’08)の会議録に掲載

Pergamum: Replacing Tape with Energy Efficient, Reliable, Disk-Based Archival Storage(Pergamum:電力効率と信頼性の高いディスクベースのアーカイブストレージをテープの代わりに使用)。 Mark W.Storer、Kevin M.Greenan、Ethan L.Miller、Kaladhar Voruganti。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2008(FAST’08)の会議録に掲載

Sweeper: An Efficient Disaster Recovery Point Identification Mechanism(Sweeper:効率的なディザスタ・リカバリ・ポイント識別メカニズム)。 Akshat Verma、Kaladhar Voruganti、Ramani Routray、Rohit Jain。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2008(FAST’08)の会議録に掲載

Parity Lost and Parity Regained(パリティの損失と回復)。 Andrew Krioukov、Lakshmi N.Bairavasundaram、Garth R.Goodson、Kiran Srinivasan、Randy Thelen、Andrea C.Arpaci-Dusseau、Remzi H.Arpaci-Dusseau。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2008(FAST’08)の会議録に掲載

Are Disks the Dominant Contributor for Storage Subsystem Failures?A Comprehensive Study of Storage Subsystem Failure Characteristics(ディスクは、ストレージサブシステム障害の主な原因か?ストレージサブシステム障害の特性に関する包括的調査)。 Weihang Jiang、Chongfeng Hu、Yuanyuan Zhou、Arkady Kanevsky。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2008(FAST’08)の会議録に掲載

A Load Balancing Framework for Clustered Storage Systems(クラスタ・ストレージ・システムの負荷分散フレームワーク)。 Daniel Kunkle、Jiri Schindler。International Conference on High Performance Computing 2008(HiPC’08)の会議録に掲載

High-Performance Metadata Indexing and Search in Petascale Data Storage Systems(ペタバイト級データ・ストレージ・システムにおけるメタデータの高速な索引付けと検索)。 Andrew Leung、Minglong Shao、Timothy Bisson、Shankar Pasupathy、Ethan L.Miller。Conference of Scientific Discovery through Advanced Computing 2008(SciDAC’08)の会議録に掲載

Why Disks Fail(ディスク障害が発生する理由)。 Weihang Jiang、Chongfeng Hu、Arkady Kanevsky、Yuanyuan Zhou。ODEMA Reliability Conference 2008の会議録に掲載

2007

Data ONTAP GX: A Scalable Storage Cluster(Data ONTAP GX:スケーラブルなストレージクラスタ)。 Michael Eisler、Peter Corbett、Michael Kazar、Daniel S.Nydick、J.Christopher Wagner。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2007(FAST’07)の会議録に掲載

POTSHARDS: Secure Long-Term Storage Without Encryption(POTSHARDS:暗号化を行わずにセキュアに長期保存できるストレージ)。 Mark W.Storer、Kevin M.Greenan、Ethan L.Miller、Kaladhar Voruganti。USENIX Annual Technical Conference 2007(USENIX’07)の会議録に掲載

An Analysis of Latent Sector Errors in Disk Drives(ディスクドライブのセクターエラーによる遅延の分析)。 Lakshmi Bairavasundaram、Garth Goodson、Shankar Pasupathy、Jiri Schindler。International Conference on Measurement and Modeling of Computer System 2007(SIGMETRICS’07)の会議録に掲載。 Kenneth C.Sevcik Outstanding Student Paper Awardを受賞

ジャーナル

2009

POTSHARDS -- a secure, recoverable, long-term archival storage system(POTSHARDS -- リカバリ可能な長期保存用のセキュアなアーカイブ・ストレージ・システム)。 Mark W.Storer、Kevin M.Greenan、Ethan L.Miller、Kaladhar Voruganti。ACM Transactions on Storage(TOS)、第5巻、第2号、1~35ページ、2009年

CA-NFS: A Congestion-Aware Network File System(CA-NFS:輻輳対応のNFS)。 Alexandros Batsakis、Randal Burns、Arkady Kanevsky、James Lentini、Thomas Talpey。ACM Transactions on Storage(TOS)、第5巻、第4号、15:1~15:24、2009年

2008

An analysis of data corruption in the storage stack(ストレージスタック内のデータ破損分析)。 Lakshmi N.Bairavasundaram、Andrea C.Arpaci-Dusseau、Remzi H.Arpaci-Dusseau、Garth R.Goodson、Bianca Schroeder。ACM Transactions on Storage(TOS)、第4巻、第3号、1~28ページ、2008年

2007

Standardizing Storage Clusters(ストレージクラスタの標準化)。 Garth Goodson、Sai Susharla、Rahul Iyer。ACM Queue Magazine、第5巻、第6号、20~27ページ、2007年

ワークショップ / ポスターセッション

2010

Design tradeoffs in a flash translation layer(フラッシュ変換レイヤにおける設計上のトレードオフ)。 Garth Goodson、Rahul Iyer。Workshop on the Use of Emerging Storage and Memory Technologies 2010(WEST’10)の会議録に掲載

2009

Maximizing Efficiency by Trading Storage for Computation(データ保管 / コンピューティングのバランス調整によって実現する最大限の効率)。 Ian F.Adams、Darrell D.E.Long、Ethan L.Miller、Shankar Pasupathy、Mark W.Storer。Workshop on Hop Topics in Cloud Computing 2009 (HotCloud’09)の会議録に掲載

2008

CLUEBOX: A Performance Log Analyzer for Automated Troubleshooting(CLUEBOX:トラブルシューティングの自動化を実現するパフォーマンス・ログ・アナライザ)。 S.Ratna Sandeep、M.Swapna、Thirumale Niranjan、Sai Susarla、Siddhartha Nandi。Workshop on Analysis of System Logs 2008(WASL’08)の会議録に掲載

2007

Enhancing the Linux Memory Architecture to Support File Systems over Heterogeneous Devices(異機種混在デバイスでファイルシステムをサポートするための、Linuxメモリアーキテクチャの拡張)。 Alexandros Batsakis、Randal Burns、Thomas Talpey、Arkady Kanevsky、James Lentini。Linux Storage and File System Workshop 2007の会議録に掲載

2005

Making Enterprise Storage more Search Friendly(検索効率の高いエンタープライズ・ストレージの実現)。 Shankar Pasupathy、Garth Goodson、Vijayan Prabhakaran。ACM Symposium on Operating Systems Principles 2005 (SOSP’05)ポスターセッションの会議録に掲載

説明資料

2010

Storage and Network Deduplication Technologies(ストレージとネットワークの重複排除テクノロジ)。 Michael Condict。USENIX Conference on File and Storage Technologies 2010(FAST’10)

2009

Modeling Complex Storage Systems(複雑なストレージシステムのモデリング)。 Thirumale Niranjan、Sai Susarla、Chiranjib Bhattacharyya、K.Gopinath。International Conference on High Performance Computing 2009(HiPC’09)

規格

2009

RFC 5716:Requirements for Federated File Systems(統合ファイルシステムの要件)。 James Lentini、Craig Everhart、Daniel Ellard、Renu Tewari、Manoj Naik。2010年。

招待講演 / パネルディスカッション

2009

Power Management Advances in Storage Systems(ストレージシステムにおける電力管理の進化)。 Kaladhar Voruganti。第1回Berkeley Symposium on Energy Efficient Electronic Systems 2009における招待講演

Research opportunities in Cloud Computing(クラウド・コンピューティングにおける研究機会)。 Kaladhar Voruganti。International Symposium on Cloud Computing 2009における招待講演

Application/Services Migration to the Cloud: Experiences and Challenges(クラウドへのアプリケーション / サービスの移行:教訓と課題)。 Sai Susarla、Thirumale Niranjan。International Conference on High Performance Computing 2009(HiPC’09)で開催されたパネルディスカッションのパネリストとして

Re-designing Enterprise Storage Systems for FLASH Memory(エンタープライズ・ストレージ・システムの再設計でフラッシュメモリに対応)。 Jiri Schindler。ソウル大学における招待講演、韓国、ソウル、2009年

New architectures for storage systems enabled by the prevalence of flash memory(フラッシュメモリの普及によって実現したストレージシステムの新しいアーキテクチャ)。 Jiri Schindler。Workshop of Operating System Support for Next Generation Large Scale NVRAM 2009(NVRAMOS’09)における招待講演

2008

IETF pNFS。 Garth Goodson、Rahul Iyer。2005~2008年に行われた招待講演

Top Five Research Challenges in Storage Systems(ストレージシステムの研究における5大課題)。 Kaladhar Voruganti。インド科学研究所における招待講演、2008年、バンガロール

An Analysis of Data Corruption in the Storage Stack(ストレージスタック内のデータ破損分析)。 Garth Goodson。SNIA Developer Conference 2008(SDC’08)における招待講演

2005

Integrating search and storage(検索機能とストレージの統合)。 Shankar Pasupathy。Workshop on Provenance Aware Storage Systems 2005(PASS’05)における招待講演

専門家としての活動

現在の活動

Lakshmi Bairavasundaram:

  • ICPP 2010企画委員会の委員
  • SNIA Cloud storage Technical Work Groupの非常勤委員

Shravan Gaonkar:

  • QEST 2010企画委員会の委員
  • OVF(DMTF)Working Groupのメンバー

Garth Goodson:

  • USENIX Technical Conference 2010企画委員会の委員
  • MASCOTS 2010企画委員会の委員

Shankar Pasupathy:

  • SYSTOR 2010企画委員会の委員

Jiri Schindler:

  • HotStorage Workshop 2010企画委員会の委員長
  • USENIX OSDI 2010企画委員会の委員

John Strunk:

  • ICAC 2010企画委員会の委員
  • ICAC 2010におけるデモンストレーション / 展示の責任者

Keith Smith:

  • USENIX FAST 2011企画委員会の委員

Kaladhar Voruganti:

  • ACM Transactions on Storageの編集者
  • MSST 2010企画委員会の委員
  • ACM Bangalore 2010企画委員会の委員

過去の活動

Garth Goodson:

  • USENIX Technical 2009企画委員会の委員
  • MASCOTS 2008および2009企画委員会の委員

Jiri Schindler:

  • HotStorage Workshop 2009企画委員会の委員
  • USENIX FAST 2007、2008、および2009企画委員会の委員

Kaladhar Voruganti:

  • USENIX FAST 2010企画委員会の委員