もたらされたメリット

Tiscaliは、新たな市場機会を得るために、クラウド サービス プロバイダとしての戦略の転換を図りました。

ネットアップが実現する成果

 

IT予算を50%削減

製品とソリューション

Tiscali

イタリア唯一の独立系通信会社であるTiscaliは、ネットアップのデータ ファブリックを基盤として、お客様がクラウド リソース間でデータを統合、管理できるよう支援しています。

Tiscaliは、17年間の社歴において、ビジネス上の大きな変革期を迎えようとしていました。設立当初は電話サービスの提供が中心でしたが、徐々に戦略を転換し、独立系サービス プロバイダとして、他社とは一線を画すビジネスを展開してきました。同社は、インターネット アクセス サービスを通じて急成長を遂げ、ヨーロッパ14カ国でサービスを提供するまでに至りました。しかし、市場がさまざまに混乱する中、これまで行ってきた積極的な買収戦略の見直しを迫られることになったのです。

2005年、Tiscaliはイタリア国内の顧客層に改めて焦点を当て、イノベーションを重視した戦略への転換を図りました。通信サービスやマネージドITサービスにおいて同社が持つ豊富なノウハウを活用し、エンタープライズクラスのクラウド サービスを武器に、B2B(Business-to-Business)市場でビジネス チャンスを見出す、という目論見があったのです。

Tiscaliはネットアップと連携して、インフラのアップグレードに着手しました。同社は、NetApp® clustered Data ONTAP® オペレーティング システムをイタリア国内の企業の中で初めて導入し、お客様がハイブリッド クラウドを自由に選択し、管理できるようなデータ ファブリックの基礎を固めました。これによりTiscaliは、拡張性に優れた単一のストレージ プラットフォームで複数のクラウド サービスをホストできるようになり、しかもダウンタイム ゼロというSLAを実現できるようになったのです。お客様のデータは、セキュア マルチテナンシー機能によって保護されます。これらすべてを実現しつつ、データセンターの設置面積を50%削減し、IT予算を半減させることに成功しました。

Tiscaliは、一般ユーザ向けのユーティリティ プロバイダから、エンタープライズ クラスのクラウド サービス プロバイダへと進化を遂げました。イタリア政府との7年間の契約を受注した2015年は、同社にとってまさに節目の年となったと言えるでしょう。

お客様について

Tiscali S.p.A.は、イタリアの通信業界をリードする企業の1つです。同社は、一般ユーザや企業のお客様を対象に、ダイヤルアップやADSLによるインターネット アクセス、音声通話、VoIP、メディア、付加価値サービス、高度なテクノロジを駆使した製品など、幅広いサービスを提供しています。

その他のユーザ事例

ソフトバンク グループ

クラウド サービスを活用して日本の復興に貢献

詳細はこちら

Orange Business Services

クラウド時代を見据えたビジネス変革

詳細はこちら

最新のビジネスに対応するデータ ソリューション

お問い合わせ