もたらされたメリット

NVIDIAは、イノベーションのペースを大幅に向上し、重要な問題を解決しています。

ネットアップが実現する成果

450万件

1日あたり450万件のジョブを処理

製品とソリューション

NVIDIA

重要な問題を解決するためのイノベーション

NVIDIAは難しい課題を克服することで前進を続けてきた企業です。1999年に世界初のGPU(Graphics Processing Unit)を考案した後、同社はPCのグラフィックとゲームの世界で業界をリードする企業として誰もが認める存在となりました。しかしその座は、イノベーションへの厳しいプレッシャーに常にさらされていました。

鋭い先見の明で知られるNVIDIAの共同創業者でCEOのJen-Hsun Huang氏は、同社の5,000人のエンジニアに対し、PCの枠を超えた発展を目指すよう求め、GPUのハイパフォーマンスな並列処理能力を新たなビジネス分野で生かすことを要求しました。例えば、スーパーコンピュータ、自動車のインフォテイメントやナビゲーション、医療、モバイル デバイスなどの分野です。

しかし、NVIDIAのこうした目標を実現させるためには、ストレージのボトルネックを解消しなければなりませんでした。そこでCIOであるBob Worrall氏は「問題点を取り除く」というシンプルなIT戦略を掲げ、1カ月足らずのうちに、複数のベンダーの技術評価を完了させました。そして、ビジネスを発展させるために欠かせない信頼性とパフォーマンスを実現するために、ネットアップを基盤とした標準化を図ることにしたのです。「率直に言って、私のこの判断は自分の職を賭けたものでした」とWorrall氏は述べています。しかし結果は吉と出ました。導入初日から、安定性とパフォーマンスは飛躍的に向上し、その後も右肩上がりの状態が続いています。エンジニアが1日あたりに実行できるジョブの数は2倍に増え、新たなビジネス要件への対応も迅速になりました。

「ネットアップのシステムを導入したことで、ストレージのI/Oパフォーマンスが向上し、コンピューティング ファームで1日に処理できるジョブが200万件から450万件に増えました」と、NVIDIAのITストレージ マネージャーを務めるPethuraj Perumal氏は述べています。また、コンピューティング環境のダウンタイムもほぼゼロになり、エンジニアが常にデータにアクセスできるようになったため、製品化のサイクルが短縮されました。

お客様について

1993年以来、NVIDIA(NASDAQ:NVDA)は、ビジュアル コンピューティングの芸術と科学の分野を牽引してきました。同社のテクノロジはディスプレイの世界に変革をもたらしており、ゲームファンや科学者、消費者、企業顧客などすべてのユーザに、インタラクティブな発見の世界を提供しています。

最新のビジネスに対応するデータ ソリューション

お問い合わせ