NetApp Tech OnTap NetApp Logo
NetApp Tech OnTap
     
Windows Server 2012 の登場で何ができるの?どう変わる? 
~ Windows Server 2012 と NetApp の連携 ~
シェアする NetAppオフィシャルFacebook

Windows Server 2012 が正式発表となり色々なメディアにも特集記事が出てきています。またお客様からも 「Windows Server 2012 と NetApp ストレージとどう連携できるの?」「Windows Server 2012 にして何か良い事があるの?」みたいなご質問を良くいただきます。
今回の TechONTAP では Windows Server 2012 との連携についてご紹介していきます。

まず、Windows Server 2012 とストレージの連携については大きく 3 つの機能が提供されています。“ODX”、“SMB3.0”、“SMI-S” の 3 つです。それぞれできることと効果をご紹介していきましょう。

ODX

ODX とは Offload Data Transfer の略(Transfer を X と略すんですね)で、日本語だと“オフロードデータ転送”という事になります。今までサーバーが処理していたデータ転送の処理をストレージにやらせてしまおうという事です。

今までサーバー間でデータをコピーや移動すると 「データ読み取り → 転送 → データ書き込み」という処理をサーバーがしていました。これをストレージに命令だけ出して、実際の処理はストレージに実行させることでデータ移動を高速に処理させるだけでなくサーバーの負荷を下げるという効果も見込めます。またネットワークをデータが流れないのでネットワーク環境にもやさしい機能です。おそらく一番効果が目に見えるのはマイグレーション処理では無いでしょうか?仮想マシンのデータは一般的なファイルに比べると非常に大きなファイルになります。このファイルのコピー処理をストレージにオフロードしてしまえば移動時間の短縮や上位サーバーの負荷軽減等の効果がありそうです。
この機能は Hyper-V3.0 の機能なのではなくWindows Server 2012 が持つ OS の機能であるところも注目です。OS の機能ということは仮想化環境だけでなく、通常の OS レベルでのファイルコピーでも ODX は使えるということです。
夜間にバッチ処理等でデータコピーされてるお客様はいらっしゃらないでしょうか?そういう方は環境がうまくあえばコピー時間を劇的に減らせるかもしれません。

ここまでは ODX に対応したストレージであれば同じ事ができますが、NetApp は毎回ちょっと変わった事をしてきます。
今回も ODX を使って変わった独自ソリューションを出してきました。それが 「Thin-Fixed VHD」 という機能です。
容量固定 VHD は Hyper-V 環境で最もよく使われている VHD で、VHD 作成時に指定した領域を確保する方式です。容量可変 VHD に比べパフォーマンスに優れているため、運用環境では最も使われています。
一方、容量固定 VHD には作成に時間が掛かるという課題もありました。この課題が起こる理由は VHD 作成時に空き領域に “0” を書き込むという処理を行うからです。
この処理を ODX を使ってストレージにまかせてしまうことで実際に0を書き込まずに、書き込んだフラグを立てるだけで処理結果を返すことで処理時間の短縮を図るというのが 「Thin-Fixed VHD」 です。
どのくらい効果があるのか表で見てみましょう。

1000G の VHD 作成に約 1 時間かかっていたのが 16 秒で終わっています。
大きな容量固定 VHD をよく作る環境は仮想デスクトップ環境のように多くの VHD を何度も再作成するような環境では非常に効果がありそうです。

SMB3.0

次にご紹介するのは SMB3.0 です。SMB3.0 は新しい機能というよりは新バージョンの SMB に対応したという事ですね。今まで Hyper-V の仮想マシンや SQL Server のデータなどは基本的にローカルドライブ( E ドライブ等)にしか置くことができませんでした。
ストレージ上にデータを置く場合はファイバーチャネルや iSCSI などの SAN 構成にする必要があったという事です。
それが SMB3.0 を使うと Windows の共有フォルダに置いた仮想マシンから直接仮想マシンの OS を起動できるようになります。

SAN 構成の環境では上位サーバーとの連携を常に考えながら構成を作らなければいけないので、柔軟な構成変更がしにくいという課題を抱えていました。
具体的な例を挙げると仮想化環境を拡大する為にサーバーを1台追加したい場合は FC 環境だとゾーニング設定や各ハードのファームウェアやドライバのバージョンを確認する必要があります。iSCSI の場合は VLAN の設定ですね。また SAN 環境の設定が終わった後も MSFC 側でノードを追加する手順もいくつもステップがあってちょっとめんどくさかったのが実状です。

SMB3.0 を使うことができるとこの辺の運用の複雑さを解消することができます。
新しくサーバーを追加したいときは仮想マシンが置いてあるサーバー名と共有フォルダ名がわかれば良いのです。社内で使っているファイルサーバーの運用と同じような感じですね。ファイルサーバーを使うのに物理構成を意識する必要はないですよね。それと同じような感覚で仮想環境の運用ととても楽になりそうです。

NAS 運用にすることで Hyper-V が動いている上位サーバーを意識しなくてよくなったということは、運用を切り離して考える事ができるという事にも繋がります。データ置き場の領域管理やバックアップ等の運用をストレージにオフロードするような形での運用ができます。

実はこの部分に関しては VMWare が一歩リードしていて VMWareでは NFS といういわゆる Unix/Linux 環境でのファイル共有場所に仮想マシンを置くことができていました。実際に NetApp のストレージと VMWare の組み合わせでは NFS を使うことが多いようです。VMware の構成を SAN 環境から NFS 環境へ移行されたお客様とも話をしたことがありますが、やはり「運用が圧倒的に楽になった」というのが第一声でした。
早くHyper-V も NAS 構成で使えるようになって欲しいとずっと言われ続けて来ましたので、我々としては“やっと実現できた”という印象で、心待ちにしていた機能の 1 つです。
VMWare は NFS で、Hyper-V は SMB3.0 でという運用がどんどん広がるといいですね。

SMI-S

SMI-S に関しては以前の TechONTAP で触れましたので、細かくは書きませんが SCVMM 等の対応アプリケーションからストレージを直接操作できるような規格です。

上の画面のように SCVMM から直接 LUN が見えていますので、今までのようにストレージの管理と仮想マシンの管理をバラバラで行うのではなく SCVMM から一括で操作を行なっていく事が可能です。
設定方法等について詳しくご覧になりたい方は以前の TechONTAP2012 年 4 月号を御覧ください。

http://www.netapp.com/jp/communities/tech-ontap/tot-hyper-v-1204-ja.html

以上 3 つの新機能についてご紹介してきましたが、これらの機能が今すぐ使えるというわけではありません。ODX,SMB3.0 の 2 つの機能については ONTAP8.2 の Cluster-Mode での提供となります。(今のところ7-Modeでの提供は予定していません)ONTAP8.2 の Cluster-Mode については 2013 年の夏頃を予定しています。
恐らくその前に RC 版をリリースすると思いますが、「そんなの待てない」とか「ちょっと感じだけでも試してみたい」という方向けに Early Access Program (EAP) というものをご用意しています。SMB3.0 & Hyper-V と ODX をターゲットに評価していただくプログラムですので、もしかしたらそれ以外に一部機能制限があるかもしれませんのでご了承ください。
すでに一部のお客様からはご連絡をいただいるようですので、ご興味ある方は NetApp のメンバーへ声をかけてください。

SMI-S については業界標準ですので、元々ストレージしては全ての FAS モデルで対応していますが、それ以外に SMI-S プロバイダというサーバーモジュールが必要になります。SMI-S プロバイダの Windows Server 2012 対応モジュールは 2012 年の 12 月を予定しています。

全体として「オフロード」というのがキーワードになってきているのにお気づきかと思います。
仮想化はちょっと前まではトレンドでしたが、もはやベースの技術になってきています。誰もがシステム導入をする際にはOSの種別を選ぶような感覚で仮想or物理の選択を考えています。
たくさんある仮想化基盤を構成する機器の中で、一部の機器に負荷が集中することで全体のパフォーマンスが出ないケースが良くあります。
この課題を解消するキーワードが「オフロード」です。処理を分散させることで仮想化基盤全体のパフォーマンスを上げて行こうという発想ですね。
今お使いの環境で何の処理に一番リソースを使っているのか、その時にどの機器の負荷が高いのか一度調べてみてはいかがでしょうか?
もしかしたら今お使いの環境も、処理を「オフロード」する事でもっと多くの仮想マシンを載せられるかもしれません。

最後に、私事ですが Microsoft 様より MVP アワードという賞をいただきました。
MVP は色々なカテゴリがあるようですが私が頂いたのは System Center Cloud and Datacenter Management というカテゴリで日本には 3 人しかいないというかなり希少な賞です。
こんなキットいただきました!

受賞にあたっては多くの方にご支援いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

高野 勝(Masaru Takano)
技術本部 エンタープライズSE第二部 シニアシステムズエンジニア
NetApp


国内システムインテグレータで Active Directory , Exchange 等の運用や環境移行のコンサルティングを経験。
2007 年 NetApp 入社。 Microsoft ソリューションを担当
趣味はボルダリングと旅行。


関連情報
関連情報
NetApp and Windows Server

第一回:Windows Server “8” Hyper-VやSC2012VMMから ストレージが直接管理できるようになったって ご存知ですか?
第二回:Windows Server 2012 の登場で何ができるの?どう変わる?~Windows Server 2012 と NetApp の連携~
関連情報
 
Go further, faster TRUSTe
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2012 NetApp