NetApp Tech OnTap
Oracle Fusion Middlewareの災害対策

企業が競争力を維持するうえで、アプリケーションの可用性を保つ仕組みは必要不可欠です。しかし、災害対策ソリューションはコストが高いため、やむを得ず最も重要なアプリケーションだけを保護する企業も少なくありません。

最近ではService Oriented Architecture(SOA;サービス指向アーキテクチャ)をはじめとする高度なアプリケーション導入方式の採用により、アプリケーションの災害対策がさらに難しくなる可能性があります。アプリケーション導入に使用されるミドルウェアには、メタデータや実行時のステータスが含まれる場合がありますが、迅速なアプリケーションリカバリを実現するには、これらを適切に複製し、かつ適切にリカバリできる必要があります。

OracleのミドルウェアソリューションポートフォリオであるOracle® Fusion Middlewareは、ミドルウェア機能だけでなく、SOAなどのアプリケーションの開発、導入、および管理に役立つ、広範囲にわたる一連のソフトウェアが含まれています。Oracle Fusion Middlewareアプリケーションの完全な災害対策ソリューションを提供し、重要なミドルウェアデータを確実に複製するために、NetAppとOracleは最近、共同でのプロジェクトを行いました。

この記事では、このソリューションの概要を紹介します。ソリューションの詳細(詳しい導入手順やベストプラクティスなど)については、オラクル社と共同執筆した最新のテクニカルレポート(英語)に整理されています。このソリューションは、Oracle OpenWorld 2008でも発表し、多くの注目を集めました。

NetAppによるOracle Fusion Middleware災害対策の概要

Oracle Fusion Middleware災害対策ソリューションは、次の2つの要素で構成されています。

  • NetApp® SnapMirror®テクノロジ:アプリケーションレイヤを保護するために利用します。複製の対象は、Oracle Fusion Middlewareのバイナリ、構成、およびメタデータファイルです。
  • Oracle Data Guard:Oracleデータベースに保存されたデータを保護します。

 

Oracle Fusion Middleware disaster recovery solution

図1)NetApp SnapMirrorとOracle Data Guardの併用によるOracle Fusion Middlewareアプリケーションの保護

NetApp SnapMirrorを使用すると、信頼性と費用対効果に優れた高速なデータレプリケーションが容易に実現できます。ストレージおよびネットワーク帯域幅を効率的に利用してコストを削減すると同時に、構成と管理の簡易化によってコストをさらに削減します。NetApp FlexClone®テクノロジを使用して、プライマリサイトまたはセカンダリサイトでスペース効率の高いSnapMirrorデータボリュームのコピーを作成し、テスト、開発、および品質保証に役立てることも可能です。

NetApp SnapMirrorを使用すると、Oracle Fusion Middlewareのレプリケーションが容易に実行できます。ストレージレベルのミラーリングなので、ミドルウェアサーバから独立した形でコピーを迅速かつ効率的に作成することができます。つまり、サーバの処理能力をレプリケーションのために犠牲にすることなく、アプリケーションの処理用に確保できるのです。

Oracle Data Guardは、Oracle Database 10gおよび11gの拡張機能であり、これらの製品のEnterprise Editionに含まれています。Oracle REDOログを使用して、データベースのスタンバイコピー(1つまたは複数)を最新状態に維持するためのシンプルなメカニズムと、管理、監視、および自動化機能を提供します。

NetApp SnapMirrorとOracle Data Guardを併用することによって、データベースに保存された重要なデータだけでなく、Oracle Fusion Middlewareの重要な構成情報およびメタデータ情報(フェイルオーバーが必要になった場合に、スタンバイサイトでアプリケーションを迅速かつ適切に再開できるようにするために必要な情報)を保護するソリューションが構築されます。詳しい構成については、オラクルとの共同執筆のテクニカルレポート(英語)を参照してください。


Padmanabhan Sadagopan Padmanabhan Sadagopan
NetApp、Oracleアライアンスアーキテクト

PadはIT業界で17年の経験があります。Oracleでは10年以上にわたってソリューションアーキテクトとして活躍し、Oracleデータベース、Oracleアプリケーション、Oracle Grid Control、およびOracle Collaboration Suiteの開発に携わりました。NetAppのOracleアライアンスエンジニアリンググループに所属後は、Oracleの技術者との緊密な協力体制のもと、業界初のOracle Fusion Middleware用DRソリューションの開発のほか、情報ライフサイクル管理(ILM)用のツール開発に取り組んでいます。


関連情報