NetApp Tech OnTap
クラウド時代に欠かせない、次世代データセンターの課題解決
~Next Generation Data Center 2009出展報告~

ITは「所有から利用」の時代へ。クラウドが変える、ITインフラ投資の「条件」

ブース風景今、急激な勢いでIT業界を席巻している仮想化や、数千億規模に発展すると予測されているSaaSをはじめとしたクラウド時代の到来に伴い、データセンターのあり方は大きく変わろうとしています。これまでの“コロケーション”や“ホスティング”といった、単なる場所貸しおよび保守・運用代行ではなく、企業のITインフラを支える重要な生命線へと変貌を遂げようとしているのです

次世代ITインフラとも呼ぶべきデータセンターに求められているのは、コスト効率・投資効率の最大化です。いかにTCOを削減し、効率的かつスケーラブルにIT基盤を構築できるかに、大きな関心と期待が集中しています。

投資効率の高い次世代データセンターソリューション

次世代データセンター基盤「3つのカギ」インターネットの向こう側から、自由かつ容易にサービスを提供できるクラウドコンピューティングへのサービス形態の変化は、言い換えれば、そのITインフラを担うデータセンターのパフォーマンスが極めて重要で、投資効率性が企業の強弱を左右することを意味しています。

次世代データセンターの基本要件は、右記の「3つのカギ」に集約されるでしょう。

次世代データセンターへの道程

NetAppとクラウドの関係性

次世代データセンターの道程は、IT集中化にはじまり、標準化、仮想化、自動化、セルフサービス化へと至ります。NetAppは、自身がクラウド・サービスを提供することはありませんが、こうしたIT as a Serviceの実現に絶対不可欠なコンポーネントとして、高いクラウドサービスを要求する企業に最適なユニファイド・ストレージを提供しています。

Next Generation Data Center 2009(東京国際フォーラム開催:2009年7月1日(水)~7月2日(木))では、 投資効率の高いデータセンター構築に向けた解決策として、NetApp Dynamic Data Center Solutionを提唱しました。

セッション:「クラウド到来を見据えたデータセンターの将来像」(マーケティング部長 阿部 恵史)より

NetApp Dynamic Data Center Solutionとは

テクノロジ・プロセス・人材の3つの視点に着目し、データセンターの投資効率最大化に向けたアプローチを展開します。
そのために、仮想サーバおよびストレージを基盤とした効率性・拡張性の高いサービス指向インフラと、サービス管理フレームワークを構築し、より低いTCO、TTM(Time-To-Market)の向上、リスクの最小化を実現します。

無償Webセミナー ―ストレージ最適化に向けたベストソリューションをお届け―


重複排除:ストレージのスリム化で最大削減率95%

肥大化したデータ量の切り札として、ディスクストレージ内の重複データを、“ある仕組み”により検知してディスク上から排除します。NetAppは、ストレージベンダーで唯一、ストレージ単体の機能としてプライマリ・ストレージの重複排除が可能です。そのワケとは?


仮想化:仮想化で失敗!?押さえておきたい成功の条件とは

サーバの仮想化だけではITインフラの仮想化は完成されません。物理コストの削減という甘い蜜の裏には、ストレージコストの増大やバックアップ/リカバリの問題といった、大きな落とし穴が潜んでいます。


柔軟性:買い替えなくても既存ストレージで大丈夫!?

NetApp Vシリーズなら、既存のストレージを使用したまま、統合・シンプル化を可能にするため、ストレージの買い替えによる高額な出費を抑えて、ストレージ効率の最大化とコスト削減を同時に実現することができます。


自動化:データセンター運用の自動化と可視化を実現

データセンター運用における可視性の不足は、リスクやコストの増大、サービス品質の低下を招きます。またマニュアルなPDCAは、IT管理者の負担増大に直結します。もし、自席にいたまま、画面ひとつですべてのIT資産の運用・管理を把握できたらいかがですか?


効率化:ストレージコストは増えても予算は増えない現実に!

企業のデータセンターにおいて、ITコストの2位を占めるストレージ。データ量が急増し、年間40%とも50%とも言われる勢いで増え続けるストレージコストに対し、IT予算はむしろ減る一方です。カギを握る利用効率の向上のため、何をすべきなのでしょうか?


まとめ

NetAppは、高いクラウドサービスの実現に必要不可欠なコンポーネントとして、最適なユニファイド・ストレージを提供しています。データセンターの投資効率を最大化する理由として、NetAppストレージの以下のメリットが挙げられます。

NetAppストレージの効率化メリット

  • オーバープロビジョニングを大幅に削減
  • サーバ仮想化のメリットをストレージにまで拡大
  • 冗長な設備投資を延期または中止し大幅にコストダウン
  • すべてのストレージ階層から重複データを排除
  • 消費電力、冷却、設置スペースを削減し大幅にコストダウン
  • 二酸化炭素の排出量を削減し地球環境へ貢献

関連情報