NetApp Tech OnTap
4月号: netapp.com/jp | バックナンバー
Microsoftアプリケーションによる“全体の”仮想化に向けて-


データセンターにおいて、そのメリットを最大限に享受できる"全体の仮想化"を実現するには、ビジネスクリティカルなMicrosoftアプリケーションが重要 となります。さらに、仮想化ソフト、サーバ、ストレージ、ネットワークなど、インフラの全レイヤを仮想化する必要があることも忘れてはいけません。

そこで、NetAppではCisco社、VMware社と共同で、全レイヤ仮想化を実現する柔軟なアーキテクチャを開発。その技術要素と導入時の考慮点を解説します。

Microsoftアプリケーションの仮想化根拠とは?そのプロセスとは?


現場からのヒント集 ストレージの「今」を知る
次世代に向けた、革新的なデータセンター環境とテクノロジ

Kilo-Client-それは、大量の物理・仮想 クライアントをすばやく構成、ブートすることが できる、NetAppが誇る大規模テスト環境です。現在進んでいる世代交代が完了すれば、75,000もの仮想クライアントサポートや、FCoE に対応したエンドツーエンドのネットワーキング が実現します。

「次世代」にふさわしい、その独自のデータセンター設計と最新テクノロジを紹介します。

データセンターを効率化する、最新トレンドをチェック!

ストレージの今を知る

皆さんのご感想や、取り上げて欲しいトピックなど、皆様からのご意見をお待ちしています!xdl-techontap-jp@netapp.com までメールでお知らせください。

ネットアップが出展するイベント情報や、今月新たに公開したテクニカルレポートの日本語版など、ストレージの「今」を知るにはこのページから!

最新情報を今すぐCheck!

Tech OnTap Spotlight ネットアップの「今」を知るブログ: Trimurt
SnapManager for Hyper-Vで実現する、
“簡単・確実”なデータ保護のススメ


仮想化の大きなメリットとして、複数の物理サーバ集約によるTCO削減やスペース節約、消費電力・冷却コスト削減が挙げられます。しかし、迅速なバックアップ/リストアなどの運用・管理面は、どうでしょうか?

『SnapManager for Hyper-V』なら、管理業務を簡素化し、簡単な設定で重要なデータを確実に保護することができます。その技術的特長と効果を解説します。

【Webセミナー】仮想環境のバックアップを簡単に!効率化のススメ
【Webセミナー】Hyper-V環境での柔軟なストレージ運用を解説

Christine Heckartが米国本社CMOに就任

【Twitter】
Twitterで、日々の思いを「つぶやき」として公開しています。ブログとTwitterの組み合わせで、私たちの生活や思いを覗いてみませんか?

Twitterアカウント:Trimurti_NetApp