NetApp Tech OnTap
2月号:netapp.com/jp | バックナンバー
仮想インフラを変革する、“セキュア・マルチテナント”という考え方
~プライベート・クラウド構築の最適解~


仮想インフラを変革する、“セキュア・マルチテナント”という考え方~プライベート・クラウド構築の最適解~

「仮想化メリットを出したいが、1つの物理サーバに複数の機密システムを載せるのはセキュリティリスクが大きい・・・」とお悩みのIT管理者の方へ。

従来、機密性の高いアプリ/データは、物理分離したハードウェアで個別に運用するのが一般的です。しかし、仮想化の普及が進む今、必要とされるのは、“セキュリティを確保した統合インフラ”ではないでしょうか。

【ビデオ視聴あり】“セキュアな共有インフラ”の投資効果と4つの要素


現場からのヒント集ストレージの「今」を知る
Cisco、VMware、NetAppの協業によるマルチテナント環境の強化
エンドツーエンドのサービス品質

Chris Naddeo氏(Cisco Systems)

Cisco、VMware、NetAppの協業によるマルチテナント環境の強化 エンドツーエンドのサービス品質

セキュリティやサービス品質の問題から、クラウドインフラの構築やクラウドサービスの契約を躊躇していませんか?

Cisco/NetApp/VMwareの3社は、共有インフラにおけるセキュリティとサービス保証を実現する「セキュア・マルチテナント」を開発。ITインフラ最適化のベストプラクティスを提供する、独自のアーキテクチャを紹介します。

安全なクラウド基盤構築に欠かせない、4つのポイントとは?

ストレージの今を知る

ネットアップが出展するイベント情報や、今月新たに公開したテクニカルレポートの日本語版など、ストレージの「今」を知るにはこのページから!

最新情報を今すぐCheck!

Tech OnTap Spotlightネットアップの「今」を知るブログ: Trimurt
クラウド課題を解決する、“インフラ共有化”の技術的メリット
共有ストレージの“安全な分離”と“データ移行”

Roger Weeks、Paul Feresten(NetApp)

クラウド課題を解決する、“インフラ共有化”の技術的メリット 共有ストレージの“安全な分離”と“データ移行”

複数テナントを分離し、厳密な保護を保証する“セキュア・マルチテナント”という概念は、机上の空論や単なる流行語ではありません。

NetAppの“MultiStore”なら、パーティショニングされた共有ストレージを容易に構築。第三者機関の検証で、安全面における脆弱性は見つかりませんでした。
また、“Data Motion”により、無停止でのストレージ間データ移行も可能なため、強力な災害復旧やインフラの負荷分散にも貢献します。

マルチテナント・ソリューションを具現化する、最新テクノロジを解説

ASCII.technologies3月号の注目記事

ネットアップの「今」を知るブログ: Trimurt

さて、先週、ASCII.technologies March 2010 Editionが発売されました。今回のメイン特集は「テクノロジーは大きく変わる!激動の2010年技術動向を占う」というのがテーマです。

昨年から続く不景気からの回復はまだまだという状況で始まった2010年ですが、一方で昨年からずっと、ICTの世界では大きな変化が次々と現れてきていました・・・。

続き