ハイライト 2008年4月
大容量ストレージを採用するときに
  考慮すべきポイントとは?
ストレージの耐障害性を
  強化するためのテクニック
急増するデータに対する打開策
4月号: netapp.com/jp | バックナンバー
急増するデータに対する打開策
Brett Battles(ディレクター、プロダクトマネジメント)
Mark Woods(プロダクトマーケティングマネージャー)

Data Center Resources
データセンターの電力とスペースが不足していませんか。データセンターに新しいシステムやアプリケーションを1つ導入するたびに、既存のものを1つ処分するように指示されたことがありますか。少ないリソース、スペース、電力で、より多くのデータを管理できる、ITインフラの効率的な利用を実現する5つのNetAppテクノロジを紹介します。

詳細


大容量ストレージを採用するときに
考慮すべきポイントとは?

Chris Lueth(テクニカルマーケティングエンジニア)

benchmark 1つのストレージシステムの容量が1 PBを超えることも、今や珍しくありません。大容量システムの効率的な導入と管理に役立つヒントをご覧ください。

詳細
ストレージの耐障害性を強化する5つの
テクニック

Steve Lawler、Haripriya
(テクニカルマーケティングエンジニア)


NFS データは十分安全な状態にありますか。マルチパスHA、適切なスペアの確保、SyncMirror®のほか、耐障害性を高める方法があります。

詳細
hand
「成長の、その先へ」をテーマに開催された「NetApp Focus 2008」も盛況のうちに幕を閉じました。ご来場の皆様、ありがとうございました。競争力を強化するITインフラ基盤を構築するヒントを手にしていただけましたでしょうか。ご質問などは、こちら まで。

Dave Hitz
Dave Hitz
NetApp
NetApp、EMCに圧勝
先月、SANデータベースに関する新しいベンチマークの結果を公開しました。NetAppシステムが低いコスト、少ないディスク数で、EMCシステムに24%の差を付けています。

Dave's Blog(英語)

ユーザ向けトレーニングおよび認定サービスです。製品とソリューションのベストプラクティスを実践的に学ぶことができます。

詳細


Go further, faster     © 2008 NetApp | プライバシーポリシー | 登録情報の変更/退会 | お問い合わせ