NetApp Tech OnTap NetApp Logo
NetApp Tech OnTap
     
Windows Server “8” Hyper-VやSC2012VMMから
ストレージが直接管理できるようになったって
ご存知ですか?
シェアする NetAppオフィシャルFacebook

先日Windows Server “8”のベータ版が公開され、新しく搭載されている新機能もすこしずつ情報が見えてきました。そこでMicrosoftさん、シスコシステムズさんと簡単な検証を行なってみましたので、ちょっとだけご紹介します。

まず、何でMicrosoftさん + シスコシステムズさん + NetApp の組み合わせ?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんのでちょっとだけ背景をご紹介します。
Hyper-Vをベースとしたクラウド基盤の動作確認済みリファレンスで「Hyper-V Cloud Fast Track」というプログラムがあります。これはMicrosoftさんから出ている多くの検証項目をクリアするだけでなく、「Deployment Guide」などのドキュメントなどの整備も行なった上で初めて認定されるプログラムです。ユーザーの方は導入テストを行わなくてもすぐに認証済みパッケージが使えますので、導入までの期間が大幅に短縮できますし、整備済みのドキュメントがありますので構築や運用も非常に楽になります。
その「Hyper-V Cloud Fast Track」のプログラムに我々NetAppはシスコシステムズさんと共同で参加させていただいています。ご興味がある方は以下のURLを見てみてください。

 詳しくはこちら

本題の検証ですが、Windows Server “8” + SC2012VMMの機能強化としてSMI-Sへの対応があります。このSMI-Sの対応について実際の手順や動作について確認を行いました。
SMI-Sとはストレージの業界団体であるSNIA(Storage Networking Industry Association)が策定しているストレージ管理標準です。これにより今までは仮想化環境の運用をする際はSCVMMの管理ツールとストレージの管理ツール個別で行なっていましたが、ストレージ管理もSC2012VMMからできることになります。また業界標準を取り入れたことでSC2012VMMからSMI-Sに対応した複数のストレージを管理することも可能です。業界標準ですから、準拠している複数メーカーのストレージの混在もできることになります。

エントリモデルから上位モデルまでをSC2012VMMからコントロールできるというのはクラウドサービスのように、契約毎にサービスレベルをコントロールしなくてはいけないようなシチュエーションでは大きな効果が見込めそうです。

最初に検証環境をご紹介しましょう。

Windows Server “8” , Cisco Nexus 1000Vが社内ベータ候補版、SC2012VMMと我々のFAS2240上で動いているONTAP8.1がRC版というGAになっていない製品を組み合わせた実験的な構成になっています。

このコラムで書いている内容と正式リリース版では変わってくるところもあるかもしれませんのでご了承ください。

では、実際にどういった設定を行ったのか確認していきましょう。
まずWindows Server “8”がストレージに接続するためにはWindows標準のモジュール以外にSMI-Sプロバイダというモジュールが必要になります。このモジュールは各ストレージベンダが提供しています。NetAppでは「Data ONTAP SMI-S Agent」というモジュールを提供していますのでこちらを使っていただくことになります。

SMI-Sプロバイダのモジュールをインストールした後にSMI-Sプロバイダからストレージの登録を行います。

<手順1:SMI-Sプロバイダからストレージの登録>
PowerShell実行例

Windows PowerShell
Copyright (C) 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved.
<外部スクリプトの実行を許可>
PS C:\Users\administrator> set-executionpolicy unrestricted
<サービスの確認>
PS C:\Users\administrator> smis cimserver start
Data ONTAP SMI-S Agent is running under process id 1576.
<ストレージの登録>
PS C:\Users\administrator> smis agent_user agent_pass add 192.168.xxx.xxx(Storage_IP) storage_user storage_pass  

以上でSMI-Sプロバイダからストレージの登録は完了です。
次にWindows Server “8”からSMI-Sプロバイダへの接続を行います。
まずはWindows Server “8” に「StorageManagementService」を追加します。GUIの役割の追加を使っても良いですし、PowerShellを使っても良いでしょう。
PowerShellを使う場合は以下のようなコマンドです。

<手順2:サービスのインストール>

<サービスのインストール>>
PS C:\Users\administrator>Add-WindowsFeature microsoftStorageManagementService  

ここまででモジュールのインストールは終了です。

後はSC2012VMMからストレージをリソースとして登録していきます。

<手順3:SC2012VMMへリソースの登録>

「Add Resources」の項目からストレージを追加していきます。

ここで入力するIPアドレスはSC2012VMMのサーバ自体にSMI-Sプロバイダが入っている場合はLocalhost:5988 (HTTPの場合は5988でHTTPSの場合は5989) で良いですが、他のサーバにSMI-Sプロバイダを入れた場合はSMI-SプロバイダIPアドレスになります。
我々はここにストレージのIPアドレスを直接入れるものだと思い込んでしまっていて、エラーを解消するのにちょっと時間がかかってしまいました。ちゃんと概念を理解していないとダメですね。

登録はこれだけです。
登録が完了すると以下のようにリソースとして見えてきます。

ストレージの環境や使用状況が表示されていますね。
ここで最上位に表示されている「Gold」は設定の中で我々がクラス分けしたものです。すぐ直下に「aggr1」が表示されているようにクラス分けはアグリゲート単位での指定になっています。
最初は「ボリューム単位じゃないの?」とも思いましたが、アグリゲートは同じ種類のディスクで構成しますので、サービス毎で「Gold」をSSD,「Silver」をSAS,「Bronze」をSATAのように区分けするならアグリゲート単位でのクラス分けというのも納得できます。

ここまでストレージがSC2012VMMから管理できて、リソースとしてクラス分けもできていれば、後はSC2012VMMからのオペレーションやセルフサービスポータルとの連携など色々な使い方ができそうです。

今回は時間的な制約もあり接続してステータスを確認する程度で終わってしまいましたが、現在最初にご紹介したFast Trackの常設デモ環境を作ろうという調整を行なっていますので出来上がったらもっと詳細なテストやホワイトペーパーの作成とかもしてみたいと考えています。

最後に、一緒に検証を行なっていただいたMicrosoft高添様、シスコシステムズ岡本様にこの場を借りてお礼申し上げます。


高野 勝(Masaru Takano)
技術本部 エンタープライズSE第二部 シニアシステムズエンジニア
NetApp


国内システムインテグレータでActive Directory , Exchange等の運用や環境移行のコンサルティングを経験。2007年NetApp入社。本年度Microsoftソリューションチームのチームリーダーを担当趣味はボルダリングと旅行。


関連情報
関連情報
NetApp and Windows Server

第一回:Windows Server “8” Hyper-VやSC2012VMMからストレージが直接管理できるようになったってご存知ですか?
関連情報
 
Go further, faster TRUSTe
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2012 NetApp