NetApp Tech OnTap
NetAppからのお知らせ

ネットアップ社員のブログに日本発のブログ「Trimurti」 が加わりました。
ネットアップのブログ情報や、ネットアップが出展するイベント情報、NetApp Universityのスケジュールなど、ネットアップに関する最新情報はこちらから

ネットアップの「今」を知るブログ: Trimurti

Trimurti

ネットアップ社員によるブログに、10月17日から日本発のブログ「Trimurti」が加わりました。ソリューションマーケティング部の部長を務める阿部恵史が綴る本ブログは、外資系IT企業で日々働くマーケターの視点から、これまでの経験と日々の業務についてご紹介していきます。
新製品情報:NetApp VTL6.0リリース」では、12日に発表した「重複排除機能を搭載した仮想テープライブラリ製品」に関する製品発表の背景もご紹介しています。プレスリリースや通常の発表形式では時間の関係でお伝えできないブログならではの内容も盛り込まれています。是非、ご一読ください!


NetApp出展イベント情報

~東京23区を襲う災害から企業情報を守れ~  BCP/BCM IT継続対策セミナー 

2008年12月17日(水)に、丸紅情報システムズが主催する「東京23区を襲う災害から企業情報を守れ BCP/BCM IT継続対策セミナー」が、東京都港区のコクヨホールで実施されます。本セミナーでは、信頼性、可用性、設備投資の観点から、ITにおけるBCP/BCM策定の提案や課題解決の参考となるさまざまな情報を、丸紅情報システムズをはじめ、この分野の専門家や実装技術を提供するITベンダーから提供する予定です。ネットアップからは、費用対効果が高く高速・高信頼性の災害対策ソリューションをストレージおよびデータマネジメントの観点からご紹介します。 是非、ご参加ください。


最新情報 スポットライト

仮想インフラ環境向けに導入するストレージ容量の50%削減キャンペーン*

VMware® ESXサーバ環境を利用した仮想インフラ環境において、ユニファイド・ストレージ「NetApp FASシリーズ」を、ネットアップ・プロフェッショナル・サービスを利用して新規に導入するお客様を対象としたキャンペーンを、2009年3月31日まで実施することを発表しました。本キャンペーンは、ネットアップ・プロフェッショナル・サービスが、世界各地で積み重ねてきた経験に基づくベストプラクティスに従って、お客様のストレージ環境の分析および導入を実施し、ネットアップが独自で推定した他社製ストレージで構築した場合と比較して、そのストレージ容量を50%削減して提供するものです。
キャンペーンの詳細に関するお問い合わせは、こちらまで。


仮想テープライブラリ製品に重複排除機能を搭載

重複排除機能(Deduplication)を搭載した仮想テープライブラリ製品「NetApp Virtual Tape Library(VTL)シリーズ」を発表しました。大規模なデータセンターから中堅・中小企業のデータ バックアップ環境において、バックアップ用ディスク容量を最大95%削減することが可能となります。


新ミドルレンジ・ストレージ製品「FAS3160」を提供開始

「FAS3040」の後継となる製品として、新しく「FAS3160」を発表しました。最大672TBまで拡張可能で、従来製品と比べて、I/O性能を約1.8倍、OLTP性能を1.6倍に高速化させています。
なお、他社製ストレージ製品をネットアップのストレージ専用OS「Data ONTAP®」で統合管理し、異機種混在環境での一元管理を容易にするストレージ仮想化専用システム「Vシリーズ」にも、新製品として「V3160」を追加しました。


業界で初となる新規格FCoE対応ストレージを発表

NetAppは、ストレージ・ベンダーとしては初めて、ファイバチャネル・オーバー・イーサネット(FCoE)をサポートするSANストレージ・ソリューションの提供を発表しました。


テクニカルレポート

今月は、下記の13本のテクニカルレポート日本語版を新たに公開しました。

さらに、今月は下記の4本のホワイトペーパー日本語版を新たに公開しています。


NetApp University

ユーザ向けトレーニングおよび認定サービスです。製品とソリューションのベストプラクティスを実践的に学ぶことができます。

NetApp Universityトレーニングのうち人気の5種がData ONTAP® 7.3対応へバージョンアップし、いよいよ2008年11月から日本国内でも提供を開始いたしました。

 トレーニング日程・概要


* 当該保証内容および関連プログラム(以下「Program」)は、『Program Guide』および『Acknowledgement For 50% Virtualization Guarantee Program』の両文書における規定条件にのみ適用され、Programの発効日以降に行われる発注についてのみ有効です。Programの利用者は、 『Program Guide』の諸条項、および『Program Guide』に記載された参照文献内で示されるすべの指示ならびに仕様に従う必要があります。NetAppは当該保証および関連するProgramの規定 に従い、追加のストレージ容量を提供します。当該保証および関連するProgramの規定に従った追加ストレージ容量の提供が、当該保証および関連する Programの条件に関し、NetAppの唯一かつ排他的な責任、および利用者の唯一かつ排他的な救済となります。


関連情報