NetApp Tech OnTap NetApp Logo
NetApp Tech OnTap
NetApp Innovation 2016 Tokyo イベントレポート 基調講演編
<基調講演のみの分割版>
シェアする NetAppオフィシャルFacebook

ネットアップ株式会社は、2016年2月2日、ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)において技術者向けカンファレンス「NetApp Innovation 2016 Tokyo」を開催しました。NetApp Innovation 2016 Tokyoでは、「データファブリックへようこそ」と銘打ち、NetAppが提唱する「データファブリック」の動向をお伝えするとともに、このビジョンに基づく最新ソリューションと革新的なテクノロジについてご紹介しました。また、NetApp製品の新機能を実機でご説明するショーケース、スポンサー企業による最新ソリューションの展示なども行われました。本イベントに事前登録を済ませた方は2,200人以上にのぼり、当日の会場には数多くのお客様が足を運んで下さいました。

イベントレポート 基調講演編では、午前中に開催された基調講演の模様をお届けします。

NetApp Innovation 2016 - image1

米国NetApp エグゼクティブによる基調講演
Building Data Fabric Together
~ネットアップのデータファブリックがもたらす新たなビジネス価値~

壇上に立ったネットアップ株式会社 代表取締役社長の岩上純一は、本イベントの開催にあたって会場の皆様にご挨拶した後、米国NetApp プレジデント 兼 Go-to-Market オペレーション責任者のロブ・サーモンを迎え、サーモンによる基調講演へと引き継ぎました。サーモンは、NetAppが提唱する新世代のデータ管理ビジョン『データファブリック』がもたらすビジネス価値について解説を行いました。

NetApp Innovation 2016 - image2

ハイブリッドクラウド環境におけるサイロ化を突き破る『データファブリック』

壇上に立ったサーモンは、お客様との会話中によく出てくる世界共通のテーマとして『デジタル変革(Digital Innovation)』を挙げました。近年では、デジタルの時代が本格的に到来し、仕事のやり方から家庭内での生活スタイルまで、人々を取り巻くあらゆるものが大きな変貌を遂げています。企業は、このような新しいデジタルの世界に適応するITの仕組みを整備していかなければなりません。それは、ビジネスプロセス、組織構造、消費モデルなど、さまざまな切り口から考えていく必要がありますが、特に注目しておきたいITのトレンドが『ハイブリッドクラウド』です。ハイブリッドクラウドは、今後の主要なアーキテクチャとなるもので、グローバルなIT組織にとってきわめて重要なテクノロジです。

しかし、世の中にあるハイブリッドクラウドのソリューションが、すべて共通の特徴とメリットを備えているわけではありません。NetAppは、前回のNetApp Innovation 2015 Tokyoで『データファブリック』と呼ばれるビジョンを発表しました。データファブリックは、さまざまな方向に延びる布の繊維(ファブリック)のようにデータを自由にやり取りできるようにし、運用を飛躍的に向上させるさまざまなソリューションの土台となるものです。サーモンは、「お客様は、オンプレミス環境もしくはプライベートクラウドの中でアーキテクチャがサイロ化し、十分な効率性、拡張性、サービス品質を手に入れられないという課題を抱えていました。NetAppは、このような課題をさまざまなパートナー企業とともに解消し、現在では業界内での強いリーダーシップとお客様からの厚い信頼を獲得するに至っています。最近では、お客様の課題がハイパースケールクラウドやクラウドサービスプロバイダのエリアにまで広がっていることから、こうしたハイブリッドクラウド環境におけるサイロ化を突き破るものとしてデータファブリックを提唱したのです」と述べています。

NetApp Innovation 2016 - image3

データの自由を手に入れられるデータファブリックはデジタル変革にとって不可欠

サーモンは、米国NetApp クラウド・ビッグデータCTOのヴァル・バーコビッチを壇上に呼び、バーコビッチからはデジタル変革に対するデータファブリックの重要性について紹介がありました。バーコビッチは、デジタル変革を示す分かりやすい例として、世界最大級の宿泊先予約サイト「Airbnb」と自動車配車サービス「Uber」を挙げています。Airbnbは世界最大級の部屋数を提供し、Uberは世界377都市でタクシーの配車サービスを提供しています。両社が、100年以上の歴史を持つ数々のホテルやタクシー関連企業を易々と飛び越え、これほどまでに革新的な成長を遂げられたのは、両社のアプリケーション開発者がデジタル変革を巻き起こしたからにほかなりません。

そして、データファブリックの考え方は、こうしたデジタル変革にとって不可欠な存在といえます。昨今ではデジタル変革の中核にクラウド技術があり、ビジネスを支えるさまざまなデータがクラウドの中できわめて重要な資産として存在します。しかし、これまではクラウドの中でデータがサイロ化し、ハイブリッドクラウド環境において最大限にデータを活用できないという課題を抱えていました。NetAppのデータファブリックは、オンプレミス環境(NetAppストレージ)ですでに使い慣れたデータ管理ツールを、ハイブリッドクラウド環境の中で、しかもデータのライフサイクル全体でフルに活用できるようにします。

バーコビッチは、「NetAppのデータファブリックは、さまざまなデータセンターで稼働する単体のNetAppストレージ(clustered Data ONTAP)だけでなく、Ciscoとの協業によって生まれたFlexPod、クラウド上で稼働するCloud ONTAP、NetApp StorageGRID Webscaleオブジェクトストレージ、NetApp AltaVaultなど、さまざまなストレージ環境の間でデータの自由な移動を可能にします。データファブリックは、単なる構想ではなく、すでにお客様がご利用になれる『本物』のソリューションです。ハイブリッドクラウドとデータファブリックを組み合わせていただくことで、クラウドを活用してビジネスの俊敏性を最大限に高めながら、個々のクラウドに縛られないデータの自由を手に入れられます。それにより、AirbnbやUberのような、競合他社を打ち負かせるほどの大きなデジタル革新を巻き起こす立役者となれるのです」と語りました。

NetApp Innovation 2016 - image4

データファブリックのデモンストレーションを披露
~ NPS、Cloud ONTAP、OnCommand Cloud Manager、AltaVault ~

 
次に、ネットアップ株式会社 常務執行役員 CTOの近藤正孝とソリューション技術本部 SE4部 システムズエンジニアの田端秀敬が登壇し、実際のデモンストレーションを交えながら、NetAppが提唱するデータファブリックで具体的に何ができるのかをご紹介しました。

NetApp Innovation 2016 - image5

1つ目は、NetApp Private Storage(以下、NPS)を利用したマルチクラウド環境のデモンストレーションです。最近では、多くの業務システムをクラウド上で運用するケースが増えていますが、クラウドが突然の停止に追い込まれれば甚大なダメージを負うことになります。そこで、このような課題に対するNetAppのアプローチが、複数のクラウド間でフェイルオーバー構成をとり、なおかつこれらのクラウドからアクセス可能な共有ストレージをNPSによってクラウド外に配置するという方法です。壇上では、Amazon Web Services(AWS)上に本番環境のDBインスタンス、Microsoft Azure上に待機系のDBインスタンスを配置し、故意にAWS上のインスタンスを停止させた場合に、5秒程度でAzure上のDBインスタンスへとサービスが引き継がれる様子を披露しました。双方のクラウドに共通のNPSを設けることで、クラウド間では実行環境のみのフェイルオーバーが行われ、DBのデータ容量にかかわらず短時間での切り替えを可能にしています。

2つ目は、OnCommand Cloud Managerによって実現されるクラウドをまたいだデータ移行のデモンストレーションです。OnCommand Cloud Managerは、オンプレミス環境のNetApp FASシステム、クラウドサービス上で動作するCloud ONTAP、データセンター内のNPSなど、クラウドをまたがる複数のストレージ環境をひとつの管理コンソールからシームレスに操作できます。壇上では、AltaVaultを用いてAWSのAmazon S3上にとられた勘定系システムのバックアップデータをAzure上で稼働するCloud ONTAP環境へと展開するデモンストレーションが披露されました。ここでは、OnCommand Cloud Managerの管理コンソールに見えているストレージ環境のアイコンからアイコンに対してドラッグ・アンド・ドロップを行うだけで簡単にデータを移行できることが示されました。

近藤は、「OnCommand Cloud Managerを利用すれば、異なるデータセンター、異なるクラウドサービス、異なるデータ形式、異なるストレージ実行環境の間で、ドラッグ・アンド・ドロップという誰もが手慣れた操作によってデータを移行できてしまいます。このように、NetAppは、ハイブリッドクラウド環境の中でデータを簡単に移動させるシカケを今後も拡充していきたいと考えています。今回はAltaVaultとCloud ONTAP間のデータ移行でしたが、その範囲を当社が持つ幅広い製品ポートフォリオ全体に広げていく予定です。データファブリックの構想が発表されてから約1年が経過しましたが、本日のデモンストレーションを通じて、それが単なる構想ではなく、かなり実用的なものになってきていることを皆様にもお伝えできたのではないでしょうか」と総括しました。

NetApp Innovation 2016 - image6

SolidFireの買収によってオールフラッシュ製品のポートフォリオを強化

再び登壇したサーモンとバーコビッチは、2016年2月2日(米国時間)に買収が完了したSolidFireについても言及しました。オールフラッシュアレイの市場は急速に進化を遂げています。オールフラッシュアレイの方向性は大きく分けて3つあり、1つ目は「スピード」です。これは、きわめて高いスループットと低レイテンシが要求されるミッションクリティカルなアプリケーションに適合する方向性となり、NetApp EFシリーズがこうしたスピードのニーズに応えます。2つ目は「データサービス」で、シンプロビジョニング、クローニング、スナップショット、レプリケーション、ハイブリッドクラウドへの対応など、さまざまなアプリケーションのニーズに応える方向性となります。NetAppでは、オールフラッシュFASが該当し、すでにオールフラッシュアレイの市場でも大きなシェアを獲得しつつあります。実際、ストレージ市場全体ではほぼゼロ成長という状況にありながら、オールフラッシュFASの前年比出荷台数はプラス445%という急成長を遂げています。

そして、3つ目が「スケールアウト」の方向性です。2人は、スケールアウトのニーズに応える製品としてSolidFireのオールフラッシュアレイを挙げ、SolidFireがNetAppの傘下に加わった強みを「SolidFireは、100ノードを超える大規模の構成に対応し、これから5~10年後を見据えたスケールアウトのニーズに応えていきます。このように、SolidFireがNetAppの製品ポートフォリオに組み込まれることで、お客様に対する付加価値をさらなる高みへと持っていけると考えています。そして、データファブリックを実現するNetAppのソリューションによって、ひとつの共通した管理プラットフォームを通じて、ディスク、フラッシュ、クラウドの間で、データをシームレスに移動・管理・連携させることが可能になります。当社は、業界の大きなトレンドであるコンバージドインフラ、SDS(Software-Defined Storage)に加え、オールフラッシュの世界でもこれまで以上に大きな強みを発揮できることでしょう」と述べています。

NetApp Innovation 2016 - image7

サーモンとバーコビッチによる基調講演の後には、NetAppストレージを実際にビジネスに役立てられている国内2社のお客様をお招きしました。各社でIT部門を統率されているエグゼクティブの方からは、ITに対する取り組みとその中でNetAppストレージがどのように活用されているかを紹介していただきました。イベントレポート 事例講演編では、そのときの模様をお届けします。また午後には、パートナー企業やNetAppのスタッフによる技術セッション、パートナー企業の最新ソリューションやNetApp製品およびサービスを紹介するショーケースが開催されました。NetAppのスタッフによる技術セッションの様子は、イベントレポート 技術セッション編でお届けします。

Go further, faster TRUSTe
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2016 NetApp