NetApp Tech OnTap NetApp Logo
NetApp Tech OnTap
NetApp Innovation 2015 Tokyo イベントレポート 後編

シェアする NetAppオフィシャルFacebook

ネットアップ株式会社は、2014年1月28日、ウェスティンホテル東京(東京都港区)において、国内で5回目となる技術者向けカンファレンス「NetApp Innovation 2015 Tokyo」を開催しました。NetApp Innovation 2015 Tokyoでは、「自由、そして自在へ」と銘打ち、NetAppが提唱する「Unbound Cloud」への新しい取り組みをお伝えするとともに、このビジョンに基づく最新のソリューションと革新的なテクノロジをご紹介しました。また、NetApp製品の新機能を解説するショーケース、スポンサー企業による最新ソリューションの展示も行われました。後編では、午後に開催されたNetAppのスタッフによる技術セッションの模様をお届けします。

NetApp Innovation 2015 Tokyo イベントレポート 前編(基調講演)

NetAppのスタッフによる技術セッションA-1
NetApp Private Storage for Cloudとは? ~NetAppが語るクラウドにおけるデータのあり方~

技術セッションA-1では、ネットアップ株式会社 アライアンス営業本部 クラウド・SIビジネス推進部 シニアコンサルティング システムズエンジニアの金子浩和が、「NetApp Private Storage for Cloudとは? ~NetAppが語るクラウドにおけるデータのあり方~」と題し、クラウドシェアNo.1ストレージであるNetAppの立場から、クラウドを最大限に活用するためにデータをどのように配置・管理していくべきかを解説しました。

ハイブリッドクラウド環境ではデータの「あり方」を考慮することが重要

最近では、クラウドファーストという言葉に代表されるように、クラウド技術を活用してビジネスの急激な変化にも対応できる俊敏性をいかに確保していくが重要なテーマとなっています。世の中にはさまざまなクラウドサービスが提供されていますが、それぞれのクラウドは決して万能ではないことから、用途に応じて複数のクラウドを組み合わせるハイブリッドクラウドの形が多くとられています。そして、こうしたハイブリッドクラウド環境では、クラウド間のデータ連係・管理が新たな課題として浮上します。特にクラウド上にシステムを構築する場合、データの「あり方」をきちんと考慮しなければなりません。

金子は、データのあり方を決める上でデータの分類と場所が重要だと説明しています。データの分類は、パブリッククラウドに出せるか、出せないかという判別です。これは、企業のポリシーによって大枠が決まりますが、その上でデータの機密性、要求されるアクセス性能、容量・性能の拡張性、外部ネットワークとの通信量、運用負荷、コストなどを踏まえて決定されます。次に、データの場所を考えます。コンピューティングリソースとデータの距離はシステム性能に影響を及ぼすことから、システム全体の最適化には連携システムとの距離が重要なポイントになります。NetAppは、データの保管場所として、in the cloud(パブリッククラウド内にデータを配置)、near the cloud(パブリッククラウドに近いデータセンターにデータを配置)、private cloud/on-premises(自社資産下で自社管理のもとにデータを配置)の3つを定義しています。

NetApp Innovation 2015 - image1

NPS for CloudやCloud ONTAPでクラウドの垣根を越えたデータ管理を実現

コンピューティングリソースとデータ間の経路として、同一のprivate cloud/on-premisesもしくはnear the cloud内の組み合わせは、従来からあるNetAppソリューションによって実現されます。in the cloudのコンピューティングリソースからnear the cloudのデータを利用するにはNetApp Private Storage for Cloud(NPS for Cloud)が、in the cloud内のコンピューティングリソースとデータを結ぶにはCloud ONTAPが力を発揮します。NPS for Cloudは、Amazon Web Services、Microsoft Azure、IBM SoftLayerに対応し、認定コロケーション施設内のNetAppストレージを各社の専用線サービス(DirectConnect、ExpressRoute、Direct Link)経由で接続します。Cloud ONTAPは、Amazon EC2上で動作するclustered Data ONTAPで、時間課金もしくはBYOL(6ヶ月サブスクリプション)の形で提供されます。さらに、NPS for CloudとCloud ONTAPを含め、クラウド全体でデータの一元管理を実現するOnCommand Cloud Managerも用意されています。

セッション中では、NPS for CloudやCloud ONTAPを活用した海外事例として、CAE、EDA、月例バッチ処理を支えるHPC環境、クラウドを活用したテスト・開発環境、RTO 30秒、RPO 0秒を実現した金融系企業のMetroCluster(データ完全同期)、2つのクラウド間でクラスタを組むマルチクラウドクラスタなどが紹介されました。金子は、最後に「ハイブリッドクラウドの構成をとることで、オンデマンドで自在にリソースを利用できるパブリッククラウドのメリットと、自社のポリシーに基づいたデータの制御・管理が可能なプライベートクラウド(オンプレミス環境)のメリットをどちらも享受できるようになります。NetAppは、ローカルにデータを持つストレージにとどまらず、お客様にとって有益なものはクラウド関連も含めて何でも選択肢として加えていくつもりです。また、日本国内のお客様やパートナーの皆様に向けて、NPS for CloudやCloud ONTAPの検証を支援するPoCサイトも新たに開設します」と述べ、講演を締めくくりました。

NetApp Innovation 2015 - image2

NetAppのスタッフによる技術セッションB-2
SSDとONTAPが融合したAll Flash FASの実力 ~大規模VDIの導入で得た経験とは~

技術セッションB-2では、ネットアップ株式会社 ソリューション技術本部 インダストリーSE部 シニア システムズエンジニアの加戸隆行が、「SSDとONTAPが融合したAll Flash FASの実力 ~大規模VDIの導入で得た経験とは~」と題して、大規模VDI導入案件の経験を交えながらオールフラッシュFASの実力を紹介していきました。

既存のFASシリーズと運用スタイルを統一できるオールフラッシュFAS

NetAppは、オールフラッシュアレイのポートフォリオとして、コストパフォーマンスに優れたブロックストレージのNetApp EFシリーズ、優れた性能と多機能を兼ね備えたオールフラッシュFAS、そしてMars OSを搭載した次世代ストレージのFlashRayを取り揃えています。このセッションで取り上げられたオールフラッシュFASは、通常のNetApp FASシステムにSSDシェルフを組み合わせたものを指します。どのモデルであってもSSDシェルを接続すればオールフラッシュFASとなりえますが、SSDの性能を最大限に引き出すには高性能なストレージコントローラとの組み合わせが不可欠です。そこでNetAppは、NetApp FAS8000シリーズを組み合わせた5つのパターン(バンドル型番として提供)をお客様への推奨構成としています。

オールフラッシュFASのData ONTAPは、通常のData ONTAPとまったく同じになります。このため、Data ONTAPが備える豊富な機能をそのまま使えるほか、既存のFASシリーズと運用も統一できます。また、Data ONTAPそのものは、HDDの書き込み効率を最大限に高めるように設計されてきた経緯があり、結果的にSSDにも負担をかけない書き込み動作を行います。アクセス性能もきわめて高く、社内の実機検証によれば、ライト80%、リード20%の負荷をかけた条件下で、FAS8020は4万IOPS、最上位のFAS8080EXは16万IOPSを達成しています(HAペアでの測定)。また、ランダムリードが100%の場合にも他社を凌駕するIOPSを発揮します。加戸は、「オールフラッシュFASは、どのようなアクセス特性にも強く、データ保護や仮想クローンといった機能も充実しています。まさしく抜け目のない、総合力に優れたオールフラッシュアレイといえます」と評しています。

NetApp Innovation 2015 - image2

オールフラッシュFASによって飛躍的に改善された大和証券のVDI環境

次に、加戸が担当SEだった顧客の事例として、基調講演でも紹介された大和証券向けの仮想デスクトップ基盤(VDI)が改めて取り上げられました。大和証券の各拠点に配備される業務端末は、金融商品の受発注や決済、顧客管理などが行われる関係から、きわめて高い安定性と可用性が要求されます。もともとはHDDベースのNetApp FASシステムでストレージ基盤を構築していましたが、重大な障害によって1万台に及ぶ全端末を再起動した場合にも迅速に業務を復旧できるように、オールフラッシュFASの導入を決断しました。現在は、プロファイル領域とユーザデータ領域にHDDベースのNetApp FASシステムを活用しつつ、システム起動の肝となるシステム領域にオールフラッシュFAS(NetApp FAS8040ベース)を採用しています。

加戸は、「当初は、HDDとSSDを組み合わせたハイブリッドFASをご提案しましたが、お客様は、多数のSASドライブを搭載したシステム構成に対して、オーバープロビジョニングやHDDに由来する運用保守コストの増大を心配されました。そこで、オールフラッシュFASが検討され始めたわけですが、今度はコストの問題が新たに浮上しました。確かに初期コストはオールフラッシュFASのほうが高額でしたが、運用コストも含めたTCO(総所有コスト)を比較すると、4年目でコストが逆転し、5年目でオールフラッシュFASのほうが約10%も安価になることが分かりました。その他にもSSDの保守契約期間が最長5年である点やNetAppが全力で支援する姿勢が高く評価され、オールフラッシュFASの採用に至っています。PoC構成によれば、1,000台の一斉再起動にかかる時間は、ハイブリッドFASが約15分だったのに対し、オールフラッシュFASは約7分と半減しています。実環境での時間短縮効果は、午前中の基調講演で株式会社大和総研の水谷岳彦様が明らかにされた通りです」と述べています。

NetApp Innovation 2015 - image2

NetAppのスタッフによる技術セッションA-3
NetAppのSANへの取り組み ~過去・現在・未来~ 一石五鳥のIT基盤を実現する最強の道具として

技術セッションA-3では、ネットアップ株式会社 システム技術本部 エバンジェリストの河西学が、「NetAppのSANへの取り組み ~過去・現在・未来~ 一石五鳥のIT基盤を実現する最強の道具として」と題して、高いアクセス性能と豊富な機能を両立するNetApp独自のSANアーキテクチャを解説するとともに、clustered Data ONTAPやNetApp E/EFシリーズによって広がるSANソリューションの世界を紹介していきました。

ファイルシステム上のファイルをLUNにマッピングする独自のアプローチ

NetAppは、NASの会社として広く知られていますが、SANの世界でもさまざまな業界初の取り組みを推し進めています。例えば、iSCSI、8G Fibre Channel、10Gbit EthernetベースのiSCSI、FCoEに対応した業界初のストレージ製品を発売し、現在では業界初で唯一のプライマリSAN重複排除にも対応しています。また、SAN関連標準の技術リーダーや理事会の主要メンバーとして活躍し、SAN市場におけるリーダーシップをとっています。NetAppのSANアプローチは、他社と大きく異なります。他社の伝統的なアプローチは、HDDを束ねてRAIDグループを作成し、その上にLUNを構成してこれらのLUNをクライアント(上位のサーバコンピュータ)からFibre ChannelやiSCSI経由でアクセスする形がとられます。これに対し、NetAppのアプローチは、NetApp独自のファイルシステム(WAFL:Write Anyware File Layout)上にファイルを作成し、そのファイルがFibre Channel、iSCSI、FCoE経由でアクセスされるLUNとして振る舞います。

一見するとNetAppのアプローチに構造上の複雑さを感じる方もいらっしゃいます。これに対し、河西は「NetAppは、保管すべきデータ量をコンパクトに保つ取り組みとして、Snapshot、SATAドライブ、RAID-DP、シンプロビジョニング、FlexClone、SnapMirror、Deduplicationなど、さまざまな機能を追加していきました。LUNをファイルにマッピングすることで、NASで馴染んできだこれらのデータ管理機能をそのままSANにも継承できます。また、ファイルシステム上のファイルをブロックにマッピングすることで、性能が劣化するのではないかという懸念を持たれる方もいらっしゃいますが、実はディスクアクセスの効率化を図るWAFLを介することで、むしろ性能が向上します。2008年に行われたSPC1の計測結果によれば、他社製品と比べてベースラインの性能はもちろんのこと、Snapshotを含めた性能も圧倒的に優れていることが示されました。2012年にはclustered Data ONTAP環境との比較も行われましたが、他社製品に匹敵するIOPSと他社製品より短いレイテンシを実現しながら、トータルコストやIOPSあたりのコストは安価という結果が得られています」と説明しています。


NetApp Innovation 2015 - image2

製品ラインナップの拡充で新境地を切り開くNetAppのSANストレージ

このように独自の進化を遂げたNetAppストレージは、昨今の仮想統合アプリケーション基盤において一石五鳥のメリットをもたらします。河西は、こうした5つのメリットとして、中長期のIT基盤コスト削減、仮想化によるシステムのデータ化とコンパクト化、迅速なバックアップとリカバリと同時に実現可能な災害対策、開発・テスト環境の高速化、運用ライフサイクルの高速化およびコスト削減を挙げています。また、NetApp FASシステムをSANストレージとして活用しているアンリツ株式会社の事例を取り上げ、サーバ仮想化技術によるサーバ統合とともに、本番機・開発機・評価機に対するデータコピー、オンラインバックアップや災害対策などをNetAppストレージの機能(FlexCone、Snapshot、SnapMirror)によって容易に実現できたことを紹介しました。

近年では、clustered Data ONTAPベースのNetAppストレージをSAN環境で利用する事例も増えています。clustered Data ONTAPは、従来のData ONTAPと同様にマルチプロトコルをサポートしながら、異機種混在、他社製アレイの混在(NetApp FlexArray ストレージ仮想化ソフトウェアを併用)によるスケーラブルなSANを実現します。また、シンプルなSANストレージとしてNetApp Eシリーズも浸透しつつあります。NetApp Eシリーズは、高速性、高密度、低レイテンシが求められる特定のワークロードに向けたストレージです。2TB/秒以上のスループットを誇るローレンスリバモア国立研究所の大規模システム、ギネスにも認定された世界最大のデータウェアハウス、世界最大のオンラインストア、そのほか証券取引所や資産管理会社、メディア企業などで採用されています。

河西は、「HDDの代わりにSSDを搭載したNetApp EFシリーズは、究極の性能を発揮するオールフラッシュアレイとして、新たな境地を切り開きつつあります。あるグローバルオンライン小売業では、決済処理データベースにEF540を導入し、従来のディスクストレージと比べてパフォーマンスを20倍に高め、設置面積・電源冷却コストを75%も削減することに成功しています。また、ストレージを高速化していく上で、ストレージとサーバ間を結ぶファブリックの設計もきわめて重要です。NetAppは、ファブリックスイッチベンダーのBrocadeとともに、ISLトランキングや動的パス技術を活用してファブリック性能を最大限に高める取り組みを進めています。そして、NetAppのストレージソリューションは、ついにクラウドの垣根さえも取り払います。NetAppは、SANストレージにとどまらず、クラウド上でも一貫したデータ管理手法を実現することで、ビジネスに直結するスピード感や安定感をお客様に提供していきます」と述べ、講演を締めくくりました。

NetApp Innovation 2015 - image2

NetAppのスタッフによる技術セッション B-4
NetApp SANはここまでできる ~FASのSANによる効果的活用とEシリーズSAN展開~

技術セッションB-4では、ネットアップ株式会社 システム技術本部 エバンジェリストの平野和弘が、「NetApp SANはここまでできる ~FASのSANによる効果的活用とEシリーズSAN展開~」と題して、NetApp FASシステムとNetApp Eシリーズを活用した最新のSANソリューションについて主要な導入事例を交えながら紹介しました。


大容量、高密度、シーケンシャルアクセスを得意とするNetApp Eシリーズ

NetAppは、シンプルなSANストレージ製品としてNetApp Eシリーズを積極的に展開しています。NetApp Eシリーズは、Fibre Channel、iSCSI、SAS、InfiniBand(一部機種のみ)といった豊富なブロックレベルでの接続に加え、高いアクセス性能と短時間のリビルド時間を両立するDynamic Disk Pools(DDP)、ストレージ単体でのAES256暗号化機能などを備えています。NetApp FASシステムと異なり、データ管理や保護は原則としてアプリケーション側で行われますが、近年では市販のバックアップソフトウェアだけでなく、Baculaのようなオープンソースソフトウェアによる低コストのバックアップ環境も構築できます。また、NetAppの豊富なクラウドバックアップソリューションを連携させることで、NetApp SteelStoreを介した外部クラウドへのバックアップ、NetApp StorageGRID Webscaleオブジェクトストレージへのアーカイブなどにもつなげられます。

NetApp FASシステムはスモールブロックのランダムアクセスを得意としますが、NetApp Eシリーズはシーケンシャルアクセスを得意とします。例えば、メディアコンテンツの配信系システム、HPC Lustreファイルシステムなど、10GB/秒クラスのスループットが求められる分野ではNetApp Eシリーズとの組み合わせが適しています。また、シーケンシャル、ランダムを問わずに卓越したアクセス性能と低レイテンシを求める分野では、SSDを搭載したオールフラッシュアレイ「NetApp EFシリーズ」が力を発揮します。平野は、NetApp EFシリーズが効果を発揮する具体的な例として、Oracle ASM環境のようにアプリケーション側でのチューニングポイントが少ないデータベース環境での活用を挙げています。

NetApp Eシリーズは、オブジェクトストレージでの導入例も増えています。例えば、OpenStack Object Storage(開発コード名:Swift)やCeph/RADOSでは、安価なホワイトボックスソリューションでストレージ領域を確保する場合、データの保全性を維持するために複製カウントを3に設定しなければなりません。しかし、日本国内のデータセンター事情では、運用コストがきわめて高価なものになってしまいます。これに対し、ストレージ部分をエンタープライズクラスのNetApp Eシリーズに切り替えることで、DDPによる複製カウントの削減につなげられます。また、性能劣化のないデータリビルドを実現し、障害復旧時にも性能へのインパクトを最小限に抑えられます。

NetApp Innovation 2015 - image2

Hadoop環境で即戦力となる検証済みパッケージソリューションも提供中

NetApp Eシリーズは、大規模の非構造化データを扱うHadoop環境でも採用例が急増しています。平野は、無線LANスポット事業者の海外事例を挙げ、コンテキストベースの収益機会獲得に必要とされる最新位置データ分析において、FlexPod Select(シスコUCSファミリーとNetApp Eシリーズの統合ソリューション)が採用されたことを紹介しました。また、国内大手小売企業によるオムニチャネルのリアルタイム分析状況を画面に映し出しながら、NetApp Eシリーズを取り入れながらも、POSデータの収集、インデックス作成、可視化などをすべてオープンソースソフトウェアで実現していることを強調しました。そのほかには、世界最大のデータウェアハウスとしてギネスに認定されたSAP環境や大量の医療画像、未収保険金、患者記録を扱う医療機関のDWH/BI環境でHadoop ETL処理を取り入れた事例も取り上げました。このように、Hadoop環境を支える大容量のストレージ領域には、4Uラックサイズで最高360TBを搭載可能なNetApp Eシリーズが適しています。

NetAppは、Hadoop環境で即戦力となるストレージソリューションとして「NetAppビッグデータソリューション for MapR」を提供しています。NetAppビッグデータソリューション for MapR」は、NetAppとMapR Technologiesによる事前検証済みのパッケージで、ストレージとしてHadoopのワークロードに適したNetApp Eシリーズを組み合わせています。ストレージ側の信頼性とデータ保護に頼ることで複製カウント2を実現し、データ保管効率と処理の高速化につなげています。平野は、「サーバ内蔵ディスクを利用したホワイトボックスソリューションでは、システムを増強しようとするとCPUリソースとストレージリソースが同時に増えてしまいます。これに対し、ストレージをNetApp Eシリーズにすることで、サーバ側とストレージ側のリソース要求を完全に分離できます。もちろんコストも重要ですので、NetAppビッグデータソリューション for MapRは、ホワイトボックスソリューションに匹敵するコスト感を目指しています」と説明しています。

平野は、NetApp FASシリーズやNetApp EシリーズをSAN環境で活用している国内外の導入事例として、きわめて高いスループットを得るためにNetApp VシリーズとNetApp Eシリーズを組み合わせた海外の大手金融機関、SolarisサーバとNetApp FASシステムを組み合わせた株式会社野村総合研究所の開発者向け情報共有基盤(Devnet3)、サーバ仮想化技術とNetApp FASシステムによって刷新を図った日本発条株式会社のSAP環境などを紹介しました。そして、最後に「NetAppは、NASの会社として多くの皆様に知られていますが、SANも本気で取り組んでいることをぜひ記憶にとどめてください。そして、お客様にもその本気度をお伝えする取り組みとして、NetApp E2700に対する14パターンの特別オファーリングをご用意しています。SAN環境をお求めの方は、ぜひともNetAppにお問い合わせをお願いします」と述べ、講演を締めくくりました。

NetApp Innovation 2015 - image2

最新のストレージソリューションを一堂に集めたソリューション展示

ソリューション展示スペースには、NetAppが提唱する「Unbound Cloud」を牽引するパートナー各社が集結し、豊富なソリューションと最新テクノロジを一同に展示しました。

スポンサーブースでは、NetApp製品とともに使用されるサーバやネットワークスイッチ、システム高速化の鍵を握るフラッシュ製品、クラウド環境の運用管理を支援するソフトウェアソリューションなど、パートナー各社のさまざまなソリューションが紹介されました。当日、スポンサーブースに出展したパートナー企業を含む、NetApp Innovation 2015 Tokyoのスポンサーは以下の通りです(会社名50音順)。

Platinum Sponsor

  伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  兼松エレクトロニクス株式会社
  シスコシステムズ合同会社
  シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
  日本マイクロソフト株式会社
  富士通株式会社
  マップアール・テクノロジーズ株式会社
  丸紅情報システムズ株式会社

Gold Sponsor

  ヴイエムウェア株式会社
  株式会社ネットワールド
  ネットワンシステムズ株式会社
  ブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社
  レッドハット株式会社

Session Sponsor

  株式会社インターネットイニシアティブ
  SAPジャパン株式会社
  ニフティ株式会社
  マカフィー株式会社
  ユニアデックス株式会社

Exhibition Sponsor

  株式会社網屋
  株式会社クライム
  UPSソリューションズ株式会社

Mini theater Sponsor

  Splunk Services Japan合同会社
  日本CA株式会社

Novelty Sponsor

  ダイワボウ情報システム株式会社

Learning Sponsor

  Top Out Human Capital株式会社

NetApp Innovation 2015 - image2

NetAppブースでは、NetAppの最新ソリューションやテクノロジを紹介するコーナーが設けられました。ここでは、NetAppでマーケティングや技術営業、SEなどを担当している説明員が、来場者の皆様に対してさまざまなご相談を個別にお受けしました。また、展示会場内ではNetAppのホットな情報を簡潔にお届けするミニシアターも開催されました。当日、NetAppブースに設けられた説明コーナーは以下の通りです。

  • ビッグデータソリューション
  • ハイブリッドクラウドソリューション
  • OpenStack ~クラウド管理ソリューション~
  • 仮想化ソリューション
  • clustered Data ONTAP ~Software Defined Storage~
  • NetApp StorageGRID WebScale
  • ストレージ管理ツール
  • 最新ハードウェア
  • カスタマーサービス
  • NetApp University
  • NetAppファイナンスサービス

NetApp Innovation 2015 - image2

NetApp Innovation 2015 - image2

イベントの最後を飾る懇親会を開催

全セッション終了後には、イベントに参加された皆様との懇親会が開催されました。会場の一角に設けられたステージでは、人気のお笑い芸人「レギュラー」によるコントが披露され、会場を大いに盛り上げていました。また、豪華景品が当たる大抽選会も行われ、幸運なお客様はスマートグラス、ヘッドフォン、無人飛行機(ドローン)、ロボット掃除機、小型マッサージ器、便利な調理器具などを当てていました。

NetApp Innovation 2015 - image2

NetApp Innovation 2015 - image2

Go further, faster TRUSTe
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2015 NetApp