NetApp Tech OnTap
NetApp Tech OnTap
   
【検証結果から理解するネットアップのフラッシュ技術】
第16回:
All-Flash FASの価格性能比と価格容量比を極める(その2)
~ 身近なFASモデルもお買い得バンドルに対応 ~
シェアする NetAppオフィシャルFacebook

はじめに

前回(第15回)の内容では、All Flash構成のFAS8060の検証結果から、random I/Oのread:write割合に関係なく、FAS8060のコントローラ性能を最大限引き出せるSSD構成を、Reference Architectureとしてご紹介しました。更に、価格容量比を向上させたお買い得バンドル「All-Flash FASバンドル」を活用することで、比較的安価にSSD容量を確保できるため、アプリケーションのデータ容量に合わせて、最適なAll-Flash FAS構成を選択できることをお伝えしました。

新たなAll-Flash FAS(AFF)バンドルをリリース

前回(第15回)を執筆していた時点でAll-Flash FASバンドル(以降、AFFバンドル)に対応していたモデルはFAS8060とFAS8080のみでしたが、現在はFAS8020とFAS8040も対応しています。「AFFバンドルでお買い得になるのは良いけど、FAS8060規模のIOPSもいらないな…。とにかくI/Oのlatencyを安定させたい!」といったケースでの活躍が期待できます。



All-Flash FASバンドルのススメ

前章では、FAS8020A / FAS8040AにはSSD x 12、FAS8060A / FAS8080AにはSSD x 24が価格性能比としてオススメ構成であることを、ご紹介しました。それでは、FAS8000シリーズそれぞれの価格性能比オススメ構成(SSD x 12 / x 24)とAll-Flash FASバンドルの価格を比較してみましょう。

  • 黄色の棒グラフ:価格性能比オススメ構成(SSD x 12 / x 24)の参考価格(相対値)
  • 青色の棒グラフ:All-Flash FASバンドルの参考価格(相対値)
  • 折れ線グラフ:性能(4KB Random ReadのIOPS)


いずれの構成も、FAS8000コントローラ x 1台あたり、価格性能比オススメ構成を満たしているので性能(4KB Random Read IOPS)は同じです。一方、All-Flash FASは価格容量比で勝ります。FAS8020 / FAS8040のAFFバンドルでは、2.4TBから9.6TBの4倍の容量を確保するために、FAS8020であれば1.5倍、FAS8040であれば1.4倍であることが分かります。FAS8020とFAS8040がAllバンドルに対応したことで、ミッドレンジ クラスのプラットフォームでもSSD容量を比較的安価に確保できるようになりました。

データ容量とオール フラッシュ構成 ~ 2014年版 ~

2014年になってオール フラッシュに関する案件が著しく増えている一方、オール フラッシュ構成を断念しなければならない理由の多くは、「性能」ではなく「容量」であることを感じています。オール フラッシュ構成は限りなく高い性能を安定して引き出せる魅力ある構成ですが、全データを格納するためのSSD追加がコスト高になっているケースが多く見られます(それ以上にSSDを追加しても性能は向上しないのに)。年々フラッシュ デバイスの価格容量比(GB単価)は下がっているとは言え、2014年のボトルネックはまだ「容量」であると言えます。そこで、AFFバンドルを活用すれば、SSD容量も比較的安価に確保できるため、アプリケーションのデータ容量に合わせて、最適なAFF構成を選択いただければと思います。

岩本 知博(いわもと ともひろ)
ネットアップ株式会社
ソリューション技術本部 パートナーSE部
システムズ エンジニア

会津大学大学院 コンピュータ理工学研究科卒、外資系データベース メーカを経て2012年パートナーSEとして入社。入社以来、パートナー支援とフラッシュ ソリューションおよびデータベース ソリューションを中心に活動。写真はFY15 Flashtronaut of the Year(フラッシュ大賞)受賞の様子から一枚。

関連情報
関連情報
【検証結果から理解するネットアップのフラッシュ技術】
第1回:フラッシュ技術をリードするネットアップの
ポートフォリオとその棲み分け


第2回:バーチャル ストレージ ティアとオール
フラッシュ アレイでオーバーサイジングを解決


第3回:バーチャル ストレージ ティアの強み
~ Flash Cache と Flash Pool の検証結果~


第4回:Flash CacheとFlash Poolの特徴(詳細編)
~キャッシュ ヒット率とキャッシュの永続性に
ご注意を!!~


第5回: Flash Poolの特徴(応用編)
~マルチ ワークロード対応の最強の
ディスク プールを構成する~


第6回:NetApp Flash PoolとOracle Database Smart Flash Cache の検証結果から理解する サーバ側キャッシングソリューションの特徴

第7回:NetApp Flash PoolとOracle Database Smart Flash Cacheの組み合わせ
~DB統合の密度を極限まで高める~

第8回:検証結果から導かれるFlash Cache、Flash Pool、Database Smart Flash Cacheの特徴

第9回:フラッシュ デバイスの特徴(基本編)
~ フラッシュ デバイス構造から理解する
書き込み量の増幅を改善する仕組み ~


第10回: ネットアップのオール フラッシュ アレイ
「EF550 」ならではの強み ~ Why EF550 編 ~


第11回: NetApp EF550の高可用性を実現する機能「Dynamic Disk Pool」
~ シンプルなRAID構成でドライブ障害時の性能維持とリビルド処理の高速化を実現 ~


第12回:Oracle Database環境でのEF550
の有効性
~ OLTP処理性能の向上と、バッチ処理の高速化を両立するEF550(OLTP編) ~


第13回: Oracle Database環境でのEF550の有効性
~ OLTP処理性能の向上と、バッチ処理の高速化を
両立するEF550(バッチ処理編)~


第14回:【検証結果から理解するネットアップのフラッシュ技術】
FASシリーズをオール フラッシュ構成にするとどうなる?
高性能と大容量を実現するAll-Flash FASの登場


第15回:
All-Flash FASの価格性能比と価格容量比を極める
~ All-Flash FAS8060検証結果 ~

関連情報
 
Go further, faster TRUSTe
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2014 NetApp