NetApp Tech OnTap NetApp Logo
NetApp Tech OnTap
     
MongoDB meets NetApp

クラウド連携をメインとしたソリューション編

シェアするNetAppオフィシャルFacebook   ツイート

 

この記事では Technical Report として発行している内容をサマライズしてお届けします。

今回は、「TR-4492 MongoDB on the NetApp Data Fabric」と
https://newsroom.netapp.com/blogs/netapp-solutions-for-mongodb を翻訳したものに対して、補足を追加してお送りします。

ソーシャル、モバイル、クラウド、および IoT データが急増しています。
この急増は、顧客分析、電子商取引、セキュリティ、監視、ビジネスインテリジェンスなどのハイパースケール、分散、データ中心のアプリケーションを企業に展開するようになっています。
これらの大容量かつの大量の数のデータ取り込み、リアルタイムアプリケーションのデータ要件を処理するために、企業は急速に MongoDB などの大規模でスケーラブルで非リレーショナルなデータベースを採用しています。

MongoDB は一般的な汎用オープンソースのスケールアウト NoSQL DB です。高可用性、高度なデータ管理などの大規模なデータ分析アプリケーションを含む最新のアプリケーションに対応しています。 MongoDB の主な使用例には、リアルタイム解析が含まれます。製品カタログ、コンテンツ管理、モバイル、 IoT 、およびブロック・チェーン・アプリケーションが含まれます。

このブログ記事は、 MongoDB Ops Manager バックアップをコストとスペース効率良く NetApp 上で MongoDB を動かすソリューションをまとめたものです。
また、 NetApp Data Fabric と VMware vSphere 上に MongoDB NoSQL データベースをデプロイする方法についても説明します。

NetApp と MongoDB Ops Manager との統合

MongoDB Ops Manager は、データ保護の豊富な機能を提供します。これらの機能には、ローカルストレージおよびクラウドベースのストレージで整合性の取れたポイントインタイムバックアップを作成し、データの損失が発生しないことを確認する機能が含まれます。ほとんどの顧客は MongoDB に大量のデータを格納するため、バックアップストレージは非常に大きくなります。また、ストレージサイズと RTO (目標復旧時間)で常にトレードオフがあります。その結果、ローカルバックアップの保持には限界があり、これらのバックアップをクラウドに保存するとコストが高くなる可能性があります。

このソリューションは、 MongoDB Enterprise Advanced を NetApp ストレージ、 NetApp AltaVault にデプロイします。 AltaVault とは、クラウド統合ストレージであり、コスト効率、ストレージの使用効率を向上させることができます。 Ops Manager のバックアップを NetApp AltaVault を使用することで長期間の保存に低コストのクラウドベースのストレージを使用しながら、バックアップの保存にスペース効率の良いローカルストレージを提供します。

このソリューションのアーキテクチャはシンプルであり、 Ops Manager への変更は必要ありません。

NetApp ストレージ上に AltaVault の仮想マシンを作成して、 AltaVault を local バックアップのコピーキャッシュとして使用します。 AltaVault 上に NFS 共有を作成し、 Ops Manager サーバからマウントして使用します。 Ops Manager はマウントした NFS ボリュームをスナップショット保存先として使用します。最終的に AltaVault で Amazon S3 を保存先として設定します。

Ops Manager はスナップショットを作成すると、バックアップファイルはローカルストレージキャッシュとして機能する AltaVault に格納されます。ファイルが書き込まれるにつれて、インライン重複除外/圧縮が効果を発揮し、データの格納領域が減少します。 S3 へデータを転送する際のセキュリティ面においても対策がされており、データは書き込まれる前に暗号化されます。その後、 AltaVault は Amazon S3 ストレージにデータの転送を開始します。データ転送中はデータは暗号化されており、傍受されたとしてもよくわからないデータの塊にしか見えません。(図 1 参照)

MongoDB Ops ManagerとNetAppの統合

図 1 )MongoDB Ops Manager と NetApp の統合

MongoDB Ops Manager と NetApp AltaVault を統合することで Ops Manager のデータ保護機能のスナップショットに次の機能を提供できます。

  • ローカルバックアップの長期保存
    Ops Manager のバックアップのフットプリントが削減され、ローカルバックアップコピーの保存期間の長期化が可能に
  • ストレージコスト削減
    NetApp ストレージの容量効率化によるクラウドストレージのコスト削減
  • データセキュリティ
    オンプレミスとクラウド間のデータ転送中の暗号化

NetApp データファブリック上の MongoDB

NetApp は、仮想環境におけるスケールアウト Mongo DB を VMWare vSphere と NetApp Data Fabric 上に効率的にデプロイするためのエンドツーエンドソリューションを設計し、検証をしました。
このソリューションでは、スケールアウト NetApp All Flash FAS (AFF)が MongoDB 仮想マシンとデータベースをホストします。バックアップおよび災害復旧サービスは、 Amazon AWS 上で稼働する NetApp ONTAP Cloud SDS ソリューション及び NetApp Private Storage によって提供されます。(図 2 参照)

NetApp データファブリック上の MongoDB

図 2 )NetApp データファブリック上の MongoDB

まとめ

NetApp 上の MongoDB は、より柔軟なインフラ、データ保護のためのシームレスのクラウド連携とスケールアウトを提供します。
そして、コモディティストレージよりも優れた可用性とセキュリティを提供します。

2017年 8月

Go further, faster
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2017 NetApp