NetApp Tech OnTap NetApp Logo
NetApp Tech OnTap
     
ONTAP 9:新しいタイプのトースター
Jeff Baxter
Jeff Baxter
ネットアップ
ONTAP 戦略および分析担当ディレクター

tot-ontap9 Img ネットアップを長くご利用いただいているお客様にお目にかかると、 「Fast. Simple. Reliable.」をモットーとしていた Network Appliance 時代の懐かしいお話をよく伺います。 私たちは当時販売していた NAS アプライアンスを、 その使いやすさから「トースター」というニックネームで呼んでいました。

ネットアップが成長するにつれて、 かつて思い描いていたよりもはるかに 「Fast (高速)」 な AFF オールフラッシュ システムを提供できるようになりました。 このシステムでは、 ONTAPのデータ管理機能の利点をすべて活用し、 1ミリ秒未満のI/O命令を1秒間に数十万回処理 (IOPS) できます。 AutoSupport システムでは一貫して 99.999% や 99.9999% のアップタイムが測定され、 これまでどおり「 Reliable (高い信頼性) 」もお届けしています。

ただし、 基本的な性能のトースターから、 業務用のキッチンに配置できる多機能な設備へと成長し、 あらゆるプロトコルからアプリケーションまで、 どのようなタイプのストレージにも対応できるようになるにつれて、 かつての 「Simple (シンプル)」というモットーの一部は色褪せてしまいました。 NFS データをストレージ ボックスから UNIX サーバに押し出すだけなら 「Simple (シンプル)」 であることは簡単ですが、 世界中のどのストレージ管理ソフトウェアよりも多くの機能を追加するために、 たくさんの取っ手やレバーを取り付けることもあります。

ONTAP 9は 「Simple (シンプル)」という ONTAP のコアとなるモットーを復活させる大きな一歩です。 ストレージをシンプルにするための最初の目標は、 システムの設定を自動化すること、 また「アグリゲート」や 「LUN」 などの任意のストレージ構成から、 アプリケーションの要件や固有の設定へと焦点を移動させることでした。

優れたテクニカル マーケティング エンジニアである同僚の Chris Gebhardt が作成した ビデオ では、 ONTAP 9 を利用すると、 お客様がお使いのアプリケーション向けにいかに簡単にストレージを導入できるかをご説明しています。

ONTAP 9 を搭載した AFF システムは、 ストレージの設定やネットワークの設定、 ライセンスのインストールなどは工場出荷時に事前構成されているため、 システム全体を10分で稼働開始できます。 Chrisのビデオでご紹介しているように、 シンプルな管理の主役は OnCommand System Manager です。 ONTAP ストレージ クラスタでは Web ブラウザから System Manager にアクセスできるため、 デスクトップ クライアントや追加のソフトウェアは不要です。

System Manager を起動すると、 経験豊富なネットアップ ユーザのお客様なら、 これまでのオプションを引き続き利用して、 ストレージ ボリュームや LUN を手動で作成できることがおわかりになるはずです。 一方、 [アプリケーション プロビジョニング]タブが追加されました。 新しいオプションのホームとして、 SAN または NAS 向けにそれぞれ、 Oracleデータベース(RACを含む)やSQL Server、 仮想サーバ、 仮想デスクトップを簡単に設定できます。

すでにご説明したように、 私たちはストレージ面よりもアプリケーション面に焦点を当てています。 たとえば、 Oracle データベースを設定するとき、 System Manager の GUI で、 LUN のサイズ、 アグリゲート、 その他のストレージ固有の内容をたずねられることはありません。 代わりに、 データベース名、 データベース サーバ、 データ ファイルのサイズ、 Redo ログのキャパシティ、 ログのアーカイブ先の容量などを入力します。 同様に、 仮想サーバのインフラを設定する場合は、 ハイパーバイザー、 指定したいデータストア名、 必要なデータストア数とそのサイズをたずねられます。 仮想デスクトップの場合は、 ハイパーバイザー、 永続性モデル、 デスクトップの数、 デスクトップの平均サイズをたずねられます。

このようなケースすべてにおいて、 DBAや仮想化チームの考え方が反映されます。 IT ジェネラリストはますます多様な要求に対応することを求められています。 ネットアップではアプリケーションやデータベースの管理者がストレージの専門家でなくても、 できるかぎり簡単に、 必要なものを ONTAP 9 システムから得られるようにしたいと考えています。 ストレージの専門家が対象の場合でも、 DBA や仮想化チームからの要求を容易に受け止めて、 単一のシンプルなインターフェイスを通じて、 ネットアップのベストプラクティスに基づきストレージをプロビジョニングすることで、 新たな価値を生み出していると確信しています。

最後に、 ONTAP 9 のシンプルさは、 システムの機能縮小と引き換えに実現しているわけではありません。 ONTAPのあらゆるパワーと柔軟性は、 まだ完全には発揮されていません。 ビデオでお伝えしているように、 ONTAP は、 既存のすべてのCLI命令や、 PowerShell やその他の言語に統合された多数の API のほか、 完全な System Manager GUI も備えており、 パワーユーザのお客様に活用していただけるのを待っています。

ネットアップにとって、 シンプルなポップアップ トースターの時代は遠い過去です。 エンタープライズ アプリケーションのインフラにおけるニーズの高まりに応えて、 ONTAP データ管理ソフトウェアも大幅に洗練されています。 かといって、 シンプルさに対する基本的な考え方が失われたわけではなく、 むしろユーザのニーズに応じて進化しています。 私は多様なエンタープライズ アプリケーションの環境に対応する ONTAP 9 を、 複雑になり過ぎてトーストを焦がすこともない、 最新モデルのトースターだと思っています。

tot-ontap9 Img

Jeff Baxter は、
ネットアップ
ONTAP 戦略および分析担当ディレクター

2016年 8月

TRUSTe
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシー ポリシー   |   © 2016 NetApp