NetApp Tech OnTap
NetApp Tech OnTap
【SAP ERPをNetAppで徹底活用:SAP on NetAppソリューション】 最終回:SAP ERP環境でも、NetAppだから「できる」こと。
シェアする NetAppオフィシャルFacebook

これまでの記事では、NetAppのソリューションがどのようにSAP ERP環境を最適化するかをさまざまな課題からご紹介してまいりました。そのいずれもかつてSAP ERP環境の構築・運用でお悩みの方には信じられないような効果を生むものだと自負しております。

SAP ERPに限った話ではありませんが、昨今の技術革新によってお客様の期待はさらに高まり、パフォーマンスや拡張性だけではなく、投資のあり方さえ変わろうとしています。この連載を通じて、NetAppがそのような期待に沿うようなソリューションを提供していることを知っていただければ幸いでございます。

さて、好評いただきました本連載ですが、今号でいよいよ最終回となります。今回は過去5回の連載記事を振り返り、その内容をまとめてみました。

パフォーマンスをもっと高くしたい

お客様の高いニーズの1つが高いパフォーマンスです。とくにストレージは長年のディスクベースのソリューションが主流であり、CPUやメモリなどの進化によって高パフォーマンスを実現するサーバや高速化が進むネットワークと比べると技術革新が進まず、ボトルネックとなりうる場合もありました。こうした問題を根本的に解決する技術としてフラッシュが登場しました。しかし、いきなりフラッシュに置き換えるかというとコストの問題もございますし、信頼あるデータ保護の観点からもフラッシュ技術を適切に活用することが求められると思います。

ネットアップの提供する、高パフォーマンスの特性をもつフラッシュ技術と、容量あたりのコストパフォーマンスに優れたハードディスクドライブの双方のメリットを活用可能なVST(NetAppVirtualStorage Tier)がこのような問題を解消します。VSTでは、ストレージコントローラレベル、ディスクサブシステムレベル、およびサーバサイドレベルの3つのレイヤーにおけるフラッシュ技術をNetAppユニファイドストレージアーキテクチャと完全に統合します。NetAppのノウハウに基づき、リアルタイムで監視するワークロードに応じて最適なメディアにデータを配置することで、お客様はどのデータがどのメディアに格納されているかを意識することはありません。つまり、SAPシステム基盤においても、VSTを利用することにより、パフォーマンスや省電力性能に優れたストレージ基盤を構築することが可能となります。

Multi-Tenancy&VST

システムランドスケープの構築が難しい

SAP ERPシステムを導入しようということになった時、まず考えるのはシステムのランドスケープです。どのような基幹システムでも該当することではありますが、さまざまな機能拡張や安定運用のために、本番環境以外にも、開発環境やテスト環境を構築しておくことが必要です。品質保証の観点からもSAP AG社が推奨する標準的なシステムランドスケープは「開発環境」、「テスト環境」、そして「本番環境」の3つのシステムランドスケープです。

SAP

ここで問題となるのは、検証に用いるデータを開発環境やテスト環境に用意することです。NetAppストレージには仮想クローニングの技術である「NetAppFlexClone」が搭載はさまざまな問題を解決し、簡単かつ効率的にSAP ERPの開発環境やテスト環境を構築することができます。また、「NetAppDeduplication」や「NetApp Compression」が搭載されていますので、ストレージ利用率を向上させることができ、データ消費の問題を解決します。

FlexClone

運用管理が煩雑

SAP ERP環境の運用管理は複雑です。前回ご紹介したように、現在では仮想化されたシステムランドスケープを本番、開発、テストといった用途目的別に作成し、管理しなければなりません。その管理は環境作成から、テスト、データベースの変更、バックアップ・リストア、DR環境の構築、SAP ERP環境そのもののアップグレードなど一連のライフサイクルを管理する必要があります。

SAP Landscape Lifecycle Management

このような複雑な管理を軽減するため、SAP AG社はSAPプライベートクラウド環境を管理するための運用管理ツールである、SAP LVM(SAP NetWeaver Landscape Virtualization Management)を提供しています。SAP LVMは、SAP ERPを効率よく管理するための手法やノウハウに基づいて設計されており、仮想環境における複数のSAPアプリケーションやインスタンスからなるSAPランドスケープ全体の運用を自動化します。

ネットアップは他社に先駆けてLVM 1.0認定ストレージを取得することで、この効率的な運用フレームワークにNetApp管理機能の統合を実現します。たとえばNetAppストレージのクローン機能をNetApp Storage Services Connector 2.1(SSC 2.1)に実装することで、SAP LVMと統合することができ、開発・検証期間の大幅短縮やストレージ投資額圧縮を可能にしました。

SSC 2.1を利用すると、システムコピーやシステムクローンをSAP LVMと連携することができ、SAP ERPのアプリケーションとデータを容易に構築することができます。一番のポイントはSAP管理者がわざわざNetAppストレージのことを意識することなく、操作が行えるようになるため、ランドスケープ構築のための作業量や運用負荷の軽減にもつながることといえます。

Virtual Landscape Management

また、プラグインの追加によってVMwareやHyper-Vといった仮想化基盤や、データベースなどシステム全体を包括的に管理することのできるNetApp Snap Creatorも、SAP LVM 2.0にいち早く準拠します。SAP LVM 2.0が提供されれば、SAP ERPのシステム基盤全体を、SAP AG社推奨の手法で容易に管理することができるようになります。

サイジングが難しい

どのようなシステムでも本番環境を構築する前には、システムを最適なパフォーマンスで稼動させるだけではなく、過大な投資によって余剰リソースがあふれる状況も避けなければなりません。そのために行なわれるのがサイジングです。

ネットアップは、SAP ERPのサイジングツールをご用意することで的確なハードウェアでシステムを構築できるようご支援しています。

Input&Results

このサイジングツールでは、ユーザ数やSAP ERPのシステムタイプ(OLTPまたはOLAP)、そして必要と想定されるSAPS値をシートに入力することで、SAP ERP環境の要件を満たすための機種(コントローラ)や容量、スピンドルの本数を的確に算出し、IOPSおよび読み込み性能を満たすストレージの構成を確認することができます。極めてシンプルと思われるかもしれませんが、算出された情報はネットアップがこれまで数多くのSAPユーザへの導入を経て、得られたノウハウに基づいたものですので、かなり精度の高いものとなっています。

NetAppを使ったSAP ERP環境構築をご検討のお客様やご提案のパートナーの皆様はぜひネットアップまでお問い合わせいただければと思います。

低コストからはじめたい

ビジネスの成長やビジネス情勢の変化はITインフラそのものも大きな影響を与える要因となります。初期導入の際、サイジングが重要になるわけですが、先に紹介したように、時間の経過によって新たな要件が生まれてくることがあります。そのため、想定していないトランザクションが発生することもあります。つまり、当初から必要な要件は「想定外のデータ量をサポートするリソース」ではなく、「想定外のデータ量にも迅速に適応できる柔軟なインフラ」が必要とされます。このような考え方でインフラを整備すればスモールスタートではじめて、状況に応じて適正なコストで増え続けるデータやトランザクションに対応することができます。

ネットアップのスケールアウト型ストレージはストレージ専用OS「clustered Data ONTAP」を搭載したNetApp FASシリーズの場合、使用中のNetApp FASシリーズに新しいNetApp FASシリーズを追加するだけでパフォーマンスや容量を強化することができます。使用されているリソースが無駄にならないため費用対効果も高くなります。また、無停止オペレーションは常にオンラインが要求されるSAP ERPには必須の要件ですが、スケールアウト構成であればコントローラのメンテナンスやライフサイクルにおけるリプレースを行う際にもシステムを停止することなくオンラインで交換作業を行うことができます。

Better Scalabilty and Flexibilty with cDOT

ネットアップのスケールアウト型ストレージでもっとも特徴的な機能は、マルチプロトコルに対応したユニファイドストレージのままスケールアウトできることです。NetAppストレージは、同一筐体において、FCやNFS、iSCSI、CIFSなどのさまざまなプロトコルを介したアクセスを同時にサポート可能ですが、他社のスケールアウト型ストレージはNFSしかサポートしていないのです。つまり、複雑な要件をもつSAP ERP環境にはマルチプロトコル対応は必須ともいえるわけですが、このような要件に対応できる唯一のスケールアウト型ストレージなのです。

Data ONTAP 8.1

また、共用ストレージ環境では、さまざまなサービスが同一のストレージリソースを活用することができますが、たとえば、夜間バッチジョブ処理など、特定のサービスが多大なI/O要求を発行することでリソースが占有されるケースがあります。マルチテナント環境において、このような状況になってしまうと、他のサービスに多大な影響を及ぼすこととなるため、同一インフラ上のリソース使用を制御しなければなりません。このようなことからQoSが設定できることが不可欠となっています。clustered Data ONTAPではストレージオブジェクトごとにポリシーを定義することで、QoSを設定することができます。実際の設定はIOPSやスループットで指定することができ、透過的にパフォーマンスを制御することができます。これらの設定は動的に変更することができ、リアルタイムに反映されます。また、仮想ストレージ、ボリューム、LUN、ファイル単位など、クラウド環境や仮想化環境など、お客様のご要望にあわせて設定することができるため、複数のサービスレベルを実現します。さらに、clustered Data ONTAP がWindows ODX(Offloaded Data Transfer)に対応することでデータのコピー処理をストレージ側にオフロードすることが可能になります。サーバを経由することなく処理を行うことができるため、サーバの負荷軽減や処理時間の短縮という効果につながります。

豊富な実績があります。ですので安心してご活用ください

ネットアップとSAP AG社は、2000年以降、NetAppと10年以上にわたって強固な協業を進めてきました。中でもSAP AG社自身が総容量30PBを超えるNetAppストレージの大規模ユーザでもあることをすでにご紹介しております。まずはSAPの開発用途として、7PB以上が活用されており、アプリケーション開発の短縮と品質向上に大きく寄与しています。もう1つは、500人未満の企業に向けた同社のオンデマンド ERPサービス「SAP Business ByDesign」のストレージ基盤と採用されていることです。ここでは、マルチテナント環境におけるSAP ERPのデータ格納用途として利用され、7PB以上の論理データが776TBの物理容量に効率化され、適切なデータ保護がなされています。

SAP Business ByDesign

その他、社内ITのインフラとしても利用されるなど、マルチプロトコル、マルチファイバーのユニファイドストレージであるNetAppがSAPを支えるストレージとして活用されているのです。

最後に

いかがでしたか?第1回の冒頭でネットアップはミッションクリティカルではまだまだ適用しづらい、そう考えの方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか、と問いかけいたしました。これまでにご紹介した内容で豊富な実績とたしかなソリューションがあることもおわかりいただけたと思います。

この連載を通じて、もっとも知っていただきたかったのは、SAP ERP環境に関してNetAppが非常に多くのお客様から支持をいただいているという事実。その裏付けとなる個々のソリューションについてよく知っていただきたかったということです。

今回はSAP ERP環境を題材に連載いたしましたが、SAP ERPも常に進化しております。SAP AG社との協業を通じて、またお客様への導入実績をさらに重ねることで、新しいソリューションのご提供も続けてまいります。そのようなソリューションについても今後ご紹介していきたいと思っております。引き続き、ネットアップをどうぞ宜しくお願い申し上げます。


平野 和弘 (ひらの かずひろ)
マーケティング本部 ビジネスアライアンス アライアンスエグゼクティブ
NetApp




3 年間の外資系ストレージメーカー勤務を経て 2003 年 CTC 営業部長 として入社。
2007 年から大阪支店長として支店の開設に携わり、2009 年には東京に戻り ERP ソリューション推進を担当。
2012 年からは Bigdata も担当に加わり、Hadoop による分析ソリューションも推進。
1962 年 8 月 24 日生まれ
関連情報
関連情報
第 1 回:ご存知でしたか?
NetApp ストレージは SAP でもすごいんです
第 2 回:開発環境、テスト環境も簡単に
構築できるんです。しかも低価格で!
第 3 回: SAP の運用管理は難しい?
いえ、お作法さえ守れば大丈夫!
第 4 回:最適な SAP 環境のために。
必要なサイジングを考える。
第 5 回:SAP 環境は高コストで大掛かり?
スケールアウトによる低コストで最適な構成を。
関連情報
Go further, faster TRUSTe
お問い合わせ   |   購入方法   |   フィードバック   |   採用情報  |   登録   |   プライバシーポリシー   |   © 2013 NetApp