NetApp でのキャリアがスタートすると、社員の成功は NetApp の成功につながります。社員は自らが選択したキャリアパスに沿って自主的に成長するよう奨励され、NetApp は社員が目的を達することができるようにさまざまな方法で支援します。

専門的能力の開発: クラスルームトレーニング

NetApp University: この社内「大学」には、NetApp® サーバの管理に関する技術コースから Perl スクリプト作成まで、世界中の社員(ならびにパートナーおよびお客様)のためのあらゆるコースが用意されています。

NetApp University には、大学新卒者向けプログラムがあります。これはエンジニアリング教育部門によって実施される 2 週間の集中トレーニングプログラムで、NetApp に入社したばかりの新卒社員のために、グローバルな導入トレーニングを行います。このプログラムは、Corporate TOAST(Training On All Special Things)で始まります。さらに、エンジニアリングの概要、プロセス、ツール、WAFL® ファイルシステムから、Data ONTAP®やプロセス、ツールの詳細まで、11 のコースで構成されています。早く環境に馴染めるように、プログラム全体を通して、受講者がシニアエンジニアのリーダーシップチームや、今後関わりあうことになる他の部署のメンバーと交流する機会が設けられています。

学習と能力開発: 予算管理のための財務スキルや、管理スタイルの改善方法などを社内で学べるクラスも提供されています。

NetApp のコミュニケーションと学習環境

  • 新入社員オリエンテーション: NetApp 入社 1 日目は、NetApp について学ぶモーニングセッションがあります。この際、人事チームから入社時のアドバイスも受けられます。
  • TOAST: Training On All Special Things は、NetApp 独自のイベントです。新入社員は 100 人程度の同僚とともに、リーダーシップチームと 1 日を過ごします。リーダーシップチームはプレゼンテーションを行い、一緒にランチをとります。直接顔を合わせ、質問に答えてもらう絶好のチャンスです。財務関連のプレゼンテーションであっても、集中して参加してください。
  • All-Hands ミーティング: 四半期に 1 回、上級管理職チームが状況をありのままに語り、良い点も良くない点も明らかにします。また、社員からの質問に答え、将来のプランに向けた洞察も明かします。このミーティングは世界に向けてライブで配信され、ウェブでビデオとして公開されるので、必要なときにいつでもアクセスできます。
  • NetApp ネットワークニュース: NetApp の社員、オフィス、プロジェクトについて、世界中から集められた社内向けのニュースと情報です。
  • WAFL Talk Radio: 月 1 回発行される営業チーム向けの CD によるトークショー。企業、製品、営業関連のテーマを扱います。
  • メンター制度: 多くの部門では、社員の知識と生産性の向上のために、非公式にメンター制度を採用しています。利用方法については、マネージャに確認してください。
  • 受講料返還プラン: 社員からのリクエストで設けられました。1 年あたり最大 5,250 ドルまで、NetApp でのキャリア目標に関連する認定コースの受講料を援助します。

こうしたチャンスを有効に活用し、NetApp でのキャリアアップを実現しましょう。(または、自分自身や同僚のために新たな学習チャンスを作り出すこともできます)