NetApp では、エネルギー効率の高い製品を開発するだけでなく、今日と将来の世代のために、環境への取り組みを積極的に行っています。

当社は、増加を続ける電力消費に対して、ストレージをより効率的に使用することで、電力の計算式からマシンおよびディスクを差し引くというシンプルなアプローチをとっています。この戦略には、ネットワークの効率性とパフォーマンスを向上させながら、複雑性、人件費、サポートおよびサービスコストを削減するなど、多くのメリットが期待されます。ストレージの電力消費削減に関する 8 つの戦略ポイント(PDF)では、今日のテクノロジを利用して、電力消費の伸びを半減します。

NetApp 本社(US)の 3R(Reduce, Reuse, Recycle) プログラムには、オフィスで使用される使い捨て素材の量を削減する、ガラス、缶、段ボール、電子機器、紙、プラスチック、電池などをリサイクルすることなどが含まれています。これらのプログラムが認められて、NetApp は、California Waste Reduction Award Program(カリフォルニアゴミ削減アワードプログラム)賞を授賞しました。

エネルギー管理プログラムを通して、NetApp 本社(US)はエネルギー消費の削減と、当社施設におけるエネルギー効率の向上に成功してきました。この活動の一環として、NetApp は、熱電併給システムテクノロジを研究し、カリフォルニアの Pacific Gas and Electric Company のエネルギー需要削減プログラムに参加しています。このプログラムを通して、コストの大幅な削減に成功し、電力需要の高い期間にコミュニティのニーズに応えたとして評価されるようになりました。